ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

珈琲はないけど、香港の食は堪能できますよ~嘉華咖啡小食

a0132659_21385823.jpg
冬菇亭

昔に比べてだいぶ数が減ってしまった、昔ながらの食堂。
いや食堂というよりは、屋根がついた大型屋台というほうが雰囲気はぴったりかも。
その屋根の形状が椎茸に似ているため、冬菇亭という愛称で親しまれている存在です。

基本的に街中ではなく、昔からの団地の敷地内にあるのが普通。
そのため団地散策と一緒に冬菇亭の味も満喫できるという嬉しさなんですよね。

a0132659_21384223.jpg
嘉華咖啡小食

店名に咖啡(コーヒー)の2文字は必要ないと思うのですが。
だってメニューに咖啡はあれど、決して目玉商品じゃないはず。
香港は多くの場所で奶茶の味は競うけど、咖啡で戦おうという店はありません。
もちろん最近の本格的なカフェは別ですよ。
そもそもそういう咖啡に対して同じ名を名乗るのはどうなんでしょう?
とメニューに問いかけたくなるような味しか出さないのが地元の店ですから。

それにしてもラミネートし直したほうがいい、くったりしたメニューたち。
中には“お、次のページが”と思ったら、1枚の紙が分離してただけというものも。

うん、いい味だしてます。
それでこそ本場の冬菇亭。

a0132659_21383277.jpg
炒め物が美味しい、という言葉をどこかで見たことがある気がしたので、
自分では作るのが難しい久々の星洲炒米。
香港のお店ではポピュラーなメニューの、カレー味ビーフン炒め。

後から知ったのですがこちらは市販のカレー粉でなく、自家製のものを使っているとか。
食べてしばらくすると口の中が熱くなるような辛さ、
炒める時に相当の油を使うはずなんですけどね、辛さのせいかペロッといただいちゃいました。

a0132659_21382759.jpg
鹽焗雞飯

頭の漢字で推測がつくように、塩で漬けた鶏肉ご飯。
お椀での提供か、このようにお皿での提供か自分で選べるのですが(値段は皿のほうが上)
星洲炒米の量との兼ね合いでどっちにするのか迷っていたんですね。
結果的には面倒なので皿で!って感じに落ち着いたのですが、
その迷いのせいですっかり忘れてしまったことがあったんです。

a0132659_21390371.jpg
炒底ってお願いすること。
それはプラス料金で白飯でなくチャーハンにしてもらうこと。
サンドイッチでもありますでしょ、数ドルプラスでトーストしてもらう、
まさにそれと同じようなプラスアルファのメニューなのです。

運ばれた時に“ん?”と思ったものの気づかず、
“美味しい美味しい”と食べてる時ですら思い浮かばず、
ほぼ平らげた後で“あぁ!!!”ってなるんですから、救いようなし。

健康のためには白飯のほうがいいよね。
って前向きに考えることといたしましょう。

a0132659_21383748.jpg
久々に美しいと感じた凍檸茶。
このレモンのスライス具合と角度、それからグラデーションのようなお茶の色。
底が濃いということは、それだけかき混ぜないといけないということなのですが、
こんなに並々入ってたらガシッとする勇気なんてありません。

ということで、お決まりのように一口チュッと飲んでガッシガシ。
それでもたいてい氷の数粒はこぼしちゃいますけどね。

a0132659_21384754.jpg
隣に座っていた小学生くらいの男の子。
まだ背が小さいから椅子を3つ重ねて座らされていました。
こういう場所に子供用の椅子なんてありませんものね、でもなかなかのアイデアです。
だってこういう場所の椅子、重ねたらなかなかの安定感ですもの。

次回子供の猫を作品に描くときはこのアイデア活用しよっと。

a0132659_21385393.jpg
このエリアに到着してから調べたので、かなりの距離歩いてやってきた冬菇亭。
2つの料理に飲み物1つで82ドルという、まさに庶民的価格です。
材料費より家賃代が多いでしょ、と思うような街中の値段に比べたら嬉しくなる数字。

綺麗かどうかと聞かれたら、“ごめんなさい、汚いです”
そう答えたほうがいいような環境なのだけど、でもこういう場所は香港には必要なのです。
椎茸探したかったら団地へGO!
同じ団地でも古めのほうが生息率は高いですよ。


嘉華咖啡小食
大埔廣福村廣崇樓側熟食亭5號




【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)

【香港~10月】10:30~12:30 (佐敦)
平日:3日(一)5日(三)11日(二 ) 13日(三) 17日(一)27日 (三)   
週末:9日(日)15日(六)23日(日)29日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪










[PR]
by mangonaoko | 2016-10-08 22:14 | 餐廳 | Comments(0)