ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

生粋大澳人もお薦めの食堂お試しあれ~橫水渡小廚

a0132659_22323762.jpg
この場所が似ているというわけではないのですが、
ここ大澳に来ると地元にほど近い江の島を思い出すことが多々あります。
海に近い町という点では同じですが、きっとその理由はこういうアイテムでしょう。
時が止まったかのようなお土産品にお土産屋さん、それから食堂。
そう、レストランというよりは食堂という呼び名のほうが似合う、
国が違えどなんとなくホッとするようなそういう空気が流れているのです。

a0132659_22300234.jpg
こういう貝殻を使った品ってどこでも同じですよね。
ある意味時代の波に乗らない、いつの時代も変わらない。
そういえば数年前に訪れた、大連の海辺の町でもこういうお土産が並んでいました。
江の島と大連と大澳、3つ並べたらおそらく大差ないかもしれません。

お店の中にインテリアとして飾られている貝のオブジェ、
私の心はググッと江の島の参道へ飛んでいってしまいます。

a0132659_22314828.jpg
まるで船の中のようなこの空間。
ここで生まれ育った生粋の大澳人である友人のお薦めの1軒なのです。
「ご馳走するわよ!」ということだったのですが、理由はお祝い。
実はちょっと前に香港テレビ局のドキュメンタリー番組に参加することがあったのですが、
その番組を見た彼女がえらく感動したらしく、そのお祝い会ということ。
って、テレビに出たお祝いってことなのかな。
まぁ良いことなので理由は何でもウェルカムなのです。

a0132659_22302721.jpg
何度も訪れている大澳ですが、観光で来たのは2回ほどしかありません。
他は仕事がらみなので、たいていお昼前に着いて2-3時間で帰るというパターンがほとんど。
往復の時間が長いという理由からなのですが、そのためお昼も毎回適当なのです。

今回のお店は彼女曰く多くの香港人がここで食べるほどの評判なのだとか。
私たちが来店時にはそうでもなかったのですが、
食べている間に平日にもかかわらず団体客などであっという間に満席に。
たしかに人気のあるお店のようですね。

a0132659_22311725.jpg
香港で色々なレストランに行ったけど、洗面器みたいなのは初めてかも。
顔洗うのでも洗濯するのでもないんですよ。
別に汚れてるわけでもなくこれ専用なのですが、もちろん食器洗う洗杯のため。
というよりこういうプラスチックに100度ではないにしてもこの熱湯、
大丈夫なのかな、大丈夫なんだろうな、
そうそう小さなこと気にしないのが自分のためですものね。

a0132659_22304602.jpg
彼女にとってまさにここは庭。
たとえ財布を忘れようが、慌てることのないそんな環境なんですよね。
なぜなら以前昼間彼女から突然連絡が入ったことがあるのです。
なんでも仕事ではるばる觀塘まで来て、その前にお昼を食べているとのこと。
ところが支払いをしようとして財布を開けたら一銭もないことが発覚、
どうしようか迷った結果、まずは私へ連絡を入れたというそういう流れなのです。
a0132659_22292419.jpg

ちょうど用事もあった日だったので彼女の待つ茶餐廳へ急いで向かったのですが、
彼女もこんな状況は初めて、私もこんな呼び出しは初めて。
その時笑ってこう言っていました。
これが地元なら何の問題もないけど、ここ觀塘じゃそうはいかないと、
最初は事情を話してATMに行って戻ってくると説明しようと思ったそうですが、
怪訝な顔されるのもイヤだしまずはSOS出してから考えようと。
見せなさいよと見せさせてもらった彼女の財布の中は本当にレシートだけ、
いやいや姐さん私だってそんなことしたことありませんよ、香港で無銭飲食未遂。

まぁうっかりってことありそうですものね、私も気を付けないと。

a0132659_22321804.jpg
と、また脱線してしまいました。

4大看板メニューとドドンと紹介されていますが、なんせ私と彼女の2人だけ。
ということで控えめに一番左のメニューを注文することにしました。

a0132659_22293958.jpg
タイ料理にもありそうなすり身。
揚げたてアツアツでこれまたビール好きだったら箸が進みそうな味と食感です。

a0132659_22310597.jpg
そして彼女セレクトで頼んだ野菜のスープ煮。
でも濃厚な魚のスープが美味しいんです、ご飯にかけて・・ではなく
ここにご飯を入れて食べたいようなそんな美味しさです。
かけるか入れるか、この微妙な違い分かっていただけます?

a0132659_22320542.jpg
お店は2つに分かれているため、お会計は本店であろう向かいの店で。
今回はご馳走になるので、外でよい子にして待っていたのですが、
先ほどの団体客の注文メニューなのか豪勢にどんどん盛られていました。
中華料理は大勢のほうがいいですものね、さすがに2人じゃ品数頼めませんもの。

a0132659_22330073.jpg
ニャンコが縁で知り合った友人に、ニャンコが縁で通うことになった大澳。
遠いけど江の島よりは近い海辺の町、
そう思ったら往復5時間強も短く感じるってものなのです。



橫水渡小廚
大澳吉慶前街33號地下





【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)

【香港~11月】10:30~12:30 (佐敦)
平日:3日(四)7日(一)8日(二 )23日(三) 29日(二)   
週末:13日(日)19日(六)27日(日)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪









[PR]
by mangonaoko | 2016-11-13 23:27 | 餐廳 | Comments(0)