ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港夫とのんびりアジア生活・・・茶餐廳の如く 様々な異文化メニューお届けできれば・・


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

いつまでもいつまでも母でいたい~

a0132659_735713.jpg

タマにご飯あげ始めたのが・・・・2年前の8月
子供と一緒にあげ始めたのが・・・離乳した去年の6月

最近時々考えます。
“いつまでこうやって毎日あげれるだろうなぁ・・・・”

無意識にいつも考えているのかもしれないし
考えると不安になるので無意識に心の底に封印してるのかもしれません。

a0132659_735233.jpg

会社の敷地内という、外から見えない安全な場所
ジーマやマシューのような子供たちは、まさにここで「飼われてる外猫」です。

でも家猫とは違うから、リズのような危険とも常に背中合わせ
(先日もピータンがトラックのすぐ横を走る・・・なんて場面遭遇しました)
いつどこで事故に遭うかも、怪我をするかも分からない

そういう外傷は予防できないけれど、せめて病気にはならないよう・・・・栄養だけでもね。
おかげさまでこの子たちは外にいるにもかかわらず
風邪ひとつ引かず、目やにや鼻水もなく、耳の中も綺麗で育っています。
現実問題・・・・病気になっても100%ケアできるか・・・・そういう不安もあるんですよね。
だからこそ健康一番・・・・・栄養一番・・・

a0132659_735335.jpg

あとは・・・・・この子たちのこの場所に対する不安でしょうか。

会社員という立場上、いつ何があるか分からない。
異動や転職もあるかもしれません。
“関係者以外は入ることのできない場所”・・・・・今最大の安全性が最大の壁になります。
でも・・・・大丈夫かな・・・・この子たちを可愛がる人は今たくさんいる
私に何かあっても、その人に任せつつ、その人たちの協力があれば
私はこっそりこの子たちの親でいることができる

不安的な経済状況・・・・会社の移転だってあり得る今の世
そんなことが起こったらどうしよう・・・・・・そしたら私も仲間もここからいなくなる。
そうしたら・・・・どこの場所であげよう・・・・この子達別の場所でも呼んだら来てくれるかなぁ

a0132659_735521.jpg

この子達は私の責任、私の子
自ら放棄するなんて絶対しないけど、この子たちのいる場所は・・・私個人のものじゃない。

2年たっても触れることは出来ないタマ
人懐っこいけど、もう今から家猫にはなれない子供たち
“何かあったら飼えばいい”って、人間の立場からの最善策もできないのです。

ほら、考えると不安はとまらない

そんなこと考えたら不安を呼んじゃうもの、やめましょうやめましょう。
この子たちにとって1日1日、そう今が大事
だから・・・・毎日こうやって触れ合ってご飯をあげれることを幸せに感じながら
1匹1匹名前を呼んで、おしゃべりします。

“ジ~マ ご飯食べようか”  かすれた声でちゃんと返事をするジーマ
“タマおいで~~~”  姿が見えなくてもこう呼ぶと・・・・・しばらくして姿を現すタマ
“マシュー、マシュー” 人の顔を見ると大きな声で鳴きながらすっ飛んでくるマシュー
“ピータン、声大きいね”  タマとリズを足して2で割ったようなピータン


この間・・・・ハイウッド版の“HACHI”なんて見たからだわ
この場所で、ここで餌もらえるって疑わずに私をず~~っと待つ姿・・・・・
そんなの想像しただけで胸がしめつけられるもの。

そう、先の見えない不安を想像するより
今日また元気に返事をしてご飯を食べれる、この子たちの健康を喜ぶことにしましょう。
親ばかだね・・って笑われるでしょうけど、
毛並みの美しい、お行儀のいい自慢の娘息子なのです。


今日もお帰りにポチッと応援いただけると・・・とても嬉しいです。
看板娘ルノー(去年の夏は大変でした・・・)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
鴛鴦茶餐廳へ応援ポチリ

人気ブログランキングへ



香港情報担当しています()

[PR]
Commented by bravo1212 at 2011-07-31 10:16
久しぶりのタマ達のショット 最近実はどうしてるかな~?って
思ってたんですよ。

みんな暑いのに食欲も落ちずに元気そうで安心しました。
香港は家賃が高いし 事務所が移動するって心配もあるんですね。
でも、先のわからない心配しても大変だし そうならない事を願います。

naokoお母さんのお陰でみんな外猫ちゃんなのに毛並みいいですね。
耳だにもいないなんて 幸せですね。

ご飯 結構多いように思うけどそう見えるだけですか?
Commented by koedagaffe at 2011-07-31 12:15
母でいることを、この子たちに望まれたかどうか、それが不確かだった出会いの頃。
それが、今は、
母でいて欲しいと望んでいるに違いないこの子たちとの関係・距離感。
さままざな心配事があっても、
ひと夏、ふた夏、これからも、絆がたしかになっていくことを祈っています。
「考えてもどうしようもない不安や心配ごとっていうのは、考える必要がないのでしょう。」
…自分によく言い聞かせる言葉です。(笑)
Commented by TOUKO at 2011-07-31 15:20 x
先の事考えても・・って思ってもやっぱり考えてしまいますよね。金持ちで権力があったらnaokoさんの会社とそのまわりの土地を買い占めて皆のテリトリー内に柵をはって車は立入禁止にして・・とかそれこそ私が考えても仕方ない事を考えてしまいます。
皆naokoさんの事ずっとずっとママだと思ってると思います。タマさんも選んでnaokoさんの所に来たんだと私は思ってます・・

