ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

上と下がバラバラな黑白淡奶~香港茶餐廳

a0132659_6453489.jpg

レストランやカフェで出てくる食器って、決して白に限ったことではないけれど
でもそれは「色」というよりは「柄」の違いという感覚だったのは・・・・東京だからだったのかも。
香港の茶餐廳で出される食器は、柄というよりは完全に色が違う。
食器というのに少々違和感のある、プラスチック製だったりするのだけど
オレンジや黄色、水色・・・・・・・まるで子供のおもちゃの色彩のお皿やお碗が普通なんですものね。

もちろんなぜプラスチック製かというと・・・・・雑に扱っても割れないからの一言でしょう、きっと。

a0132659_6453691.jpg

その茶餐廳で温かい飲み物を注文するとよく遭遇する、黑白淡奶のカップ。
もちろんその受け皿がまったく関係のないものなんていうのも・・・・・よくあるお話です。
別に違ったところで飲むことには何も影響がないんですけどね
これが洒落たカフェとかだったらきっとありえない部分だったりするのでしょうか・・・・

a0132659_6454072.jpg

そういえば思い起こせばこんな組み合わせのこともありました。

ここのお店が雑なだけなのか、それとも水色のお皿を大量購入しちゃったのか
それともご主人のラッキーカラーが水色だったりしてね。

a0132659_6453857.jpg

飲み干したときに見えた・・・・・久々のこの絵柄

“あたり!奶茶もう1杯プレゼント”

なんて昔のアイスのクジのように書いてたら面白いのにね。
はたしてこの時点でもう1杯奶茶を飲みたいと聞かれたら・・・・・う~ん正直微妙なんだけど。
でもそんなことはさておき、“あたり”が出たら条件反射で笑顔になるものです。

過剰なサービスを一切提供しない茶餐廳
カップとソーサーがバラバラなんて・・・・・序の口序の口!
欠けてないだけでOKとしなければ、茶餐廳なんて楽しめませんものね。



人気ブログランキングへ

↑よろしければ2013年も応援ポチリ・・・多謝!



《お知らせ》
鴛鴦茶餐廳facebook  請給我一個讚☆
facebook粉絲專頁





香港情報担当しています

[PR]
Commented by TOUKO at 2013-05-28 08:37 x
日本だとプラスチックで出てきらたちょっとガッカリな気分になったり食欲が削がれる事もあったり・・先日も友人とお茶した時にポットとカップとケーキの乗ったお皿の柄の組み合わせが、あべこべになってて思わず、ソーサーも含めてバラして取り替えっこしちゃいました(笑)が、香港だとこの方がウフフ♪って気分になるような(笑)
naokoさんのお気に入りのパンの皿とソーサーが同じ?で統一感あり?なんて・・・
Commented by hongkonggaffe at 2013-05-28 18:43
黑白淡奶の底のイラスト、年代によって、数種類あるようですね。確かに「当たり~」と言いたくなります。(笑)・・・セットになっていなくてバラバラなカップ&ソーサーが出てくると、「おお、香港香港!!」と嬉しくなります。それでいて、のっかっているパンや奶茶などの肝心なものが美味しければなおさら嬉しくなっちゃいます。什器はなんでもいい、中身が大事・・・そのアンバランスさが、好き。
Commented by mangonaoko at 2013-05-29 07:36
>TOUKOさん
たしかに日本でプラスチックだとそれだけで減点でしょうか(笑)香港で陶器なんて使ったらそれこそ毎回欠けた食器がきちゃいますからね~あぶないあぶない!
プラスチックでさえ欠けてるのですから・・・丈夫かどうかが重要なんでしょう!
そ、ここパンとソーサーが同じだったんですよね~コーディネートだったりして(笑)
Commented by mangonaoko at 2013-05-29 07:40
>こえださん
最近久しく見ていなかったカップ底のイラスト。見ると何ももらえないはずなのに「当たり!!」って自分で思ってしまいます(笑)
香港はこういう食器とかの部分は本当に重要視しないですよね(あ。もちろんお洒落なお店は別でしょうけど)こういうのに慣れると別に食べ物が美味しければいいのね~と納得。時には両方ダメな店もありますけどね(笑)
by mangonaoko | 2013-05-28 07:18 | 香港だより | Comments(4)