ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港夫とのんびりアジア生活・・・茶餐廳の如く 様々な異文化メニューお届けできれば・・


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

ホテルの部屋に描いた貓咪香港~Youth Square 青年廣場

a0132659_09450072.jpg
旅での宿泊先ってどのくらい重要ですか。
私も若い頃台湾に足しげく通ってる時は「どうせ寝るだけ」と割り切り、
諸々冷や冷やするような安い部屋に宿泊したこともありました。
若くなくなってきたせいか、最近は宿選びにも変化が出てきたでしょうか。
とはいえ外せない予算という壁、自分の出せる範囲でどう選ぶかが大事ですよね。

過度なサービスはなくとも、清潔さと安全さは必須。
交通の便や立地は行き先によってはある程度譲歩できますよね。

もともと高いといわれていた香港のホテル、ここ数年はちょっと高すぎるかも。
それでも省くことができないホテル、皆さま色々悩んで選んでいらっしゃることでしょう。

a0132659_09380728.jpg
そんなホテルの部屋に絵を描いていいと言われたら・・・・・
と、実は妄想ではなく現実にそんな話が舞い降りてきました。
といってもいつも紙の上に水彩絵の具で描くのが常、場所も材料も異なる環境です。
自分に出来るかというかという自信も正直ありません。
でも自分の家の壁にですら描けないのに、ホテルの部屋に描いていいという、
こんな面白そうなチャンス乗らなかったら後悔するかも!

と、挑戦という2文字を自分自身に掲げ、いざ立ち向かうことにしたのです。

a0132659_09381278.jpg
当然ながら慣れ親しんでいる水彩や色鉛筆はここでは向きません。
ということで選ぶのはアクリル絵の具。
どのくらいの量が必要かも迷うところですが、迷わず決めたのは色。
茶色に白に赤、私が使用するのはこの3色のみです。

a0132659_09382181.jpg
今回のこのイベントには私を含めて8人が参加しています。
もちろん各自が部屋を与えられて作業を進めるので、他人の様子は分かりません。
作業日もそこにかける時間も、そして考え方もデザインも何もかも異なりますものね。

私が描いたのはいつもの貓咪香港の世界。
香港で暮らす猫たちの様子が、この部屋に来たときにチラリと垣間見える・・・
まるで夢の中で見たような、幻かと思うような別世界、
そんな印象として映ったら・・・という願いでひとつひとつ描いていきました。

a0132659_09382617.jpg
私はこの部屋に泊まる人たちを知りません。
1泊かもしれないし、長期滞在かもしれない。
旅行かもしれないし、もしかしたら大変な出張かもしれない。
旅行だったら楽しいけれど、でも時には疲れて休みたいこともある。
香港が好きな人もいれば、そうでもない人だっているのが普通。

だからこそ貓咪香港の猫たちは、騒がす静かにこの部屋で待つだけ。
気づいたら隣で座っていたり、静かに寝ている猫たちの姿と同じように、
なぜなら一番大事なのはここで旅行者の人が快適な時間を過ごせることだから。

a0132659_09383616.jpg
茶色の線をベースに描くイラスト、色味は時々見える白と赤の部分のみ。
もちろん満々に色をつけることは簡単、そのほうが存在感が増すかもしれません。
でもここは人が24時間を過ごすかもしれない場所、
多くの色は疲れている時にはちょっとうるさく感じますでしょ。
小さく描かれた猫たちを見て、その人が自分の心の中で色味を感じてくださればそれでいいのです。

a0132659_09381780.jpg
最初にこの部屋に入った時には猫たちはこう言うでしょう。
ようこそ、香港へ。

翌日出かける時には静かに見送ります。
気を付けて、あまり遅くならないでね。

香港の街を満喫して帰る夜には、ドア先で出迎えます。
楽しかった?早くシャワー浴びて休みましょう。

そしてスーツケースを持って帰る朝には部屋全体で叫びます。
また来てね、いつでも待ってるからね。

a0132659_09383137.jpg
滞在中、部屋に帰って電気のスイッチを入れる時、
思わず「ただいま~」って独り言で話しかけてくれたら尚嬉しい。

そんな想像をしながら、自分がここに住む人だったらどう感じるか、
そういう思いで自分なりに猫たちを散りばめてみました。

a0132659_09445579.jpg
完成後、ホテルの担当者から連絡がありました。
部屋の中に自分のプロフィールを置いてかどうかとのこと。
置くのは必須ではないそうなのですが、正直頭にまったくないことでした。

結果的に小さな小さなこの部屋への想いを文章にして置かせていただきましたが、
別に私が誰かを知ってもらわなくてもいいのです。
だって知りたかったらフロントに聞けば分かるし、調べる術はいくらでもありますでしょ。

でも同時にちょっと感じました。
もしかしたら自分にはそういう部分が欠けているのかもと。
21日のオープニング当日に会った他のアーティストさんに、初めて見るデザインされた部屋。
私以外は自分というものを全面に出す、迫力のあるものが多い。
それに比べたら私の部屋はなんて地味なことでしょう。

a0132659_10443932.jpg
でもそれが自分自身、無理に変えることはありません、
だって何事も他人と比べることは大事ではないのだから。

私の願いはただひとつ、ここに泊まる人がゆっくりした時間を過ごせること。
主人公はお客様、私のイラストは小さな小さな脇役の一部に過ぎないのですもの。

こちらの部屋、1年くらいの限定で開放とのことです。
部屋番号は538、指定することはもちろん可能。
ネット予約の場合は、ホテルに直接連絡すれば確保してくださるそうですよ。
香港への旅行が決まったら、ぜひぜひこの猫たちに会いに来てください。
最終的には直接連絡になってしまいますが、部屋指定のお手伝いも可能ですので、
遠慮なくご相談くださいね。

a0132659_09385147.jpg
a0132659_09384481.jpg
a0132659_09384878.jpg
a0132659_09384079.jpg
Youth Square 青年廣場
香港柴灣道 238號




【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)

【香港~10月】10:30~12:30 (佐敦)
平日:3日(一)5日(三)11日(二 ) 13日(三) 17日(一)
   19日(三)21日(五)24日() 27日 (三)
週末:15日(六)29日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪













[PR]
Commented by nicho at 2016-09-28 12:16 x
えっ?えっ!すご~い!!
なんて素敵なお部屋!泊まりたい!!真剣にスケジュール確認しまいした(笑)
部屋指定可能なら尚更泊まりに行かないと!
私ならきっと話かけちゃいます!「今日はねこんな所に行ってね、こんな事があってね、明日はね・・・」
寝れるかしら?(笑)
1年間は猶予があるなら可能かな?泊まれる事夢見て・・・
あ~泊まりたい!
Commented by TOUKO at 2016-09-28 19:48 x
泊まりたい!泊まりたい!泊まりたい!
皆に会いに行きたい~!
一晩中電気つけっぱなしで寝ることになりそう(笑)
一泊二日旅・・
Commented at 2016-09-28 19:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mangonaoko at 2016-09-29 19:04
>nichoさん&TOUKOさん
ぜひぜひこの際弾丸でもいらしてください。さっきチェックしたらANAも安いの出てますよ~~~!土曜とかなら深夜便もあるし♪ホテルは私から部屋指定の連絡いれますからドドンといらしてください(笑)
それから和紙のランプ用意してますので、寝る時もジーマが見守ります~~。


来て来て♪

テンションが同じ感じだったので、返信勝手にグループにしちゃいました(笑)
by mangonaoko | 2016-09-28 10:56 | 鴛鴦茶餐廳より | Comments(4)