ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港夫とのんびりアジア生活・・・茶餐廳の如く 様々な異文化メニューお届けできれば・・


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

中国茶は知識でなく“空間”で学ぶ~中国茶館「文博軒」

茶館

その名の通り、お茶を飲む処
作法云々ではなく、ただお茶を飲み楽しみながらその時を優雅に過ごす。

a0132659_6543346.jpg


上海や台湾、香港・・・・中国茶の文化である土地にはかならずある茶館
最近ではオーガニックにこだわった店や、24時間営業の店
お茶菓子だけでなく食事のビュッフェがあるような店まで、そのスタイルはさまざまです。

でも私が一番好きなのは、静かにお茶だけを楽しめる空間でしょうか。
お湯を足されれば何回でも楽しめる中国茶
6回淹れられるならば、1回目と6回目は違う味が楽しめる・・・奥が深いですよね。

a0132659_6544167.jpg


「文博軒」

先日もお話しました石硤尾にある「賽馬會創意藝術中心」
その芸術溢れる建物の中にあるのが、この茶館なのです。
観光客が来るような場所でも、大通りに面した場所でもないこの茶館
店員さんが1人座ってあまりこちらを気にしない、香港では珍しく商売っ気がないご様子です。
個人的にはそういう空間のほうがゆっくりお茶が楽しめるので大歓迎ですが。

a0132659_6544217.jpg


午後は下午茶のセットもあり、50ドル程度でお茶とお菓子が楽しめます。
評判の高い桂花糕・・・・・思わずため息をつきたくなるような美しさ。
しかも桂花の味がしっかり香っていて、今までの中で一番の美味しさなのです。
きちんと桂花が中で舞っていますでしょう?・・・・ここポイント高いんですよ。

a0132659_6543623.jpg


こういう茶館に来て楽しいのが、それぞれに違う椅子やテーブルを眺めること。
ちょうど座った場所から一番よく見えたこちらのテーブル
特別伝統的スタイルでも、美しい彫刻がほどこされているわけでもないのですが見入ってしまいました。

なぜだかお気づきになりました?

a0132659_6543877.jpg


織り機・・・・いえいえミシンの踏み台ですね。

もちろん実際に扱ったことはないのですが、それをリメイクしてテーブルにしてるんです。
こういうリメイク品にはとっても魅力を感じます。
美しいだけの品より、歴史と味がしみこまれているようで素敵ですよね。
もちろんこういう品は骨董品のようでなかなか手がでないのが現実ですが
古いものを「新しい角度で使う」・・・・・うん、勉強になるそんな発想です。

a0132659_6544684.jpg


観光地にある茶館のように、すごく内装にお金をかけてるだけでもない
でもとっても居心地のいい空間・・・・・なんだかアトリエの中でお茶を飲む、そんな感じでしょうか。

店内には静かに中国楽器の曲が流れて・・・・聞こえるのは茶器がぶつかる音だけ。

壁に飾られている絵・・・・ここのアートセンターの方の作品でしょうか。
ただお金儲けだけのためじゃなく、何かを発信しようとしているのを感じるこのお店
お茶というのもある意味文化であり、そして伝統的な芸術でもありますものね。

a0132659_6544772.jpg


数日前に購入したばかりなのでそのつもりはなかったのだけど
何か協力したい気持ちになり、こちらでも茶葉を買うことにしました。

比較的少量で売られているこちらの茶葉、色々試すにはいいかもしれません。
私が茶葉を眺めていたらやっと店員さんがこちらに来て説明してくれました。
店内で売られている茶器を眺めても、声ひとつかけず・・・こういう放ったらかし具合、時には嬉しいもの。

a0132659_654328.jpg


商売っ気はないけれど、芸術の空気は感じられる茶館

お茶を楽しむ

そんな中国茶の本当の過ごし方が出来る、貴重な場所のひとつです。
家で飲むのと同じように、ゆったり過ごすことができる・・・・・
1人でもまた来たいと思える、おしゃべりも本もなくても過ごしたいと思う
教室に通って茶葉の知識を植えつけるより、私にとってはこれこそ中国茶を学ぶ場所。
学び舎・・・・・・私が自分で勝手に決めてる、そんな表現がピッタリなのです。


ランキング参加しております。
お帰りにポチッと応援いただけると・・・とっても嬉しいです。
(今日は清明節)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
鴛鴦茶餐廳へ応援ポチリ



人気ブログランキングへ



香港情報担当しています(香港のお金のおはなし)


[PR]
Commented by TOUKO at 2012-04-04 08:06 x
素敵ですねぇ・・こういう色の家具・・骨董品を飾っておくだけでなく日々触って使う生活がしたいです・・
音楽と茶器があたる音だけが聞こえる空間・・いいですね~お茶の香を味をゆっくり楽しめる・・はぁ~(ため息・笑)

先日、工芸茶を頂いたので久しぶり飲んだのですが、今回のお話の写真見てたら工芸茶でゼリー作ってもいいかも?って思いました~たしか花びらが舞うようにするには途中でクルクルってするのでしたよね!(タイミングよくやらないと上手くできなさそう・・)
Commented by mimi姐姐 at 2012-04-04 12:29 x
とっても素敵な空間。 それになんとも味わい深い家具。
木の暖かさがあふれていますね。 こういう椅子大好きです。
え?なおちゃん、見たことない?? これ織機じゃなくって、昔のミシンの踏み台だよ~~。SINGER ミシンだよ~。え?年ばれるって?(笑)
実家にもリメイクしてありました。。。
Commented by mangonaoko at 2012-04-05 07:53
>TOUKOさん
そうそう、ゼラチンが半分固まったくらいでクルクルッてかき混ぜるのです。でもこのタイミング難しくてね、早すぎてもダメだし、ちょっと固くなるともうゼラチンを崩すかたちになっちゃうし・・・・。でもこれやらないと全部お花が底に沈んだ状態になるから美しくないんですよ~。
工芸茶は味よりも見た目ですものね。以前時々飲んでたときは、他の茶葉足して飲んでました(笑)でもああいう目で楽しむ工夫っていいですよね。そういう発想素晴らしいと思いますもの。
Commented by mangonaoko at 2012-04-05 11:13
>姐姐
文章書くときに最初ミシン・・って書いて「ん??もしかしてミシンじゃないか?」と思い織り機って書いたんです・・・な~んだ、合っていたのですね!!(ということで昨日文章も訂正しちゃいました、姐姐ありがとう♪)
中国茶は本当に大好きです。毎日朝から晩まで飲んでいます。夏は自分で冷やしてアイスで飲むんです。自分で淹れたお茶のほうが美味しいですからね
by mangonaoko | 2012-04-04 06:56 | 香港cafe | Comments(4)