ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港夫とのんびりアジア生活・・・茶餐廳の如く 様々な異文化メニューお届けできれば・・


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

台南神農街でも出会うはやっぱり猫~肥貓故事館

a0132659_20360260.jpg
結婚前に足しげく台湾に通ってる頃は新幹線がありませんでした。
なので長距離の移動はバスか電車、そのため行き先が限られてしまうこともしばしば。
これが1か月とかの滞在であれば余裕もあるのですが、たいていが3-4日の旅行。
行きたい場所を厳選しつつ、あれこれプランを立てる・・・
というのは行き先に関係なくどこでも誰でも同じですよね。

当時行きたいと思いつつ、通過のみで下車をしなかった町、台南。
古い町並みが今でも残る場所として、最近は注目を浴びつつありますよね。

a0132659_20355059.jpg
高雄から台南までは新幹線だと次の駅、時間にしてはものの15分ほどです。
ところがうっかりしていたのが、新幹線の駅は離れた場所に位置するということ。
日本だって横浜駅と新幹線の新横浜はけっして隣のホームじゃありませんでしょ。

それを周りに何もない新幹線の台南駅に着いてから気づいたアホな自分たち。
結局そこから在来線に30分揺られ台南駅中心部に到着したのです。

初めて訪れる町はどこから歩いていいか迷うもの。
でもかならず訪れたいと密かに決めていた場所がありました。

それがここ神農街。

a0132659_20355738.jpg
台南は地下鉄がないのでバスか徒歩での移動となります。
もちろんバスが早いのですが、基本的に小さな町、
街歩きをしていればほとんどの場所が徒歩で回れるそんな規模なのです。

この神農街は台南の中でも昔ながらの建物や風景が見れる一角、
趣のある建物がショップやカフェに変身していたりしてなかなか面白そう。

a0132659_20360786.jpg
さほど長くない1本道、
おお、目的地の看板が見えてきましたよ。
急ぐ必要はないのだけど、こういう瞬間って思わず足早になっちゃいますよね。

a0132659_20363256.jpg
肥貓故事館

猫がいるカフェ兼雑貨屋という感じでしょうか。
でも猫の健康を考えたスナックなども開発販売していたりするんですよ。
単純に“猫カフェ”とは言えない、そういう奥深いお店なのです。

a0132659_20363727.jpg
もともと人がさほど多くない台南、しかも中心部から離れた上に平日の午後。
この空間を抱きしめたくなるような衝動にかられてしまいます。

a0132659_20362651.jpg
お店の子のビンビン(繽繽)ちゃん。
すごく人懐っこい子で写真を撮るのが難しい難しい。
カメラ構えればすぐさま寄ってきてゴロンゴロン、
急いで離れてシャッターチャンスかと思うと、また寄ってきてゴロンゴロン。

それでもめげずに何回もシャッター押してみたのですけどね、
その中でも唯一本人が映っているのがこの1枚。
それ以外は動いてぶれてるとか、顔だけアップでピンボケとか悲惨な感じなのです。

まぁ遠くから撮るだけで近寄れないことに比べれば嬉しい悩みなのかな。

a0132659_20361956.jpg
もう一人のションション(熊熊)ちゃん。
こちらは性格的に控えめなのか積極的にレンズに突撃してることなく。
ということでこんな風に美しいショットも簡単に頂戴できました。

a0132659_20364877.jpg
お店の中はもちろん猫モチーフだらけ。
うるさくない程度というのがほどよく心地よい。

a0132659_20364213.jpg
本や雑誌なども置かれています。
時間があったらゆっくり何か飲みながら眺めることができたのですが、
あいにくこの後高雄に戻らないとならないゆえ、それは次回へのお楽しみに。

a0132659_20365448.jpg
うっかり写真を撮り忘れたのですが、可愛い肉球チョコが買えるんですよ。
そもそもその写真を見てこの店の存在を知った自分なのですが、
思わず目に留まったのはこのニャンコの食器。

香港などでも見たことありますが、ちょっと高くデザインされてるんですよね。
なのでニャンコが楽な姿勢で首に負担なく食べられるというものだとか。

我が息子娘(ニャンコです)にお土産にどうだろう、
そうだよね、お留守番してるんだもの、台湾土産買ってあげるべきだわ。

って悩んでいたら、人気商品で在庫が1個しかないのだとか。
2匹いるのに1個じゃ意味がないでしょう、
と一瞬思ったのですが、かといって次にいつ来れるか分からないこの距離。
だったらとりあえず1個確保しとくべき、との結論に至ったわけなのです。

まったく、だから旅先では財布の紐が緩くなるんですよね。

a0132659_20361344.jpg
我が子へのお土産を買った後で、やっぱり肉球チョコも買うことに。
自分用だし要らないかなとも思うのですが、ここで出るのが都合のいいこの言葉

だって次いつ買えるか分からないもん

実際台南の駅に着いた後とか、高雄に戻った後とか、
最終的には香港に戻ってから“買えば良かった”と後悔するよりはいいでしょう。

1個だけの我が子へのお土産を手に後にした神農街。
嬉しいことに我が家では毎日大活躍です。
ということはいつかまた買いに来なくちゃね。
こんな風に楽しみが次に続くなら、在庫不足もこれまた良し。

そしてその日には今度こそビンビンちゃんの綺麗な写真撮らなくちゃ。


肥貓故事館
台南市中西區神農街135號






【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)


【香港~2月】10:30~12:30 
平日(佐敦) 7日(二)9日(四)13日(一)17日(五)21日(二)22日(三)27日(一)
週末尖沙咀5日(日)11日(六)19日(日)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪

【東京~3月】
3月11日(土)、12日(日)
各日12:00~15:00 東京恵比寿
イベントページは









[PR]
Commented by hongkonggaffe at 2017-01-25 22:33
記してらっしゃるように、台南人気は広がってるみたいですね。人気番組でも「二度目の台南」っていうように台北とは別枠の台南だけで番組成立させてるし、数ある旅行誌・女性誌でも「台南特集」ってとても増えたし。
かく言うウチも台南にスポットを当ててる雑誌は、台北よりも立ち読み頻度が高いです(笑)。naokoさんが書いたり載せたりしてらっしゃる【古い町並み】だし、【台北とはまた違う食】があるようだし。しかも都会と違って小さめな町にギュッと詰まっててピンポイントで歩けそうだし。…そっか、新幹線駅と離れてるんですね。だからこの町のまま残るんでしょうね。
…カフェの事、書きたいんやけど この倍の行数になるので触れられません…(笑)
Commented by mangonaoko at 2017-01-27 13:52
>こえださん


倍以上になっていいので続きが聞きたいです(笑)
by mangonaoko | 2017-01-24 21:18 | 旅行 | Comments(2)