ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

日本のち香港ときどき台湾~学生時代の恋

恋愛は幾つになっても大人になってもドキドキするもの
それでも学生時代の恋は、なんだかとっても甘酸っぱい気がするのは
それが“想い出”として蘇るからなのか、それとも全身全霊で頑張っていたからか

学生の頃は、自分がどんな人間と結婚するか想像するよりも
今その時の相手のことでいっぱいいっぱいだったんじゃないかしら。
修学旅行とかクラス替え、クリスマスにバレンタイン・・・・そして卒業
季節ごとに巡ってくる全てが恋のイベントになる、そんな淡い甘い輝かしい誰もが知ってる時代

a0132659_6473463.jpg


アジアが好きで、台湾に魅せられ1年に何回も通っている頃
自分の結婚相手がその街を歩いているとは想像もしませんでした。
そしてその相手が香港に帰った後
不思議と自分もその興味が台湾から香港へと移っていました。

その相手と出会い、香港人だけど半分台湾の血が流れていると知ったときは
運命の不思議な縁を感じたものです。
広東語を話すけど、台湾人でもあり台湾で生活していた香港人と
香港が縁で出会ったけど、実は台湾のほうに明るかった日本人

香港と日本と台湾・・・・・そんな不思議なトライアングルの人生が始まろうとは
小田急線沿線の高校で勉強してる頃は、やっぱり想像もしなかったのだけど。

a0132659_6473676.jpg


付き合うようになる少し前、まだメールやチャットで連絡しあっている頃
主人は何篇にも渡る、まるで連載のようなメールをくれたことがありました。

「家族編」「友人編」「恋愛編」
3部門に分かれたこの長文メールの内容は、自分に関わる全ての人を説明したもの。
その中の「恋愛編」」は、初恋の相手から学生時代の彼女などのことが綴られていました。
どんな子だったか、どうして付き合ったか、どうしてダメになったか・・・・・
正直当時はその中国語を解読するだけで精一杯、余計な感情が湧く余裕もありません。
でも・・・“自分のことをちゃんと説明したい、全部ちゃんと知っていてほしい”
その気持ちはたとえ全部の意味がちゃんと分からずとも伝わったものでした。




この夏から台湾・香港と大ヒットした映画「那些年,我們一起追的女孩」

自分自身の話を綴った作家は、私たちと同年代
映画の中に映る景色も、その時代もまさに私たちが経験したあの頃なのです。

携帯電話を持つようになるちょっと前・・・・彼女への電話は公衆電話
メールなんてない、ラブレターは便箋にしたためるのみ
大学に入るためにテスト勉強を頑張る、想像できぬ未来を明るく待っていたあの頃
そして大学時代にあの台湾大地震を経験するのは・・・主人にとっても重なる想い出

a0132659_6473714.jpg


“私も高校生の時成績よかったのよ”

成績優秀な主人公の女の子を指して言うと、憎らしくもこう返された

“成績が良くて顔も可愛いのは映画の中だけだよ”

学年で3番目なんて言おうものなら、3番目に可愛くなかったって言われそうだから教えなかったけど
でも知ってるんだもの・・・・・その高校生時代に主人がどんな女の子好きだったか。
当時説明するほどの語学力なかったから、実は私は何も自分のこと教えてないんだけど
もうそんな昔のこと、主人自身も忘れてしまっているかもしれないけれど
でもほらよく言うでしょう・・・・?PCのファイルに例えるなら、男性は別保存、女性は上書き保存って。
だからこそ胸がキュンとなる映画にまでなる、高校生の男の子の恋

もしかしたら主人の学生の恋も、別保存として、想い出として今も美しく保存されているのかも。
“あの頃の恋を追いかけていたらどうだったんだろう・・・・・”
そんなことを考えていたのかもしれないよね、だから黙ってそっとしておきましょうか。

16歳・・・17歳・・・・18歳・・・・
あの頃、あの時好きだったあの人・・・・覚えていますか?


お帰りにポチッと応援いただけると・・・今日もとっても嬉しいです。
看板娘:瑠乃(今年もいよいよ最後の週!)

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
鴛鴦茶餐廳へ応援ポチリ

人気ブログランキングへ



香港情報担当しています(12/20・・今年最後の更新!)

