ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港夫とのんびりアジア生活・・・茶餐廳の如く 様々な異文化メニューお届けできれば・・


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

猫と香港を連れて冬の上海ふたたび登場です~廣東道canteen road

a0132659_15325538.jpg
私事なのですが先週1週間上海に行っていました。
ここ数年は空気汚染の明るくないニュースのほうが多い中国、
特に冬、その中でも特に旧正月前はより一層空気汚染が進むのが最近の常。
なぜなら旧正月休暇前に工場などがフル稼働になるからとか何とか。
なので私も友人に頼んだ日本製のマスクを山ほど持って1年振りの上海へと飛んだのです。

a0132659_15334095.jpg

観光ではないのでほとんどが建物の中。
でも滞在中の後半は写真のような良いお天気と空気に恵まれたんですよ。
数字を見なくても目で分かる空気の綺麗さ、やはりこういう天気は気持ちいいもの。
もともと上海は古い建物がたくさん残り、散歩に最適な街、
どうかいつまもこういう楽しさ残していてほしいものです。

a0132659_15285810.jpg
こちらが今回の大半の時間を過ごしたショッピングセンター。
気づくと網の目のように地下鉄が発展している上海の街ですが、
ほぼ中心地である静安寺駅に直結するのがこの嘉里中心(ケリーセンター)なのです。

ビルの一番上を見ると見たことのある鶴のマーク。
実はこちらは香港の会社が建設したもの、なのでどことなく香港っぽいんですよ。

a0132659_15351974.jpg
その4階にこの1月広東料理のレストランがオープンしました。
正式にいうと広東&港式という感じが正しいでしょうか。

a0132659_15282406.jpg
実はこちらのイラストを私のほうですべて担当させていただいているのです。
昨年の中秋節が終わった頃に最初にお話しをいただいたのですが、
諸々初めてのことも多く経験も足りないのでどうなるかと不安だらけだったスタート。
(もちろん今も現在進行形で進んです、不安もね)

a0132659_15281376.jpg
答えが1つではないことって本当に多い。
その答えが正しいかどうかなんて、永久に判明しないことも多い。
だから先の不安から逃げるよりも、とりあえず当たって見て考えよう、
答えが出なければ当たり続けて、痛い思いをするか分かるまで進んでみよう。

そう自分自身に言い聞かせ、自分自身を励まし続けながらやったのが今回の全て。
まだまだ途中ですが、とりあえずレストランは開店。
ということでその開店のイベントということでの初訪問なのです。

メニューは広東料理がメインですが、お粥や麺なども楽しめます。
ミルクティーやホットコーラもあるんですよ、このあたりは茶餐廳。


a0132659_15280398.jpg
上海なのでイベントのお知らせなどは簡体字です。
私が来た目的は11~15日の作品展、それからワークショップなどなど。
ま、来てから色々変更事項もありましたけどね、
こういう部分日本だったらないだろうなぁ・・・ということもたくさん。
それが当然になってしまうと本当に全てがストレスになってしまいます。

a0132659_15330556.jpg
それが最大だったのが作品展。
レストランではなくショッピングセンター内での開催予定というともあり、
随分前から設計士さんなど交えて本当に色々と考え、作り上げて現場に挑んだんですよ。

写真は変更後なのですが、実は当初ここに私の作品もすべて展示していたんですね。
それがあれやこれやと開催後に注文があり、でも全て準備後なのでどうにも変更できず、
ということで開催2日目の夜にほとんどの作品が移動という事態になったんですよ。

もともとの場所に残されたのは運べない大きなパネル系のみ。

a0132659_15331918.jpg
事前にイベントの告知なども打っていますので、
“作品見たかったら4階のレストランに来てね”というメッセージボードを急遽設置。

a0132659_15332988.jpg
私の紹介も1部残されていました。
皆さん数日徹夜続きで・・・・・隣で何も出来ないのが歯がゆかったですよ。


とりあえず一緒にレストランに戻りましょうかね。

a0132659_15322907.jpg
レストランというよりはカフェに近いような内装。
白とブルーが基調なのでより一層そんな雰囲気になるのかもしれません。

a0132659_15320307.jpg
各テーブルにセッティングされたお皿にランチョンマット。

a0132659_15321137.jpg
こちらは壁のイラストにもなっているメインのイラスト。
“廣東道”という名のレストランなのでね、ニャンコを自転車に乗せてみました。

a0132659_15275463.jpg
ペーパーにもニャンコ。
多くの香港友人が反応した“Canteen Road”の発音なのですが、
廣東(Canton)の発音に、餐廳(Canting)を引っかけているんですって。
発音間違いではないんですよ。

a0132659_15291007.jpg
壁には3種類のイラスト。
でもこれも実は当初と位置が違い、現在も調整なのです。
この自転車のは変更後で、他の2つはこの後変更が予定されています。
色々な意味でいつまでも現在進行形。

