ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港夫とのんびりアジア生活・・・茶餐廳の如く 様々な異文化メニューお届けできれば・・


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

青馬大橋の上で書かれたメッセージ~99%筆談の会話

a0132659_6382248.jpg

“この「青馬大橋」の上で・・・君のいる方へ向かっているよ”

2度目の香港での再会
私はいい年をして、初めて親に内緒で香港に渡りました。
何か悪いことするわけでもなく、いつものように「旅行に入って来るね」と言えばいいだけなのに
なんとなく言い出せないまま、出発の日を迎えました。



“ねぇ・・・・今週末発売の限定CD、naoko東京に住んでるから先に買っておいてくれる?”

空港に向かう途中、母から入ってきた1本の電話
何のCDか覚えていないけど、今まで1度もない「代理購入依頼」
隠し事するから神様が意地悪したんでしょうか・・・・いつもの週末なら何の問題もないことなのに。
“帰りに空港で買う?・・・・・東京戻ってからでも間に合うよね”
上ずった声で“いいよ”と返事したものの、なんだかとっても後ろめたい気持ちで成田に向かったものでした。

a0132659_6381858.jpg


小さいノート片手に、99%筆談での会話だったあの頃
空港に着いた私に、ポケットから出したノートに主人がたしかこう綴りました。
“許留山・・・・・・・食べたい?”
うんうんと頷き、スーツケースを引いて入った、夜遅くて客もまばらな空港許留山。
果物デザートを間にして、ひたすらノートで筆談です
“(機内で)夕食ちゃんと食べた?”
とか、たしかそんなたわいもない内容なんですけれど。


青馬大橋・・・・・
空港から香港市街に向かう途中に渡る、長い吊り橋。
その前の秋に初めて1人で訪れたときは、この橋の下層部分を電車で通ったけれど
今思えばこの3月に主人と一緒に乗ったこのリムジンバスが、個人で乗る空港バス初体験だったかも。
この橋を渡ってしばらくすると・・・・・・右手前方に見える香港島の景色。
何ヶ月も指折り数えて待っていたこの日、楽しくて楽しくて仕方がないはずなのに
ネオンがだいぶ暗くなっている香港島の景色を見て、気持ちのどこかで躊躇いがあったのは
きっと「家族に内緒で来てる」という後ろめたさと、飛び立つ直前に耳にした母の声のせいでしょうか。

a0132659_638207.jpg


滞在中、海港城のレストランで食事をしてぷらぷらと歩いていると、バックの中の携帯が鳴りました。
海外ローミング・・・・便利にもこうやってどこにいてもちゃんと転送されますものね。

“もしもしお姉ちゃん?今どこ?何してる?”

電話の先は妹の声・・・・・いつも何気なく聞く、意味もない挨拶がわりのようなこの質問
でもこのときばかりはそこの部分だけがまるで太文字のように響いて聞こえるもの。

“うん?今ね・・・友達と食事してその帰り・・・・”

嘘言ってないもん、本当に食事してたもん。香港って言ってないだけだもんね。
馬鹿みたいに自分にそう言い聞かせてましたっけ。
当時まだ独身で親元にいた妹・・・・中途半端にばれようものなら事が面倒になります。
それにしても毎週末にかならず電話する習慣なんてないはずなのに
母も妹もこの週末に限って、なんで電話してくるんだろ・・・・・・

電話の向こうで聞こえるはずないのに、まわりの広東語を遮るように自分の声を大きくしたり
他の余計な質問をされないように、でも早く切りたいという気持ちを妹に察しされないように・・・
きっとその時の自分の姿を今みたら、不自然かつ目が泳いでいて笑えるんじゃないかしら。

a0132659_6381531.jpg


その3月は、4日程度の滞在だったはず。
でも格安航空券なので、夜遅い到着で朝早い帰国・・・・・実際は2日という短い短い滞在。
3月なのに気温が10度を切る天候で、2日間震えるようにすごしたけれど
帰国日の朝は晴れて清々しい天気だったのを覚えています。

