ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

龍と蛇・・・・・長いのはいったいどっち?~農曆僅355天

龍と蛇・・・・・長いのはいったいどっち??

なんて問題があったら、何て答えます?
蛇といってもニシキヘビのような長さ10mもあるようなものもあるし
それに龍って・・・・想像の世界とはいえすごく大きいんじゃないかしら?
だって物語の中では人間がその背中に乗って空を飛んだりしますでしょう?

a0132659_20202534.jpg

答えは・・・・・龍

いえいえその体の長さの話ではありません。
去年の干支は龍、今年の干支は蛇・・・・そう、この干支に関するお話なのです。

日本は毎年1月1日が新年のお正月
香港は旧暦に沿ってのお正月なので、今年は2月10日。
ところが・・・・去年の旧正月は1月でした。
そして・・・来年の旧正月もこれまた1月末なのです。

日本で育った私には今ひとつ感覚的にはピンとこないのですが
毎年日付が違う旧正月、つまり1年の長さも毎年違ってくるというわけなのですね。

a0132659_20203045.jpg

蛇年好短!沒立春 「農曆僅355天」

なんて見出しのニュースをちょっと前に目にしました。
2月10日から来年1月30日までの「蛇年」・・・・日数にして僅か355日
そしてちょっと長かったこの龍年より29日も少ないという計算になるそうです。

1年は365日が当然だと育っていた自分ですが
そういえば2012年の暦には「閏四月」というのがありました。
香港のカレンダーには旧暦の日付が併記されているものも多いのですが
旧暦の4月が終わった後に「閏四月」というのがまた始まっていたのです。
なるほど・・・・だから1年が約13ヶ月になって合うということなのでしょうか。

a0132659_20202743.jpg

もうひとつおまけにお話すると・・・・・今度の蛇年には立春はないそうです。
なぜなら2013年の立春は2月4日だから。
香港ではまだ旧正月前、つまりこのときはまだ龍年になるということなのですね。

“蛇年は龍年より29日も少ないのよ~ それに立春もないんだって”

なんて東京でそんなお話したら、この人何言ってるのかしらって顔されちゃうかしら。
暦のことは詳しくないけれど、香港も台湾も中国も・・・・お正月は来月10日。
国や場所によって違う習慣、そしてそれにまつわる多くのこともこれまた小さな発見です。
広い広いこの世界、自分の知っていることなんて本当にミクロ単位
ちょっと足を踏み入れれば新しい事柄が溢れているのですものね

こっちの人にしたら当たり前のこんなニュース
これまた私には楽しい「へぇ~~~」というまさに「新聞」なのです。





人気ブログランキングへ

↑よろしければ2013年も応援ポチリ・・・多謝!



《お知らせ》
鴛鴦茶餐廳facebook 開設しました。
(ちなみに個人のFBはしてないのです・・・・ごめんなさい!)
facebook粉絲專頁





香港情報担当しています(あのミニバスのおはなし)

[PR]
Commented by TOUKO at 2013-01-29 08:08 x
そっか、毎年旧正月の日にちが違うということは毎年の日数も違うって事なんですね~へ~~(笑)
立春も無いとかそういう事にもなるんだ・・
旧正月、中華街でも行ってこようかしら。でも・・先日、前回買った旧正月用のお菓子を一袋食べ忘れてたのを発掘しまして・・賞味期限はギリギリOKなので、それで旧正月気分味わおうかしら・・
Commented by mangonaoko at 2013-01-30 07:05
>TOUKOさん
日本はこういうふうに日付が変わるわけではないから、いつも1月1日から12月31日が1年、4年に1回がうるう年っていう感覚ですものね。香港の生活のカレンダーはもちろん同じだし、スケジュールもそうなのだけど、併記されている旧暦を見るとやっぱりどこか違うのだなと感じます。横浜に住んだばかりのころは旧正月の中華街にカウントダウンに行ったものです。どんなものか見たくて行ったけど寒かったわぁ(笑)
旧正月用のお菓子って・・・なぁに?
by mangonaoko | 2013-01-29 07:10 | 香港文化 | Comments(2)