ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

香港の美味しさは「甘さ」にあり~叉燒飯

数年前に初めて香港でBBQをしに行ったとき
材料の中に「蜂蜜」があるのがなんとも不思議なものでした。
肉に野菜に果物に・・・・そして蜂蜜。
でも香港のBBQには必需品なんですよね、なぜならお肉に塗って焼くのが普通だから。

ようやく火がついた炭の上で、串に指した肉を炙り焼いていると
お肉からポトンポトンと蜂蜜の粒が落ちるたび、火に触れてジュ~~ッと音を立てていたものです。

a0132659_20142682.jpg

BBQで蜂蜜を塗る・・・・・それは香港ならではの習慣なのでしょうか。

それも頷けるような光景
街に溢れる燒臘店のガラス越しには、同じようにポタポタ甘い蜜を落とすお肉がいっぱいですもの。
お店によって味付けも微妙に異なるこれらの燒臘
純粋に蜂蜜なのか、何かと調合しているかはその店ならではの秘伝の味なのかもしれません。

a0132659_20142070.jpg

世界どこでもある叉燒を始めとする燒臘
でも香港のはどこか特別な味な気がするのは、この「甘さ」に秘密があるのかしら。

日本人に一番人気の叉燒以外にも
乳豬, 燒鵝, 燒鴨, 白切雞, 油雞, 燒肉などなど、
好みのものを組み合わせて食べられるのは嬉しいところです。

a0132659_20142440.jpg

こちらは叉燒煎蛋飯
“小朋友的口味(おこちゃま好み)”と主人にいつも笑われますが
卵と叉燒の組み合わせって、最高だと思うのです。

a0132659_20142257.jpg

ちなみに香港のどこの燒臘店でも、これらのご飯かならずと言っていいほど「平皿」です。
こちらのお店はまだいいほう、中にはプラスチックの本当に「平たい」お皿で出てきます。
基本タイ米での提供、そこに美味しい甘いタレがかかったご飯
最後のほうはスプーンですくうのも難しいくらい、パラパラお皿の上を踊ってしまいます。

“どうして丼じゃダメなんですか?”

って聞きたくなるのは日本人だからでしょうか。
でもここは香港ですものね、
レンゲとお箸上手に使って最後の一粒までいただきましょう。
テカテカ光る美味しい燒臘、その美味しさはその「甘さ」に隠されているのです。



人気ブログランキングへ

↑よろしければ2013年も応援ポチリ・・・多謝!



《お知らせ》
鴛鴦茶餐廳facebook 開設しました。
(ちなみに個人のFBはしてないのです・・・・ごめんなさい!)
facebook粉絲專頁





香港情報担当しています(冰室のおはなし)

