ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

洋風VS中華 どちらが香港風モーニング?~

a0132659_10053436.jpg
今でもはっきりとした理由が分からないのですが
(といっても追及したこともないのだけど)
香港の朝食ではなぜかマカロニが定番メニュー。
しかも日本人感覚だと若干柔らかめのことが多く、フニャッとした食感ですよね。

そういえばカフェを経営してる友人がこんなことを言っていました。
ランチメニューのペペロンチーノ、彼のパスタはまさにアルデンテです。
私としては歯ごたえがあってちょうどいいのですが、
「ちゃんと茹でてない」と思うお客さんもけっこう多いんですって。
ということは香港は全体的にやはり柔らかめが好みってことなんでしょうか。

a0132659_10054195.jpg
その朝食定番のマカロニさん。
最近はこんなにバリエーションを増やすお店も出てきています。
ひぃふぅみぃ・・・おぉ、なんと12種類。
しかも写真はマカロニですがビーフンと麺に変更も可能。
ここでいう麺ってインスタント麺ですけどね。
朝からインスタント麺って・・って思ったら隣の女性が食べてました。
しかもトマト味ベースのスープ、あ、トマトラーメンってとこなのかな。

a0132659_10062411.jpg
卵も4種類から、そしてトーストはそのままか焼くかの2種類から選びます。
朝の忙しい時間、きっとたくさん作り置きしているんでしょう。
注文した2分後にはこのセットが運ばれてきてちょっとビックリ。

a0132659_10050454.jpg
そうそう、こちらのお店は點心系のセットもあるんですよ。
なので友達と来てシェアというのもいいかもしれません。
でもさっきのマカロニとこの點心、どっちが香港式モーニングなんでしょう。
なんとなくマカロニに軍配があがる気がするんですが・・・。

a0132659_10051032.jpg
飲み物ついて37ドル。
でも11時過ぎると43ドルに変わっちゃいます。
そう、つまり1日中食べられるということ。
ということでこちらではいつでも食べられる「常餐」という括りなのです。

午後になったけど香港モーニングが食べたい!という場合には便利かも。
言い方替えれば午後にちょっと軽めの食事を、という場合ですかね。

a0132659_10052639.jpg
言い忘れ。
さっきのトースト、2ドル足せばピーナッツバターなど加えることも可能です。
12種類のマカロニに、4種類の卵に、2種類のトースト
しかも麺にもできて、ピーナッツバターも加えられる。
学生時代だったらこんなテスト問題出来ちゃうかもしれません。
民華餐廳のモーニング、全部で何通りのセットができるでしょうか・・・なんてね。


民華餐廳
旺角通菜街153-159號地舖




【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)

【香港~11月】10:30~12:30 (佐敦)
平日:3日(四)7日(一)8日(二 )23日(三) 29日(二)   
週末:13日(日)19日(六)27日(日)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪




[PR]
by mangonaoko | 2016-11-04 10:32 | 香港だより | Comments(0)