ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港夫とのんびりアジア生活・・・茶餐廳の如く 様々な異文化メニューお届けできれば・・


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

東京と鎌倉にて香港の景色を彩るひととき~謝謝您們的參加

a0132659_18334650.jpg
寒の入り

1年で最も寒いこの季節。
数年前の同じ時期に帰った時、それはそれは重装備で挑んだものでした。
今年は1月に記録的な寒さを香港で経験したせいか、さほど寒さに差がなかったような・・
おそらく日本は室内や車内が暖かいから、そんな風に感じたのかもしれません。

1月最後の週末に銀座と鎌倉で開催した水彩ワークショップ:鴛鴦茶會
おかげさまで今回満席御礼で無事終了することができました。

a0132659_18335629.jpg
今回の題材は旧正月時期の西貢。
ご存知の通り旧正月の香港といえば「真っ赤っ赤」。
写真に撮るだけならいいのですが、同じ色ばかりの景色を描くのはちょっとつまらない。
それに冗談でなく、赤の絵の具がいくつあっても足りませんものね。

a0132659_08361615.jpg

皆様へのささやかなお土産は現在colourbrownでお配りしている揮春と、
手作りの利是袋(お年玉袋)で「旧正月シリーズ」とさせていただきました。
うっかり写真を撮るのを忘れてしまったのですが、利是袋の絵柄は3種類。
私がお世話になっているカフェやレストランに送った揮春の柄を配しました。
もちろんcolourbrownのおサルさんも登場ですよ。

a0132659_18335241.jpg
まだ大きな声で言えないのですが、今回特別な理由があって1月に早めたワークョップ。
鎌倉で開催というのも理由があってのことなのですが、
神奈川以外にお住まいの方もたくさんたくさん集まってくださいました。
ちなみに鎌倉は実家に近いこともあり、私には思い出の多い場所。
最近は観光客も多くなり、駅付近のお店などは入れ替わりすることもありますが、
やはり全体的な景色は学生時代に見たときそのままです。
こういう景色、時間だけでなく自分達の思い出も一緒に留めてくれますよね。

イラストもきっと同じかもしれません。
何年か経って自分が描いた作品を見たとき、きっときっと何かを思い出すはず。
その時の天気、お店に向かう時見た街の景色、
描きながら考えていたあのことこのこと、隣の人と交わした言葉の数々。

香港の景色を描きながら、自分自身の思い出も一緒に紙にのせる。
そんな風に1枚1枚重ねていただけたら何より嬉しいかも。

a0132659_18334998.jpg
両日ともに水彩ワークョップの前後に別の仕事があった今回。
時間配分や頭の切り替えにアタフタする場面もあったりしましたが、
それもこの西貢の作品の中にこっそり加えていただけていたら、これまたご愛嬌。

そうそう、ある人が私にこんな風に尋ねてきました。
“なんで鴛鴦茶會って言うのですか”

我が家庭が「日本と香港(プラス台湾)」という2つの文化が交わっていること。
そしてその日本と香港でワークョップを開催するということに加え、
香港の生徒さんもいれば、日本の生徒さんもいる。
香港に住んでいる方もいれば、旅行でいらした方もいる。
「~だけ」とか「~であるべき」という垣根を作らない、
2つだけじゃなく幾つのものや、可能性がいっぱいいっぱい詰まっている。
そんな空間をカフェでお喋りしながら共有したい、だから鴛鴦茶會なのです。

寒い中、ご参加いただきました皆様本当にありがとうございました。
またキャンセル待ちされていた方、お申し込みいただき嬉しかったです。
次回お会いできるのを楽しみにしていますね。

次回は4月か5月、春と呼ぶにふさわしい麗らかな季節。
桜と新緑の日本で、また楽しい時間ご一緒できますように。







【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(週末は満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)

【香港~2月】10:30~12:30 (佐敦)
平日:16日(二) 18日(四)23日(二)24日(三)26日(五) 29日 (一)
週末:14日(日)20日(六)21日(日)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪








[PR]
Commented by 杏♪ at 2016-02-05 09:27 x
楽しい時間と素敵なお土産をありがとうございました~♪
naokoさんが、アセアセワラワラしている姿、ちょっと新鮮。(笑)
今回は色々とありましたから、準備等もすごく大忙しで大変だったのではないかと推察いたします。

SNSで「参加したいけれど絵心がなくて~!」っていう方がおりました。
そんな方も、きっと私の小学生の絵と言われた絵をみれば、きっと参加してくださるのではないかと思ってみたり。
次回は思いっきり私の最初の作品の写真でも添付して、お誘いしてみようと思います。(●^o^●)

