ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港夫とのんびりアジア生活・・・茶餐廳の如く 様々な異文化メニューお届けできれば・・


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

1年1度の香港最大のビッグ本屋さん~2017書展


香港では1年を通して、様々な展示会が開催されています。
一般人の感覚だと“そんなんに種類があるんだろうか”って思ってしまうところですが、
多少似たような内容にしても、やはり通年で開催されているのだから驚きです。

その主なメイン会場は灣仔のコンベンションセンター。
香港島の景色の一部として写真に収めることはあっても、現地に足を運ぶのってなかなかありませんよね。
なぜならこれらの展示会、会場の広さに負けないくらいの人で溢れてるのが常。
特に食品関係のものはカートを引いた地元主婦もかけつけるので、相当な体力を必要とします。
なんとなく眺めて買い物、なんて感じで挑むとお目当ての品見つける前に気力体力ともになくなっちゃいますから。

a0132659_09290447.jpg
昨日19日より開催されているのが本の展示会。
展示会なんて言うとなんだか特別な催しのようなイメージを持ちがちですが、
要は“本を売りたい本屋さん全員集合!”という、ここが大きな本屋に様変わりということなのです。

a0132659_09283394.jpg
各ブースで分かれていますが、なんせ会場が広いので自分がどこにいるのかすら迷うほど。
ついつい右見て左見て、なんて感じで進んでいたら本当に見失いますから。
この展示会で安く買える本もあるので、そういうのに出会えたらラッキーですね。

a0132659_09282947.jpg
本屋では分野ごとに分かれていても、出版社ごとに分かれてることはありません。
そういう意味ではこんな風に区別して見られるのも面白い。
この本とこの本って同じ会社だったのね、なんていう新たな発見もあり。

香港ではもともと日本の書籍もたくさん売られています。
もちろん中国語に翻訳されているのがほとんどですが、手にとったら著者が日本人ということも。
そういう場合たいてい“じゃ日本で買おうかな”となり、そして忘れるというケースがほとんどですが。

a0132659_09283846.jpg
a0132659_09284264.jpg
a0132659_09284528.jpg
でも本の傍らで本ではないものも販売されていたりします。
これは隣に香港テーマの本を集めていたのですが、それに付随してかこんな商品も。
バスの模型とバスの本が同じ場所にまとめられている、ファンにはたまらないかな。

a0132659_09285777.jpg
すでに夏休みということもあり、子供連れの人もたくさん。
週末となったらもっとすごい人出になるんでしょう。

a0132659_09290104.jpg
台湾で人気の黃阿瑪。
ちなみに台湾の出版物が多いのも香港の特徴です。
マーケットを同じとしてるのか、台湾出版の本もかならず香港ドルの値段が記載されていますよね。
私も今手元にある図書館で借りたのはすべて台湾のもの、
香港にも出版社はありますが、数といい、そして市場的に台湾には適わないでしょう。

a0132659_09291042.jpg
あ、可愛いと思ったらカバーかけられていて中身見られず。
でもよく見たら日本のでした。

a0132659_09291403.jpg
旺角などにあるビルの中の本屋さんも出展。
いつも隠れるように営業してるイメージですが(実際は隠れてるわけではないですけどね)
こんな風に堂々とライト浴びてるとなんだか違うお店のように感じてしまいます。

a0132659_09291896.jpg
そして本と同時に別フロアで開催されている文房具展。
ここでしか買えないものもありますが、中にはお店より安いのもあるのでチェック必須です。

こちらは有名なSTAEDTLER、誰もが知っているドイツの有名文具メーカーですよね。
私も鉛筆はいつもこちらの愛用しています。

a0132659_09292507.jpg
もともと鉛筆とか消しゴムとか、日常使いの買い足そうと思っていたら面白いの発見。
どうもかなり前から売られていたそうですが、専門店に行くことがないので初ご対面です。
香港の特徴を活かした香港バージョン鉛筆。
4本の鉛筆と消しゴムが入って45ドル也。

a0132659_09292908.jpg
こちらも特別バージョンですね。
ミニ色鉛筆と鉛筆削りにメモ、数量限定で60ドルとのことです。

a0132659_09293283.jpg
鉛筆は常に使うもの、ということでこちらは購入してみました。
お土産にもいいかと思いましたが、今の時代鉛筆もらっても使わない人のほうが多いのかも。

a0132659_09293693.jpg
香港B級というよりC級グルメでしょう。
鷄蛋仔、燒賣、咖喱魚蛋、基本立ち食いグルメですよね。

a0132659_09293991.jpg
a0132659_09294356.jpg
茶樓
點心の模様の鉛筆というのも可愛いものです。
箸袋をイメージした箱もなかなか。

a0132659_09294624.jpg
a0132659_09295093.jpg
茶餐廳
箱はよく見かける紙コップのあのデザインですね。
個人的にはこのイラストが一番鉛筆柄としては映えるような気がします。

こちらの鉛筆などは展示会だけでなく専門店でも購入可能とのこと。
正直“もう1回みたいな”という品もあるのですが、なんせあの規模にあの人、
行こうかどうか決意するのが難しいほどの、本当に大きな大きな展示会なのです。

2017書展
2017年7月19日 - 25日
灣仔博覽道一號香港會議展覽中心







【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)


【香港~8月】10:30~12:30 
平日:7日(一)15日(二)17日(四)23日(三)28日(一)29日(二)
週末:5日(六)20日(日)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪




[PR]
by mangonaoko | 2017-07-20 10:07 | 香港だより | Comments(0)