ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港夫とのんびりアジア生活・・・茶餐廳の如く 様々な異文化メニューお届けできれば・・


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

猿山のふもとで楽しむベトナム美食~越式阿肥美食

a0132659_08473056.jpg
慈雲山
英語表記だと Tsz Wan Shan。
ちなみに國語発音だと Ci yun Shan。

なんだか神様が雲隠れしていそうな名前のこちらは、鑽石山のすぐ裏手に位置します。
ここ最近私がちょっと気に入ってる場所なのですが、正直何もありません。
強いて言うならお猿さんの出没率が高いということでしょうか。
後ろがすぐ獅子山という立地、エリア全体にあるのは団地と学校のみ。
交通が若干不便というせいなのか、高級マンションがほとんどないのがいいところ。
なので全体的にゆる~い空気が流れている、そんな長閑な土地なのです。

a0132659_08472244.jpg
今回のお目当てはお猿さんじゃなく、ベトナム料理。
こんな場所にベトナムレストランなんてあったっけ?と我ながら思ったのですが、
来て見て納得、なるほど香港形式のベトナムレストランってことですね。

タイミングだったのか地元で人気店なのかお店は満席。
良く言ってオープンスタイルなので、外で立って待つしかありません。
仕方ないとはいえ、空いたとしても相席必須、しかも狭い。
他であるような優雅なベトナムランチ・・・とはいきませんよね。
でもここまで来て別の店に行くのもなんだか悔しい、だってこれ目当てで来たんだもん。

a0132659_08471863.jpg
待つこと15分ほど、やっと空いた席で相席となりました。
私たちより先に待っていた若い男の子2人組と、肩を寄せ合うように着席です。
香港は土地が狭く人口密度が高いせいか、こういう距離感近いですよね。
レストランの相席の距離感もそうですが、エスカレーターでの立ち位置とか、
ATMでお金引き出す時にすぐ後ろに人が並んでいる、悪意のない接近感とか、
毎回ぶつかるんじゃないかと冷や冷やするゼロに等しい車間距離とか、
自分が感覚としている全ての“距離感”、ここ香港ではリセットしないと生きていきません。

a0132659_08470239.jpg
暑いのでとりあえずコーラね。
って出てきた瓶コーラ、缶で出てくるより嬉しかったりするのが不思議なところ。

そういえば“とりあえずビール”って言うの、日本文化なんだなぁ・・って感じます。
香港人がお酒を飲まないわけではありませんが、レストランでビールを飲んでるって
見るようであまり見ないような気がします。飲まないわけじゃないんでしょうけれど。
以前外国人が“無礼講”の意味がよく分からない、と言うのを聞いたことがありますが、
お酒を飲まないと本心が出ないとか、リラックスできないというのも日本だからなのかな。
もちろん外国だってその辺の切り替えはあるでしょうけど、
日本はその差が大きいのかもしれませんよね。

a0132659_08470633.jpg
まずは豬扒飯。
お料理の見た目も香りもなかなかです。
でもお皿とレンゲの素材と色が茶餐廳、平皿だっておなじみの“おいしい”シリーズ。

a0132659_08471115.jpg
おいしい

ね、香港風ベトナム料理って言っても過言ではないかもしれません。
おいしいと言えば、ここのお店の名前には“美食”という2文字が堂々と入ってます。
英語表記の時だってこれまた堂々とYummy!
言語的に日本で“おいしい”って言葉を入れることはないでしょうけれど、
自分で自分の店の名前にこういう表現入れるの、ある意味すごい自信。
ここのお店は美味しかったのでスルーできますが、
中には“えぇぇぇぇっ?”ってお店もありますからね、ほんとほんと。
ま、名前の美食という言葉を信じてくる人なんてゼロだと思いますが。

a0132659_08472675.jpg
食べている間扇風機の風でパタパタ揺れ続けるメニュー。
この日は夕方で店じまいだったのか、単純に店員さんが帰りたかっただけなのか、
新規の人が来ても“もう終わりだよ!”と不愛想な態度。
態度がいいかと聞かれたら、胸を張って“悪い”と言い切れるのですが、
でもほとんどのメニューが40ドル程度、文句なんか言っちゃぁいけないってものです。
悪くはないけど決して良くもない店で10%サービス料とられるよりいいものね。

a0132659_08471516.jpg
ということで120%香港の雰囲気の中、楽しめる本格的なべトナム料理。
食った食った~という感じで、お店を後にしました。
本来なら散策でも・・・というところですが、あいにく今にも泣き出しそうな空。
降ったらありえないくらいの大雨になることも多いので、こういう時の無理は禁物です。

越式阿肥美食
慈雲山毓華里16號地下





【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)


【香港~8月】10:30~12:30 (佐敦)
平日: 25日 (四)26日(五) 31日(三)
週末:20日(六)21日(日)

【香港~9月】10:30~12:30 (佐敦)
平日:1日(四)13日(二)15日(四)19日(一) 21日(三)27日(二) 29日 (四)
週末:18日(日)24日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪







[PR]
by mangonaoko | 2016-08-12 09:25 | 餐廳 | Comments(0)