今回は私はお題とは別のもの(香港で描き始めたものの続き)をさせていただいておりましたが、ワークショップに参加しはじめて、本当に色々と勉強になるものだと感じております。
こうやって参加させていただかないと、なかなか絵を描く時間を作ることができない私。
また早くそんな時間を香港でも東京でも持ちたいです。
これからもお見捨てなきよう、よろしくお願いいたします。
Commented by nicho at 2016-02-05 18:36 x
今回はご参加出来なくて残念でした・・・。
毎回楽しみにしている鴛鴦茶會。お喋り目的なのか絵を描くのが目的なのかは未だブレブレではありますが・・・(すみません: 汗)

皆さん本当にお上手で、私なりに「コレではいか!!」と前回参加した後密かに今までの絵を描きなおしてみようと頑張っています。次回の時に少しでも上手くなっていれば良いのですが・・・。

定期的に開催して頂けるのは本当に楽しみです。
次回は参加出来たら良いな~♪
次回の開催を楽しみにしています(≧▽≦)
Commented by mangonaoko at 2016-02-07 00:36
>杏さん
いつもいつも東京&香港でご参加いただき、ありがとうございます!!2015年合計何回お会いしたか・・・数えたらけっこうビックリするかもしれませんよね(笑)
鎌倉のほうはちょっとしたアクシデントがあり、初めてあんなにアタフタしました(汗)時間と気持ちに余裕がないって(切り替える時間含め)本当にダメですよね・・・・。

今回描かれていた題材、個人的にも仕上がりが楽しみです♪構図としてもいいですし、難しい分きっと満足感があると思いますし。忙しい日々の中でイラスト描く・・・ってなかなか難しいかと思うのですが、それでもこうやって1枚1枚作品が増えていかれてるので私も嬉しいです。

また今年もたくさんご一緒できますように!見捨てるだなんて・・・何をおっしゃいますか(笑)こちらこそどうぞ宜しくお願いいたします。
Commented by mangonaoko at 2016-02-07 00:43
>nichoさん
いいんですよ~お喋り目的でも(笑)
なんてこんなこと言ったら、参加されたことない方は「一体どんな会?」って思われるかもしれないけれど、でもそんな風な気持ちでいらしてくれるほうが嬉しいですよ。イラスト描くこと以外の楽しみを見つけていただくのもこの会の目的ですもの~。

回数重ねていく中で、何か内容を変えたほうがいいかとか色々考えてみたりするのですが(何回もご参加いただいている方もいるので)限られた開催と時間という壁を前にまだ見つけられないままでいます。

次回は春ですね~。4月か5月で迷い中なのですが、決まりましたらまたお知らせしますね!次もぜひ例のメニューでね(笑)
Commented by hongkonggaffe at 2016-02-10 20:38
naokoさんのブログにお邪魔するようになってから、スッと記された言葉がストンと自分に入ることが度々あります。幾つもあって、思い出せないほど(ダメやん:笑)。今日だと「・・垣根を作らない。2つだけじゃなく幾つものものや、可能性がいっぱいいっぱい詰まっている。」も、そうです。
香港に触れる媒体って沢山あると思うけど、ガイドブックも、TV番組紀行やニュースも、どれもきっかけになりますよね。でも、有りそうで無いのって 【 自分が創作する香港 】 のような気がします。媒体から一方的に受け取るだけじゃなくて、自分が創る側になって見て感じていける香港。香港へのこういうアプローチの仕方って、なかなか無いような?鴛鴦茶會は、それが叶う場じゃないかなぁ。
いや、小難しく考えてるんじゃないんですよ。でもね、参加する皆さんのご様子を垣間見ていると、 “ 楽しく共有できる鴛鴦茶會の空間 ” が、円くて柔らかいものであると同時に、とても稀有な場なんだなぁ・・・と感じます。魅力的な會。
Commented by mangonaoko at 2016-02-14 13:24
>こえださん
振り返ると色々なことが言えるけれど、基本的には深く考えないでやってるんです。ただ「こうがいいな、ああがいいな」という程度。
私自身もイラストを描くようになって発見することがたくさんたくさんあったので、もし旅行でいらした方とかが描かれても、また違う発見があるのでは・・と思っています。まず写真の撮り方も変わりますし。本当ですよ、「絵描くのにいい構図」ってあるんです。
最近は台湾の方とか上海の方が参加してくれてるんですよ。100%全員でのコミュニケーションは出来ないけれど、でもこういう空間好きなんです。
by mangonaoko | 2016-02-05 09:10 | 鴛鴦茶會(水彩課) | Comments(6)