ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

珈琲のため、まずは狭い入口を克服しましょう~窄門咖啡@台南

a0132659_09580680.jpg
古い町並みが残る台湾台南。
地下鉄もないので、全体的にこじんまりとした雰囲気が漂います。

訪れた1月初旬はまだ暑いという形容詞が似合う気温。
街を歩いていていると上着なんて要らないくらいでしたから。

限られた時間内でなんとしても終わらせたいミッションの数々、
その中のひとつが“カフェで珈琲を飲む”ということ。

a0132659_09575955.jpg
窄門咖啡

店名は何もひねっていないことが来て分かる “狭い入口” 。
来る前に読んだ台南紹介の本でも見かけたのですが、
他のカフェと違ってたくさんの写真がなかったんですよね。
それが逆に面白そうと興味を持って訪れたのですが、いやはやたしかに狭い。

通り道としてだったら絶対利用しないような細さですよね。

a0132659_09573479.jpg
侵入して振り返ってみました。
先に見える希望の光、と表現すればいいでしょうか。
中に入ると気持ち広くなるのですが、私でも入口は肩がギリギリという具合、
大柄な男性は確実にカニ歩きじゃないと入れないでしょう。

a0132659_09554256.jpg
入ってしまえば逆に他の選択肢がないので迷うことはありません。
お店はこの階段を上がって2階だそうです。
ちなみに興味本位とか写真撮りたいだけの訪問はご遠慮くださいとのこと、
個性的なお店ほどそういう悩みが多いのかもしれません。

a0132659_09554874.jpg
ここでも振り返ってみました。
基本珈琲が目的なのですが、想像以上に冒険心掻き立てられるこの環境。

a0132659_09574785.jpg
店内は門のように狭くなく、普通の広さだったので安心。
古い部屋をあえて完全に直さず使うというスタイル、
なのでどことなく外国っぽい雰囲気も感じられます。

a0132659_09555499.jpg
入ってすぐのフロアは黄色の壁。
奥では台湾の女の子グループが楽しそうに雑談中です。

a0132659_09552902.jpg
人も多くないので、隣の部屋で座ることにしました。
こちらは白い壁ですが、所々で垣間見える歴史の古さ。
あえてそのままにしている感じもしますよね、そのほうが風情があるからでしょうか。

a0132659_09560620.jpg
店内には男性のスタッフが一人。
気づいていないようだったので厨房に行って声をかけてみることにしました。
するとすみませんと急いで持ってきてくれた、なんとも味のあるメニュー。

昭和の喫茶店

うん、子供の頃よくこういうメニューありましたよね。
しかもこのクタクタ具合が何とも言えません。
忙しいのかここのスタイルなのか、伝票に自分で書いて持ってきてとのこと。
はいはい、お安い御用です。

a0132659_09553550.jpg
どんなに暑くてもホットを注文するのが常なのですが、
昭和な空気に押されたせいか思わず頼んだ珈琲フロート。
しかも見てみて、懐かしさ抜群のスプレーチョコ、しかもカラフルバージョン。

学生時代に手作りクッキーとかケーキの時に買ったよなぁ、スプレーチョコ。
それから学校帰りに買うドーナッツとかにもかかってました。
別に古いアイテムじゃないんでしょうけど、自分の想い出が懐かしさを感じさせるのかな。

a0132659_09560043.jpg
自分で書いた伝票渡すときに“15分くらいかかるけどいい?”と言われた
たしかキリマンジャロのドリップコーヒー。

大丈夫です、そんな時間を急いではいませんから。
そもそもカフェってもともとそういう場所ですものね。
淹れてから15分経ったのはイヤですが、15分かけて出てくる珈琲は無問題。
色合いも形も可愛らしいソーサーでのんびり登場ですよ。

a0132659_09561223.jpg
a0132659_09574125.jpg
ゆっくり喋りながら過ごす時間。
年をとってきた証拠でしょうか、最近はこういう時間が何より愛おしい。
そして最近になってこういう時間が一番大切なんだと気づけるようになりました。
何でも詰め込んで、こなした数で満足するような年齢は過ぎたのかもしれません。

気づくの遅いのかな、それとも普通なのかな。
ま、こういうのも実はどうでもいいんだって思えますけどね。

a0132659_09575364.jpg
目の前は孔子廟という気持ちのいい空間。
緑が見えて、鳥の声が聞こえ、そして木の上を声あげて走るリスが見え、
同時に人の声や車の音も耳に入る。

肩幅ギリギリの入り口を入り、不思議な階段を上がってきたからでしょうか、
ついさっきまで自分がいた孔子廟の景色が目の前に広がっているのに、
なんとなく別世界に来た感じがするのだから不思議なものです。

最後に入口で挟まれるようなふざけた写真を撮った後、また台南散策開始。
ちなみにその窄門の幅はわずか38センチということですよ。


窄門咖啡
台南市中西區南門路67號2樓







【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)


【香港~2月】10:30~12:30 
平日(佐敦) 7日(二)9日(四)13日(一)17日(五)21日(二)22日(三)27日(一)
週末尖沙咀5日(日)11日(六)19日(日)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪

【東京~3月】
3月11日(土)、12日(日)
各日12:00~15:00 東京恵比寿
イベントページは










[PR]
by mangonaoko | 2017-02-09 10:40 | 旅行 | Comments(0)