少しでも多く一分でも長く楽しい幸せな時間が過ごせますように・・
でもいざとなったら怒られてもいいから全員抱えてに連れて帰って閉じ込めて・・って考えてしまう。
Commented by mangonaoko at 2011-07-31 18:40
>ブラボーさん お皿のご飯は1回分じゃなくてだいたい1日分・・・・で、1匹分とも限らないので朝はこんな量から始まります。缶詰は傷みやすいので先に食べてもらっちゃうのですが、常にお皿に乾燥餌は入ってるようにしてるんです。
私がいなくても、気づいた人が仕事の合間にあげてくれたりするので・・・お皿に入っていればすぐ出すだけで手間が省けますでしょう?朝入れてある餌が減ってると「あ~誰かがあげたんだなぁ・・・」って分かるし、食べた量もなんとなく把握できるので。

そう、耳綺麗なんですよ~一応時々チェックしています。歯茎がちょっと赤いのは・・・仕方ないかなぁ・・・・。
Commented by mangonaoko at 2011-07-31 18:43
>こえださん、そうですよね、考えても仕方のないことは考えないほうがいいですものね。こういうこと考えて眉間にしわよせてると「必要のない妄想」って主人に怒られます(笑)
去年の今頃はタマの再妊娠が発覚した頃で・・・・・・今とは違って現実的に悩んだ頃でした。過去形になればいい思い出だけど、当時は捕まえられるかどうか、どうやって連れていくか問題は山積み。半そでになるとタマがくれた傷が目立ちますよ(笑)だから時々「あなたのその手でやったのよ~!!」って本人に文句言ってます(笑)
Commented by mangonaoko at 2011-07-31 18:47
>TOUKOさん 買い占めて(笑)
この子たちも私も環境には恵まれていると思います。安全だし、堂々と餌あげられるし・・・・・子供たち(特にジーマとマシュー)は日中もここで過ごすくらい、もう「家」なんですよね。だからこそそんな姿みて時々不安になったりするのかも・・・・・。
お腹見せてゴロゴロするけど、見知らぬ業者さんとかからは逃げるので100%人間にOKってわけでもないんですよ(ある意味そのほうがいいですけどね)
この環境で生きてたら家猫の狭い世界はきっとつらいでしょうし・・・・。
何か起きたらそのとききっと何かしらの改善策は見つかるはず!そう信じて今は今やるべきことをしたほうがいいですよね。
Commented by マリモコ at 2011-07-31 21:16 x
久々投稿、でも毎日チェックしているんですよ。
猫ネタの時に現れる人です(笑)

日本は不況です。私も派遣社員として働いていますが、つい先日、派遣先が別会社になりって事もありました。
いままでに何度となく部署の移転や部署名が変わって、結局経済的負担の軽減。要は安く人件費をあげたいんだよね。
でも質も落ちるし、どうなのかな?って思う今日この頃。

会社近くで猫らを面倒みているナオコさんにとっては不安が大きいと思います。今はノラ性質が強いかもしれないけど、もしかしたら欲しいって人がいて、家ネコとして飼われていける子もいるかもしれない。色んな事で時間かかるかもしれないけど、里親に出してみる事を考えてみてはいかがでしょうか?
うちもある方から頂いた子です。
ノラちゃんではありませんでしたが、、、、初日は夜鳴き、、、そして落下事故もありました。でも、わが子同然に可愛がっています。
親心もあるだろうけれど、猫ちゃんの一生は結構長いです。
現実的な事を考えても良い時期のかもしれませんね。


Commented by mangonaoko at 2011-08-01 08:38
>マリモコさん お久しぶりです!お元気ですか?
雇用形態・・・・どんどん正社員が少なくなり派遣や契約が増えてるんですよね。会社の人件費削減にはなるでしょうけど、働く側の意識も変わるし、その仕事に対する熱意とかマリモコさんの言われる「質」が落ちるとも言われていますよね。「会社のために頑張る必要なんてないよ」って以前インタビューで答えていた若い男性の言葉が、なんか象徴してるなぁ・・・なんて感じました。
里親・・・・そうなんですよね、一応何度かトライしたことはあるんですが朗報なく。簡単にはいかないことって分かってはいるんですけど、でもまだ1歳半未満・・・・可能性があることに賭けて諦めずに機会は探そうと思っています。
ジーマとマシューは家猫への可能性あると思うんですけどね・・・どうだろう。
by mangonaoko | 2011-07-31 08:11 | タマの猫cafe | Comments(8)