[PR]
Commented at 2011-12-26 08:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hongkonggaffe at 2011-12-26 18:19
この数ヶ月ほどの中で、香港のラジオ局から何度も何度も流れてきていて、
すっかり自分の耳に残り、ピアノでコピーしてみた曲。
この映画のタイトル曲だったのですね。貼りつけてくださった映像を再生してビックリしました。(笑)
ご主人が、以前、一途にご自分のことをしたためた手紙を送られた気持ち、分かるなあ。男性だからかな。(笑)…naokoさんたちお二人は、ご結婚されてから、明日からも、「二人で上書き保存」されておられる日々を大切に紡いでいらっしゃいますね。素敵ですね。
Commented by mimi姐姐 at 2011-12-26 20:34 x
あたしも別保存です~♪
素敵な思い出。。。ちゃんと特別な場所にしまってありますよん。
Commented by zhenyou at 2011-12-26 21:16 x
あたしの世代は割と中学~高校で携帯を持っていたので、「恋する惑星」に出てくる様な留守電サービス?とかに憧れます。
あのなんとなく不便な感じというか、連絡を取るのに少し距離がある感じがきっと不便だろうけどロマンチックに映りますね~。

それにしてもnaokoさんの旦那様、香港人でもあり台湾人でもあられる方なんですね!
あたしも台湾好きの香港好きなので何故か勝手にドキドキしてしまいま
した(笑)
きっと素敵な旦那様なんでしょうね♪

Commented by mangonaoko at 2011-12-26 22:17
>鍵コメのTさん
そうそう、たしかに上書きでしょう?私もまさにそうだな~って感じますもの(笑)もちろん忘れてはいないけど、かなり薄くなるというか・・・・ね(笑)
こういう映画、なかなか日本では上映しないですよね。もちろん頻繁にチェックしてたら短期間上映とかあるのでしょうけど(銀座のシネスイッチとかで)私も友人に薦めたい映画何本もあるんですけどね、日本語字幕がないことにはDVD買っても意味ないし・・・・・。残念!
Commented by mangonaoko at 2011-12-26 22:19
>こえださん
ラジオから流れてくるこの曲、こえださんもいいと思っていらしたのですね・・・なんだかちょっと嬉しいです♪ この映画は夏の公開直後から台湾で話題を呼んでいました。なので冬の今になっても香港では上映されていますものね。先月台湾に行った際もまだサントラしかでていなくて・・・お店の人に「まだ音楽だけなのよ~」って言われて手にしたCD戻しましたもの(笑)
この監督は主人とほぼ同い年・・・だから大学生のときにあの地震にあってるんですよね。同年代がこうして活躍するのなんだかいいですね。
Commented by mangonaoko at 2011-12-26 22:22
>姐姐
重要ファイルとして鍵かけて別保存されたりしてます?(笑)
主人に「上書き保存って何?」ってこの文章を指して質問されましたよ・・・・どうも主人のイメージでは私の高校時代はミスタードーナッツを食べてるって図のようで(まぁ以前そんな話をしたのだけど) だから私が主人公だったら「あの時君はドーナッツをほおばっていた」になるんですって(笑)そして「じゃ僕はそのドーナッツの上に上書きなの?」って質問されました・・・・・もう答えるのめんどくさい(笑)
Commented by mangonaoko at 2011-12-26 22:39
>zhenyouさん
今じゃ小学生も携帯もってますものね~きっと感覚違うんだろうなぁ。
私も大学時代携帯もあったけど社会人の一部が持つようなそんな感じだったのでね、もちろん持っていませんでした。彼氏に連絡するのももちろん家の電話、お母さんが出たりしたらドキドキしたものですよ~(笑)いまじゃ個人にダイレクトだからそんなこともないのでしょうけどね、そういう感覚懐かしいです。
主人はお母さんが台湾人なのでね、半分台湾の血になるのです。まぁ見た目は同じですけどね、だから親戚も半分は台湾人ですよ~。
Commented by mimi姐姐 at 2012-01-21 22:16 x
このDVD手に入れました。なんともほろ苦九手、切なくって、まっすぐな青春なんでしょう~。 ほろってきましたぁ。
YUO ARE THE APPLE OF MY EYE. 英語のタイトルも素敵ですね。 apple~なんていわれたいものです。(笑) 
この主題曲 那些年の歌詞もとってもいいよねぇ~。 
青春時代って誰もが輝いていたのだ~~。
Commented by mangonaoko at 2012-01-22 11:11
>姐姐
とうとうご覧になりましたか??胸がキュンってなりますでしょう?
特別何がすごいという内容ではないのだけど、見てよかったなぁ~と思うこの映画。この作者の実際の体験談なので、この主人公の女の子は(今は本当に小学校の先生やられているとか)けっこう迷惑で大変だったらしいですよ。顔とかも調べたらわかっちゃいますから・・・・・。
姐姐・・・次回からお名前appleに変えます?私そしたら呼びますよ「apple姐姐!」って(笑)
by mangonaoko | 2011-12-26 06:54 | 国際恋愛・結婚 | Comments(10)