[PR]
Commented by mimi姐姐 at 2013-03-06 07:51 x
昨年から家のバックヤードにも香港式のBBQ道具一式があります。息子のお友達がうちでPARTYするのに持ってきてそのままくれました。(やった~♪) ホント何でも蜂蜜塗ってるね。 牛筋丸や冷凍たこ焼きにも塗って焼いてたよ~~。(笑)
Commented by TOUKO at 2013-03-06 08:09 x
おこちゃま・・目玉焼きの乗ったハンバーグライスを食べる感じなのかしら(笑)ちょっと違うかもしれないけどチャーハンの具はチャーシューと卵の組み合わせが1番好きです(笑)
チャーシューと卵とご飯~
Commented by みーこまま at 2013-03-06 08:48 x
スーパーマーケットでハケの付いた蜂蜜を初めて見た時「ハケ?」何のためについてるのかしら?と思いました!
今ではチャーシューは あの甘い味付けが
美味しいと思います。
Commented by かおり at 2013-03-06 09:19 x
おいしそうですねぇー♪香港でBBQ、一回やってみたいんです。また行かれたら写真載せていただきたいです!ところで小朋友ってすごいかわいい言葉で、広東語の中でお気に入りなんです。直訳では小さい友達ですよね?だけど私の娘を香港に連れていったときに、友達が「この小朋友にスプーン持ってきて」ってお店の人に頼んでくれて知ったんですが、かわいい言葉だなーと思って。この子、じゃなくてこの小さい友達に、って 笑
脱線失礼しました・・・
Commented by R at 2013-03-06 16:36 x
おいしそうおいしそうおいしそう。。。
叉焼ご飯に半熟目玉焼き、美味しくないはずがない!
私も喜んで小朋友と呼ばれましょう。
道を歩いていて、ぶら下がった叉焼その仲間たちのテカテカしたお姿が目に入ると、ついつい引き寄せられてしまいます。おじさま達がどーんどーんとぶった切っている姿もしばし見つめ、また歩き出すと叉焼ぶらーん。誘惑に満ちてますね香港。
Commented by hongkonggaffe at 2013-03-06 17:18
美味しそうな(ってホントに実際に美味しいのですけれども。)燒臘ですね~。
naokoさんは、美味しいものを美味しそうに切り取られるのが、いつもながらお上手です。
1枚目のお写真の垂れている蜜もいいし、そのあとの3枚も、空腹中枢を刺激します。。。
蜂蜜の代わりに、麦芽糖みたいなものを塗って仕上げるという話も聞いたことがあります。
ここで使っているお皿、強記飯店のものと同じですが、銅鑼灣店の方は、とても美味しいんですよ。同じ分店なのに、北角店は、今ひとつ自分に合いません。(笑)
Commented by びろちん at 2013-03-06 18:09 x
あ~今すぐチャーシュー飯掻込みたい!美味しそう(涎)あの何とも後引く甘みは蜂蜜なんですね。おこげの感じも美味しいですよね。チャーシューと言えばいつも チャーシューパオばかり食べていましたが、今回香港に行った時、飲茶でチャーシューのパイ包みというものを初めて食べて感激しました。(単純なんです)初めて考えて作った人天才  \(^o^)/
Commented by mangonaoko at 2013-03-07 07:39
>姐姐
香港式のBBQ道具一式はシドニーでもやっぱり手に入りません?
以前南Y島でBBQしたことを友人に言ったら「わ~香港っぽい過ごし方!」と言われ、「へぇそうなのか・・」と思ったことがありました。私は結婚するまでそういうこと何も知らなかったので。
蜂蜜塗ったたこ焼き・・・大阪でも売れるかなぁ(笑)
Commented by mangonaoko at 2013-03-07 07:40
>TOUKOさん
うんうん、限りなくそのハンバーグ&目玉焼きに近いのでしょう(笑)
でも炒飯だって絶妙な組み合わせでしょう?ちなみにオムレツの中に叉焼というのも捨てがたいです。やっぱり私にはこの組み合わせは最高。そぼろと卵とか・・・子供の頃からの好みなんだわ(笑)
Commented by mangonaoko at 2013-03-07 07:42
>み~こままさん
香港の叉焼に慣れると、横浜の中華街とかで売っている叉焼がとても乾いているように感じたりするとか。たしかにそうかもしれませんよね。
でも日本でも照り焼きとか焼き鳥のタレが近いですよね。ああいう甘さ&てかてか感は食欲をそそるのでしょうか。
Commented by mangonaoko at 2013-03-07 07:44
>かおりさん
小朋友・・・私も好きな響きです。
我が家も家の猫とかにもこうやって時々呼びますよ~。瑠乃という名前のほかにこの「小朋友」とか「寶貝」・・・本人も一応自分のことだと分かっているようでちゃんとこっちを向きます(笑)
今年はまたBBQ行きたいな・・って思ってます。そのときはまたお話しますね!
Commented by mangonaoko at 2013-03-07 07:46
>Rさん
これから夏にかけて、肉屋のおじさまたちの裸率も高くなることでしょう(笑)ときどきそんなに汗かいて大丈夫なの??(食べ物が・・)って突っ込みたくなりますが、まぁこれも香港ならではの光景でしょうか。
意外にも(?)大家楽の叉焼がなかなかいけるんですよ。困ったときにはここに駆け込むのもいいかもしれません。持ち帰りもOKです。
Commented by mangonaoko at 2013-03-07 07:48
>こえださん
お皿を見ただけでお店が分かるなんてすごいすごい!!!
強記飯店って友人に連れて行ってもらったのが最初でした。香港島のほうにしかないお店でしたっけ?香港の街を歩いていると、いったい1日にどれだけのお肉が売られているんだろ・・って思うほど、たくさんありますよね。私はお酒飲めませんが、ビールに叉焼っていうのもやっぱり最高ですか?(笑)
Commented by mangonaoko at 2013-03-07 07:51
>びろちんさん
天才と言っていいかはわかりませんが、菠羅包に叉焼を最初に入れたひともすごいと思いません?合うのか合わないのか微妙な気がしますが、飲茶の定番メニューになりつつありますよね。
叉焼って子供の頃のイメージだと、ラーメンの上に乗る薄くて乾いたあのお肉・・・・全然違いますものね。これは香港が一番だと私も思っています。
Commented by びろちん at 2013-03-07 14:57 x
ぽーろーぱうにチャーシュウ?!またまた知りませんでした~!たっ食べたい!絶対食べます!
by mangonaoko | 2013-03-06 07:14 | 香港料理 | Comments(15)