進んでるってある意味いいことよね、と言い聞かせて。

a0132659_15313246.jpg
そしてB1から移動になってイラストたち。
でも結果的にはレストラン内のほうが雰囲気があっていいんですよ。
“白いフレームで良かったね~~”と、皆でホッとしたりもして。

a0132659_15324671.jpg
a0132659_15291802.jpg
a0132659_15314465.jpg
a0132659_15354525.jpg
こちらの料理は香港のもの、なので作品も当然ながら貓咪香港。
でも1-2つだけ昨年描いた上海のものを加えています。
ちょっとだけでもあると地元の人は嬉しいでしょう?
a0132659_15323732.jpg

a0132659_15355664.jpg
a0132659_15353514.jpg
お店のためではなく、こちらのお料理美味しいんですよ。
叉焼などは持ち帰って主人に食べさせてあげたいと思うほど(無理ですけどね)
上海にいるのに半分以上はここの料理食べていた今回の滞在なのですが、
美味しいしゆっくりできる環境なので“なんで上海にいるのに”と思うこともなく。

a0132659_15360572.jpg
関係者に香港人もいることもあり、時々聞こえる広東語。
でも外に出れば一桁の数字の寒い寒い冬の上海なのだから、これもなんだか不思議。

開店はしてけどここが終わりではなく、あくまでもスタート。
壁のイラスト含めまだまだ進行中です。

もし、もしも上海に行かれましたら是非是非広東料理食べにいらしてくださいね。
昨年のカフェ個展を含め、不思議なことに縁のある場所となった上海。
人生何が起こるか分からないものですよね。


廣東道canteen road
上海市靜安區南京西路1515號 靜安嘉里中心北區4F
(地下鉄2号線 靜安寺駅すぐ)






【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)


【香港~2月】10:30~12:30 
平日(佐敦) 7日(二)9日(四)13日(一)17日(五)21日(二)22日(三)27日(一)
週末尖沙咀5日(日)11日(六)19日(日)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪

【東京~3月】
3月11日(土)、12日(日)
時間場所は未定
イベントページは








[PR]
Commented by nicho at 2017-01-20 15:49 x
凄い!なんて素敵なプロジェクト!!
こんな素敵なお店が上海に! 意外に上海でお店を探すのって苦労するんですよね。
上海には美味しいお店沢山あるけれど、自分の口にあうといううか、安心・安定の味で必ず食べるのが「湾式」
これは絶対に行かないと!
よく見たら分かり易い場所にあるんですね!上海に行く楽しみが増えました♪
上海計画実行しないと!(笑)

そうそう、当日変更。これってやっぱり当たり前に起こりますよね?
こちらはもう事前に聞いていた準備とかしていないからウロタエルのに、現地の人は当たり前のようにササッとやってしまう。
この柔軟性、私も欲しい!
Commented by TOUKO at 2017-01-22 12:45 x
うわー!
凄い!
写真だけ見たら、いんよんちゃちゃんてん?!いんよんかふぇ?!
って思っちゃいます☆☆
ランチョンマットとか持って帰ってよいのでしょうか・・
あー
行きたーい


自転車が可愛い~
Commented by mangonaoko at 2017-01-27 13:48
>nichoさん
ここのお料理は本当に美味しいですよ♪上海にいながら毎日香港料理ばかりでしたが(笑)でも香港よりもゆっくり座って食べれる点はプラスかも。
当日変更というか・・・“は?今それ言う?”ということが連続で精神的に疲れることが多々多々多々。日本人が固いのか、向こうが緩すぎるのか・・・どっちなんでしょうかねぇ~
Commented by mangonaoko at 2017-01-27 13:51
>TOUKOさん
ランチョンマットお持ち帰り可能ですよ。ただのぺらっぺらの紙だけど(笑)あとはペーパーもニャンコいますよん。
上海なのでなかなか行ける人はいないとは思うのですが、機会があったら見てほしいな~って思える場所です。味も私が保証します☆

自転車イラストは私もお気に入りです~
by mangonaoko | 2017-01-19 16:39 | 香港水彩畫 | Comments(4)