ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

勝利の香港フレンチトーストは何のお味?~勝利牛丸@元朗

a0132659_08425024.jpg
香港の中でも歴史の長い街、元朗。
今でこそ地下鉄1本で行くことができますが、以前は離れ小島のような不便な場所でした。
時が経ってもその街の様子はあまり変わることがないそうですが、
爆発的に増えた人口が細い細い道に溢れかえるようなのが今の特徴かも。

特に週末などは、目的を持って歩かないとその人の多さに酔いそうですものね。
銅鑼灣や旺角の人の多さとはまたちょっと違う雰囲気ではありますが。

a0132659_08422904.jpg
まさに人の波をかき分けるようにして到着したのは、地元では有名なこの店。

勝利牛丸

ここ元朗には昔ながらのお店が多く、B級グルメを楽しむには十分な場所です。
かといって1回に食べる量にも限りがあるのでね、
今日はこれ、次回はこれ、と毎回「いざ元朗」という意気込みで来なければいけません。
なんでこんな意気込みが必要かは、週末の元朗に来たことがある人は理解できるはず(きっとね)

a0132659_08424028.jpg
もちろん名物の麺もオーダーしていますが、気になるのはサイドメニュー。

カロリーも高く体に悪い香港食べ物の王者、西多士。
最近はオーダー回数も減少気味ではありますが(淡泊な味を好みつつあるお年頃)
こんな風に特別なメニューを見たらやはり挑戦しないわけにはいきませんでしょ。

勝利西多士

隣に並ぶ基本味、ハム西多士、チーズ西多士のまさに総合バージョン、
どんな感じがちょっと見たく食べたくなるってものです。

a0132659_08424559.jpg
久々の西多士。
期待を裏切らずこんがり揚げた感がこの上なくカロリーが高そう。
しかも中に具があるバージョンですから、今日はそういうことは気にしない気にしない。

a0132659_09074027.jpg
中身を知ってるけど、中から何が出てくるかワクワクしながらナイフで四等分。
おお、まさにサンドイッチをそのまま揚げたような綺麗なサンド感ですよね。
これならただ栄養がなくて単純に高カロリーな西多士ではなく、
気持ち栄養価のある西多士って位置づけにできるでしょうか。

かなり無理がある気もしますけど。

a0132659_08423564.jpg
それにしてもこのオレンジのお皿がますますコテコテ感を演出してくれます。
これが白い陶器のお皿だったらまた雰囲気も違うことでしょう。
落としても割れない、軽いプラスチックで色はオレンジ。
もうどんなに頑張ってもB級から抜けることができません。

a0132659_08422393.jpg
お店のためにも再度の念押し。
ここの名物は牛丸麺、弾力感抜群の牛丸が楽しめます。
この麺のスープが若干さっぱりだと感じさせてくれる、恐るべき香港西多士。
しかも勝利ですものね、まさに無敵のB級グルメなのです。

勝利牛丸
元朗谷亭街傑文樓地下1號舖





【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)

【香港~4月】10:30~12:30 
平日(佐敦) 10日(一)11日(二)25日(二)27日(四)
週末尖沙咀:9日(日)22日(六)30日(日)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪




[PR]
Commented by hongkonggaffe at 2017-04-07 17:58
そう。まさに、毎回「いざ元朗!」という意気込みで突入して行くウチです。太太曰く「元朗は故郷の中の故郷」とのことで。思えば初めて乗った長距離路線バスも【元朗68X】じゃなかったかなぁ。…で、よくよく考えればnaokoさんが仰るように元朗も独特な人混みで賑わう週末なんですよね。でもやっぱり【郊外っぽい混みよう】に釣られて行っちゃう。

昔、「西多士はプレーンだけじゃない」っていうの教わったのは、まさにこのブログ。瑞士咖啡室での1品でした。またこうして勝利の味の存在を知ってしまった…しかもそれが元朗なんだから…メモしました(笑)。
Commented by mangonaoko at 2017-04-14 11:04
>こえださん
元朗って昔発展した町だから道が全て狭いじゃないですか。そこに爆発的に増えた人が来るものだから、町全体が対応不可能みたいなそんな感じですよね。歩道も狭い狭い(笑)
西多士、最近は油に負けそうになるのでなかなかオーダーすることがないのですが、こういう特別バージョンは興味本位で頼んでしまいます。次回ぜひぜひ試してみてください~。ここの牛丸麺と一緒にね☆☆
by mangonaoko | 2017-03-30 09:20 | 餐廳 | Comments(2)