空港に向かうときにまた渡る・・・・旭日に照らされた青馬大橋
つい数日前に渡ったときは、どことなく残る緊張感と嘘をついてる後ろめたさでいっぱいだったのに
香港市街に向かう反対車線を走る車が羨ましくて仕方がないくらい、寂しい気持ちでいっぱいでした。
わずか2日でいっぱいになった小さな小さなメモ帳サイズのノート

“中国語の勉強にも役に立つから”

と渡されたそのノートは今でも大事にとってあります。
泣きじゃくりながら1人で入る出国審査場を過ぎ、出発ゲート近くの椅子に座りながら
ノートをめくって文字を見れば涙、その簡単な会話を見ては思い出し涙・・・・・
そのノートの一番最後か一番最初か・・・・・端っこのページにこう書かれていました。

“今バスの中だよ・・・・もう香港に着いたかなぁ
 この「青馬大橋」の上で・・・君のいる方へ向かっているよ”

バスの中で書いたから、上手でない字がさらに汚くなっていて、思わず笑ってしまいました。
私を迎えに行くバスの中で、用意したノートに記したのでしょう。
“香港の男性はロマンチストって本当だなぁ”
筆談ならOKだった私のためか、本当にロマンチストなのか分からないけれど
今でもあの橋を渡ると・・・3月のあの光景を思い出します。

そのバスの中で書かれたメッセージのしたには・・・・3月11日という日付が。
中国語能力が足りなかったゆえに手元に残った小さなノート
あの時会話するの本当に大変だったけど、こうやって「字」で残るって嬉しいものですね。


肌寒い3月の香港
内緒でした旅は後にも先にもあの4日間だけです。


今日もお帰りにポチッと応援いただけると・・・とても嬉しいです。
看板娘ルノー(ノートには解読不可能な文字や絵が・・・)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
鴛鴦茶餐廳へ応援ポチリ

人気ブログランキングへ



香港情報担当しています(7/20更新 NEW)

[PR]
切ないですねー・・・実は私も経験あります、香港の空港で泣きながら出国審査を抜けるという・・・結局その人とは結婚まではいかなかったのですが、懐かしいです。関空もそうですが、空港まで(から)の橋って、渡るとき、いろんな気持ちがあふれますよね。そして次渡る時に、思い出したり。

お母様の限定CDは手に入れることはできたのか、気になります★
Commented by TOUKO at 2011-07-27 08:09 x
なんででしょうね~悪い事してる訳でも内緒にする必要もないけど黙ってたい時にかぎって・・連絡きたり今どこ?何してる?とかって聞かれる(笑)何か見えない何かかしら・・
だんなさんロマンチストで優しいですね^^胸の奥がちょっとキュっとなる素敵な思い出話ありがとうございます~

私が撮った初香港写真は空港から街に向かう橋の上だったのですがこの橋だったのかなぁ・・
Commented by mimi姐姐 at 2011-07-27 09:20 x
姐姐の昔々の青春のページにもそんなことありました。今のだんなではないのであまり大きな声では言えませんが。。。(笑) だけども今思い出してくすぐったいような、あの切ない、どきどきした気持ちは甘く懐かしいですよね。 普段は英語で話していたのですが、ある時自分の気持ちをまっすぐ届けたいからと、中国語で埋められた何枚もの手紙が届きました。 文字は今でも語りかけてきてくれます。 今でも大切にとってあります。 私の人生をいつも応援してくれる宝物のひとつです。 
Commented by nicho at 2011-07-27 17:32 x
とっても素敵なお話ですね、なんだか胸が"キュン"ってなりました。
残念ながら、そんなロマンチックな経験した事ないですけど・・・(泣)

内緒ではないけれど、初香港の時、私は親にギリギリまで言いませんでした、チケットが手元に届いた時初めて告げたんですよね~。初海外旅行&初一人旅&ホテルは未定。これだと必ず反対されると思ったので、本当にギリギリまで言いませんでした・・・。懐かしい(笑)

Commented by mangonaoko at 2011-07-27 20:17
>かおりさん 今でこそもうそんなことなくなったけど、以前は空港では毎回泣いてました(笑) 成田に着いたら(当時成田しかないので)「こんなに人いるのにどうして寂しいのかなぁ・・・・」って思ってましたもの。
関空は行ったことないのですが、同じように橋があるんですね~成田は陸地だからそういうことないですもの。橋で空港渡るのって・・・なんだかいいですよね。いろいろな意味で盛り上がります(笑)

