ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

日本風に仕上げたもうひとつの香港招待状

日本と香港では結婚式の習慣やマナーが小さく大きく異なります。
おめでたいことは一緒だし、おおまかな流れは同じなのですが
それでも日本人からすると「え?そういう風にするの?」と感じる部分も多々あるのです。

招待状

日本だと式の数ヶ月前には届き、出席か欠席の返事を出すのが普通ですよね。
香港の場合はちょっと違い、先に口頭で式の日取りを伝え「出席の人」にだけ招待状を渡すのです。
合理的といえば合理的、葉書で返事など待たなくていいのですから・・。

a0132659_21322613.jpg

香港での挙式ともあり、当初は日本からの参列は親と妹だけのつもりでしたが
あれやこれやと言ううちに、親戚やら友人やら20名ほどが参列してくれるという
なんとも幸せな“想定外”が起こることとなりました。

それならば・・・・と考えたのが、香港風だけど日本式にのっとった招待状

もちろん材料は香港調達
香港人も注文する招待状専門店に足を運んだものの、50~100枚単位の販売のものばかり。
私のように20部程度欲しい・・なんて人は香港ではあまりいないわけです。
それでも諦めずに店を何軒も回り、やっと手にした1部売りの赤い台紙・・・・香港らしいでしょう?

a0132659_21554698.jpg


「歡迎來參加我們的婚禮

皆様にはお健やかにお過ごしのことと
お慶び申し上げます
今秋 私達両名は結婚し
新しい旅立ちをすることとなりました
香港にて伝統に基づいて婚禮式をおこない
その後ささやかな小宴を催したいと存じます
遠方ではございますが
ご都合がつけば ご出席いただきたく
ご案内申し上げます    」


なんて・・・・超遠方ですけどね。いいんです、香港風に来る人に渡すだけですから。
一応お返事の葉書も同封しました。

a0132659_215647100.jpg

日本でも式から参列する人、披露宴からの人・・・関係によって様々ですよね。
香港も朝からの人、午後の式からの人、そして夜の披露宴からの人
これも新郎新婦との関係によってやっぱり異なってくるのです。

日本と同じようでもちょっと違うので、その辺も分かりやすく手紙を添えました。

“香港では 結婚当日の朝
「伴娘」と呼ばれる女友達と一緒に待つ新婦を
「伴郎」と呼ばれる男友達と一緒に
新郎が迎えに来るという伝統の習慣があります

誠に恐縮ではございますが
この伝統の儀式よりご参加賜りたく
ご案内申し上げます”


“婚禮式のご案内

誠に恐縮ではございますが
婚禮式にご参列賜りたく
30分程前に会場にお越しくださいますよう
お願い申し上げます”


私の場合は妹や従姉妹、日本の親友はこの朝から
叔母叔父などの親戚は午後の式から・・・・という形になりました。

部屋の掃除をしていたら何年振りに出てきたこれらの品々
振り返ればこんなことしていたのか・・と懐かしいけれど、
当時はそれなりに頭がいっぱいだったものです。
それでも友人曰く、香港からのエアメールでこの赤い封筒が届いたときは
それはそれはテンションが上がったとか。
忙しくても大変でも・・・・楽しいことの準備ってやっぱり楽しいものなんですよね。


って、こんな風に「想い出」の駅に途中下車するから・・・ね、片付けが進まないのです。




人気ブログランキングへ

↑よろしければ鴛鴦茶餐廳へ応援ポチリ・・・多謝!



《お知らせ》
鴛鴦茶餐廳facebook 開設しました。
(ちなみに個人のFBはしてないのです・・・・ごめんなさい!)
facebook粉絲專頁





香港情報担当しています(猫も大好きなあの通り・・・)

[PR]
Commented by TOUKO at 2012-12-24 23:36 x
"途中下車"ありがとうございます(笑)
素敵な招待状!貰ったらそりゃあテンション上がりそうです~~!一部売りを探して何件もまわったらある所がすごい・・というかnaokoさんの発想がすごい・・・
私も"途中下車"ばっかり。各駅停車に乗っていちいち降りて散策してるから全然進みませんわf^_^;
Commented by mimi姐姐 at 2012-12-25 06:12 x
ホント素敵な演出ですね~~♪
こういうのに時間をかける、思いをかける時って、送る側にとっても至福の時ですよね~~。 でも日本的な言い回し、『誠に恐縮ではございますが。。。。』っていうの、日本だなぁ~~って思います。
こういうのがいつまでも無くならない日本であってほしいです。(笑)
Commented by mangonaoko at 2012-12-25 21:15
>TOUKOさん
アルバムとか学生時代の何かとか・・・「あ~懐かしい!」ってついつい途中下車しちゃいます。こういうときの時間って早いこと(笑)
香港用の招待状はまた別で、それはそれなりの量印刷したんですよ。だからこれは本当に日本人用なのです。ちなみに披露宴会場では日本人のテーブルだけ名前の札つけときました。香港はテーブルだけ決まって席は自由、要は早いもの勝ちなのです(笑)
Commented by mangonaoko at 2012-12-25 21:19
>姐姐
ダブルハピネスを和紙の模様のように“ぼかし”で入れたくて・・・・それなりに綺麗な柄を必死にネットで探した思い出があります。色も綺麗で幸せな雰囲気で、でもあまり強くないそんな絵。
さすがに日本用の準備はこのときだけなので、言い回しとかも色々調べました。誠に恐縮ですが・・・ってたしかに日本ならではの表現ですよね。1部こうやって保存しててよかったぁ・・・・そうじゃないと自分でも忘れちゃいますもの。
by mangonaoko | 2012-12-23 22:06 | 国際恋愛・結婚 | Comments(4)