ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

懷古博物館の中で珈琲を~呼吸冰室41

a0132659_8454956.jpg
ここ数年香港で注目されつつある「懷古」
失ったものの大切に気づき始めたのか、今のこの時代の速さに疲れてきているのか
昔懐かしいあの頃の香港・・・・おじいさんも若者も、それぞれ違う角度でその魅力を再認識してるのかも。

その昔懐かしいをテーマにした茶餐廳なども新たに開店していたりしますが
やっぱり本物の歴史に比べたら薄くなりがち・・・・どんなにアイテムで表現してもそれは適いませんよね。
でもその表現の仕方をちょっと変えると、不思議と新しい居心地の良さが生まれるものなんです。

a0132659_8455073.jpg
ユースホステルとしてリノベーションされた美荷樓
その中に同時オープンしたのがこちらの呼吸冰室41
どこかで聞き覚えがありますでしょう?そう、土瓜灣にあるあのお店と同じ
昔の白宮冰室がなくなった後にできた呼吸冰室といえばお分かりになる方もいるでしょうか。

a0132659_8455694.jpg
60年代の団地が基であるこの場所・・・・・ここでなら「懷古」がテーマでもしっくりくるものです。
それもなんでもいいから古い雰囲気を出すというのではないのが面白いところ。
ちょうどスターバックスが冰室を演出する感じにちょっと似ているかしら。

a0132659_8455762.jpg
かなり広い店内は場所によってそのデザインが異なります。
こちらはいかにも冰室風の卡位が並んでいますよね。
ちなみに店名にもなっている41は、もともとの美荷樓の数字からきています。

a0132659_846119.jpg
こちらはゆったりソファー席
100%全てが「古い冰室風」にしていないバランスがいいんでしょうか。
木のテーブルを多く配置しているせいか、窓が大きいせいか
その空間が心地よく感じました。

a0132659_8455418.jpg
そして私個人的に楽しんでいたのがここに飾られているイラスト
アイデア満載の香港イラストがたくさん、ただ描くのではなくプラスαがいいんですよね。
こちらはもう走っていませんが冷房のない熱狗巴士
熱狗はホットドックという意味ですからね、右下にそのイラストを加えているあたりが可愛い。

a0132659_846672.jpg
こちらは大嶼山エリアを走るブルーのタクシー
実は私も1度も乗ったことがないんです、このブルータクシー。
エリアわけの色が違うだけで乗ったら一緒なんですけどね。

a0132659_846735.jpg
一番面白いな・・と感じたのがこのイラスト
香港の飲み物維他奶と団地をかけてるんですよね。
この発想面白い!・・・・こんな風になんでもない場所からアイデアが浮かぶのが才能でしょう。
羨ましいです。

a0132659_8461347.jpg
たいしてお腹空いていなかったのですが、せっかく来たのでBefornoonTea。
メニューにあったので普通に注文したのですが
「本当は午後のメニューなんだよ~」と言われてしまいました。

しかもお店のお兄さん、偶然私と同じ姓。別によくある偶然とはいえこういうのってお互い嬉しいもの。
しかもしかもこのお兄さん、注文時に「日本人ですか?」と見事に(?)見破りました。
どうして?今日私ほうじ茶って言ってないのに!
・・・・・・って聞いたところ(理由だけ)広東語の発音が日本人っぽいとのこと。
國語を話すときは言われたことないけど、日本人らしい発音ってどんななのか気になるところです。
日本語を話す香港人と台湾人と韓国人と中国人・・・・
見た目が同じでもその発音で私見分けられるかなぁ・・・・う~ん、全く自信なし。でも面白いですよね。

a0132659_8461538.jpg
公開日とあってか多くの人が訪れていたこの日
私がBefornoonTeaを満喫していると、後ろには5-6名の香港おばちゃま達が

「あら~西多士よ~」「いくら?いくら?」

と聞いてきたので25ドル(西多士の値段)と答えると

「25ドルだって」「え?何?いくら?」「25ドルだって」「へ~」
「え?何が?」「ほらこの西多士よ!」

とピーチクパーチクという感じで楽しく台風のように後ろを通り過ぎて行きました。
でもこの年代の方けっこう多かったんですよね。もちろん時間があるということもあるでしょうけど
昔を知っている方から見たらこの美荷樓、違う意味で興味深いものなんでしょうね。

a0132659_8461141.jpg
帰ろうとしたら目についたこの机・・・懐かしいですよね。
私は小学生時代クラスで一番背が高かったので(せっかちで成長も早かったのです)
こういう机、いつも小さく感じていた思い出があります。
いつも後ろの席でしたけどね・・・・・なぜって?後ろの子が黒板見えなくなるからです。

a0132659_846387.jpg
お店の人に確認したところ、ホテルとしての美荷樓は宿泊客のみですが
こちらのお店は一般の人も利用可能とのこと。
立地的にもそんなに混まないのではないかと予想するのですが・・・・今後はどうなることやら。


美荷樓41 呼吸冰室

ごめんなさいこの単語の正しい並び順がよく分からなかったりするのですが
(呼吸冰室41美荷樓?・・・・41美荷樓呼吸冰室?)
本当のリノベーションされた昔香港の場所にあるカフェ
天気がいい日にまた訪れてみたいものです。



九龍深水埗巴域街70號



よろしければ応援ポチリ、嬉しいです・・・多謝!