CD・・・何だか覚えていないんですが、たしか韓国の歌手だったはず(笑)ばれないようにちゃんと帰りに東京で買ったんだと思います~
Commented by mangonaoko at 2011-07-27 20:20
>TOUKOさん そうなんですよね~隠してるときに限ってそういうことがおきるのか、隠してるから自分がそう感じるだけなのか(笑)でもこのときは母からも妹からも電話かかってきて「なんで~~~~」って思いました。会話して何か聞かれたらうそつかないといけないじゃないですか・・・(まぁ正直に話すのが一番なんですが・・・)

橋・・・この橋だけじゃないけれど、これが一番大きいですからね~TOUKOさん撮ったのこれかしら???電車で通るとトンネル状態だから分からないので、ここはバスのほうがいいですね。
Commented by mangonaoko at 2011-07-27 20:25
>mimi姐 青春の1ページ・・・いつまでも色あせないですよね、こういう思い出って♪普段英語で会話してるのに、気持ち伝えたいから中国語って素敵。たとえ読めなくても気持ちが伝わりますよね。私も結婚して数年たった時にもらった手紙も100%中国語でした。どんなに日本語話せるようになっても、やっぱり自分の言葉なんでしょうね・・・・私だって日本語が一番気持ち乗りますもの。

あ、大丈夫ですよ・・・今のだんな様には内緒でね(って連絡する術なんてないけれど~)
Commented by mangonaoko at 2011-07-27 20:28
>nichoさん 内緒ごとってやっぱりドキドキしますよね・・・言おうと思ってもタイミング逃してますます言いにくくなったり(笑)このときも男の子の友人に内緒で香港行くことを話したら「やっぱり俺は娘なんて持ちたくないっ!!」って言ってましたもの(笑)
初海外で一人旅だったら・・・たしかに反対されちゃうかも。どうしても行きたかったら・・・私もギリギリに言うかなぁ。もう後戻りできないくらいの日付で。

ノートの中身はあまりにメチャクチャで公開できません(笑)小学生の落書きノートみたいよ。
Commented by ruthinilhaformosa at 2011-07-27 22:34
私まで少しドキドキしてしまいました!内緒の時に限って・・・普通の会話ですら、ドキドキハラハラしてしまうんですよね。笑

若い頃の内緒事、誰にでもありますね。そういうハラハラドキドキ、若い人の特権だなぁ、羨ましいなぁ・・・久々にドキドキしたら、懐かしい思いまでもが蘇ってきました。
Commented by bravo1212 at 2011-07-27 22:39
素敵な思い出 ありがとうございます。

なんか 読んでてグッときちゃいました。
「君の方へ向かっているよ」キャ~~~です。

手紙もそうだけど 字で残るっていいですよね~。
今の子はメールばっかりで 手紙とか書くのかな~?
Commented by mangonaoko at 2011-07-28 08:51
>ruthinilhaformosaさん 内緒のときに限って・・・・本当にそう!どうしてですかね~やっぱり嘘つこうとするからかしら(笑)
たしかに若い頃の内緒ごとって、なんとなくそんなに重くなくハラハラドキドキって感じですよね。最近そういう隠し事もなくなってしまいました・・・タイミング外すってことは時々あるけれど(笑)
ruthinilhaformosaさんにもハラハラの思い出ありますか??
Commented by mangonaoko at 2011-07-28 08:53
>ブラボーさん 遠距離恋愛だとたぶんなかなか会えない分、人より思い出って少ないかもしれません。でもその分濃く残る・・ってことはあるのかも。
当時は現在進行形だから懐かしむこともないけど、今落ち着いて振り返るからこそいい思い出として確立されるんですよね。
最近はメールがメイン。字を書くってことすら機会が少なくなってしまいます。字・・・忘れないようにしないと・・・・ですよね。
by mangonaoko | 2011-07-27 06:43 | 国際恋愛・結婚 | Comments(12)