ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

緩い空気としょっぱい魚~香港離島にて

a0132659_10111282.jpg
フェリーで1時間も揺られずに行ける香港離島

景色も吹く風も違うのだけど、どことなく実家近くの江ノ島を彷彿とさせます。
フェリー乗り場近くにある海鮮レストランも、売ってるお土産も微妙に違うんですけどね
あぁ江ノ島のお店もこういう雰囲気だよねぇ・・・・と感じるのです。

そう、共通点は・・・“流れる空気が緩い”

そこに交わる海風、鼻の先をかすめる海鮮の匂い
お土産屋を覗いてみると、同じように貝でできたものが売られてたりしてね。
江ノ島も島内は車も走らないので、同じように音が少ないんですよ。

レストランから聞こえるお皿を重ねる音や、お土産屋さんの商品が揺られて聞こえる音
近くの家から聞こえるテレビの音、店員さんのおしゃべりの声
あとは樹から聞こえる葉の音と、船が揺れて聞こえる小さい波の音・・・

a0132659_1019245.jpg
こういう日常的な光景もそう

これ知ってます?「鹹魚」といい、食材のひとつです。
日本の干物とはちょっと違う、内臓をとった魚に塩をつめて漬け込み、その後数日干すのです。
「鹹」とは中国語で「しょっぱい」という意味・・・「しょっぱい魚」
当たり前ですよね、中に塩つめてるんですから。

漁村の多い昔の香港では、今以上に外でこの鹹魚が干されている光景がたくさんあったとか。
義父の年代は多かったのでしょうか、この鹹魚・・やっぱり懐かしく感じるようです。
もちろん今でもあります、特に南Y島は長州島に行けば、普通に見れる光景ですよ。

伊豆などに行くと、干物の魚や若布が干されてる光景を目にしますが
なんとなく長閑な雰囲気になりますよね。

この鹹魚、そのまま炒飯などに使われたり、あとは「鹹魚醤」などと調味料になったり・・・
気づいたら口にしているかもしれませんよね。
でも塩分高いから最近はちょっと倦厭されてるとか何とか・・・・・
今は昔のように塩を使わずとも保存できる方法が山ほどありますもの。
塩分も高いけど、その分昔の人の知恵も高いってことでしょうね。


ポチッと応援なでなでしてください 
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

看板娘です人気ブログランキングへ
香港生活情報
[PR]
Commented by こえだ at 2010-07-18 17:20 x
自分は実家も生まれ育ったところも、ゆる~い土地柄です。(笑)だからなのか、ボ~ッとしてたりのんびりしてます。ウチは海派でなく、山派ですから、鳥の声と渓流のせせらぎが子どもの頃からの「音」です。
今日、記事に上げておられるこうした香港の場所、スピード3倍速4倍速の香港では、貴重なゆるさの許される地域ですよね。なるほど、音が少ないんですね。たしかに、そう感じます。
前記事の珍珠一家の情景も、この一家の周りだけは、ゆるりとしていて、音が少なそう。(笑)スクロールする手まで、ついついゆっくりになります。…ぜひぜひ2部屋を1続きにくっつけてあげてくださいね。
Commented by MIMI姐 at 2010-07-18 18:03 x
シドニーもCBDエリアをのぞけば時間がゆったり待ったり流れています。 人も増えたけど、日本や香港みたい煮込みあうこともなく。。。。
わたしが住んでいる場所は入り江から湾になっている所なんですが、夜になるとほんと静です。 朝は鳥たちの声でにぎやかですが。。。。
車で20分も行けば外海で、海岸線が果てしなく続くので、海で波の取り合いをすることもありません。 ゆったり、まったり、自然の音だけで
真っ青な空には雲が流れて行ったりします。 夏場になると、サーフィンボードやボディーボードにまたがって、波待ちをしている瞬間が最高に楽しい時間ですよ~♪  そんなわけで日本に帰ると人に酔っちゃうんです。 香港なんてもっとすごいよね。 
Commented by lei@携帯 at 2010-07-19 07:11 x
これから香港で暮らす、というと
皆はあのスピード感ある街並みや
高層マンション、窓から出た洗濯物
はたまた山の上の豪邸(笑)を想像するんですが
離島がこれから住まいの私、なんとも説明に困ります。

ハム魚、蝦や烏賊、埠頭までの道端で干してます。
空気も緩いですよ~
今はまだ旅行でしか経験ありませんが
朝、島を出て
目まぐるしい(でも楽しい)1日を終えて島に戻る
中環ifcの埠頭へ向かう通路に近づくと
ちょっとだけホッとするんです。
早く帰りたい!って。
これがお仕事や学校へ行くようになったら尚更かも…
Commented by mangonaoko at 2010-07-19 10:23
>こえださん、私は海派(兼港派)なので、潮の香りとかが一番癒されます。
港のあの独特の香りもこれまた横浜住民時代を思い出します。
香港はスピードが速いし、人も多いから離島を訪れると余計長閑に感じますよね。
車もトラムも、地下鉄もなく、高層ビルもないこの場所・・・・香港であって香港でないような不思議な感覚。
江ノ島を訪れて西側に富士山が見えると、なんとなくホッとしたりするんですよね。
これもそのときの空気がきっと緩くて、あるいはストップモーションのように
止まっているのかもしれません・・・
Commented by mangonaoko at 2010-07-19 10:26
>MIMI姐 やっぱり自然のものって一番落ち着きますよね。
音も風も自然が一番・・・・人工的なものと離れられない現代の生活の中で
これは貴重です。
湘南出身だけど波乗りの経験のない私(笑)
海は見ることが多く、あまり入ったこともないんですよね~
どちらかというとプールでガンガン泳ぐのが好きなタイプだったので。
でも湘南の海は綺麗じゃないけど、透き通るような海で泳いだら気持ちいいだろうなぁ・・・・
Commented by mangonaoko at 2010-07-19 10:29
>leiさん 分かります。
私も香港人と結婚と言ったとき「香港=金持ち」という皆の発想に何度も遭遇しました(笑)
あの山頂からの夜景と、他の何がそうさせるんでしょうねぇ~
たしかに説明に困りますよね。
言ったことない人なら余計ですし(笑)

まもなく開始ですね・・・新生活。
新天地からも遊びに来てくださいね~絶対ですよ!
by mangonaoko | 2010-07-18 10:33 | 香港だより | Comments(6)