人気ブログランキングへ





《お知らせ》
鴛鴦茶餐廳facebook  請給我一個讚☆
facebook粉絲專頁





香港情報担当しています

[PR]
Commented by びろちん at 2013-11-05 10:05 x
むかーし昔、「何とかして香港に住んでやる!」と企んでいた私は当時流行っていた(?)日本語教師になる為のスクールに通っていました。その時の講義に外国人生徒のお国訛りの日本語を聞いて出身地を答えなさい。というものがありました。それだけは得意だったのをnaokoさんのブログを読んで思い出しました。
Commented by hongkonggaffe at 2013-11-05 18:23
タイトルを目にして、「呼吸冰室?!えっ?!他にもあるの?」と思ってしまいました。そういうことだったんですね。
天気が良くない日だったということですが、それにしても明るい店内ですねえ。居心地良さそうです。そうそう、街中で見かける懐古調の冰室もどきのお店たちって、各パーツは凝っているように見えるのですが、なんというか、ちょっと無理があるというか、頑張りすぎというか。けばけばしさのあるネオンがどこかに使われていたりして、冰室の趣きには近づけていないような気がします。でも、ここは居心地良さそう。おっしゃるように、美荷樓にあるからだからこそなんでしょうね。
Commented by nicho at 2013-11-06 09:25 x
"hongkonggaffe"さんがおっしゃるように「呼吸氷室」?あれ?何処かで聞いたよね?
なんて思っていたら…なるほど~。
やっぱりレトロ感を出すのは難しいですよね?
実際レトロなお店とかにはかないませんものね?
レトロ風だけどあえて頑張り過ぎない。これが良いのかもしれませんね。
ここの氷室は居心地良さそうですね、ホテルも気になりますし、美荷樓はやっぱり気になります!
Commented by TOUKO at 2013-11-07 08:31 x
おじさまが座ってる席もなかなかの雰囲気でいいな~って思いますけどソファー席でゆっくりと過ごしたら気持ち良さそうですね~このこの太陽の光の入り具合というか明るさがまたいい・・
小学生の頃は後ろの席が憧れでした(笑)
Commented by mangonaoko at 2013-11-07 09:47
>びろちんさん
まぁ日本語教師の勉強されていたことがあるんですね。私の友人でもいましたよ。でもけっこう時間とお金がかかるって言っていました。香港でも教師の求人時々見かけますよ(詳しくは見てないですが・・)
お国訛りの日本語・・・主人も一時期日本語学校に通っていたので興味があります。ちなみに主人は「さしすせそ」の発音が苦手だそうです。「しずか」とか「すずしい」って言いにくいんですって。こういうの聞くとお互い様なんだな~って妙に安心します(笑)
Commented by mangonaoko at 2013-11-07 09:50
>こえださん
これが支店なのか同じ系列ということなのか分からないんですよね。でも店員さんが「土瓜灣の行ったことある?そうだよ、同じ同じ!」って言ってたので・・・じゃ同じなのかな?(笑)
ここは無理に昔風にしてるのでなく、カフェとしてそのアイテムとして取り入れてる・・という感じでしょうか。う~ん、その線引きは正直難しいところですよね。完成品見てどう思うかですが。
この店も色々置いてるし、場所によって雰囲気違うし言い換えれば何でもありなんでしょうけど、不思議と居心地良かったです。何が違うんでしょうかね~
Commented by mangonaoko at 2013-11-07 09:54
>nichoさん
私も古い冰室私も好きなんです。もちろん古いから汚い部分もあるし、なんだかな~という部分もあるけれど、それも含めて歴史なんですよね。だからアイテムだけただ並べるとどうしても安っぽくなる・・・もちろん仕方ないことなんでしょうけど。あれを新しく再現するなんて無理ですから。
ここはなんだろ・・・・明るいからなのか、何が違うんだろ。個人的だけど金儲けのためだけじゃなく(それもあるでしょうけど)香港の古きよきものを大切にというメッセージが感じられるからかな。
Commented by mangonaoko at 2013-11-07 09:58
>TOUKOさん
おじさま席は残念ながら窓に面してないんですよね。私が座ったのは4枚目の写真の卡位です。写真撮るのにはこういう明るい場所がいいというのもあるけれど、窓に向って(窓というよりはオープンカフェのように全開)座るのは気持ちがいいですよね。
いつも一番後ろ、並ぶのも一番後ろ。前から2組ずつになると、奇数だといつも余る。フォークダンスとかも女子が多いといつも相手は女子(笑)小学6年生時にはすでに160ありましたからね~ランドセル似合わない!
by mangonaoko | 2013-11-05 09:29 | 香港cafe | Comments(8)