ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

ニャンコもワンコも空気ものんびり~大澳

a0132659_08033001.jpg
大澳
ランタオ島に位置するのどかな漁村。

香港ではここしか見られない棚屋と呼ばれる水上住宅、
蝦醤などの昔ながらの海鮮調味料
最近は中国に延びる橋の建築や空港増築工事の影響で、数が減少してきてるピンクイルカ
そして車が通らない路地で寝転ぶニャンコやワンコたち。

a0132659_08033427.jpg

ここは香港の他の場所にはない、独特な風景が変わらず残っています。
東涌から更にバスを乗り継いで1時間弱という不便な立地ではありますが、
その不便な場所だからこそそのままの姿でいられるのかもしれませんよね。

a0132659_08032627.jpg
気温33度。
風通しのいい場所で気持ち良さそうに寝ているワンコ、この暑さたしかにたまりません。
日陰のコンクリートは電気代のいらないひんやりベット。

a0132659_08040148.jpg
a0132659_08035237.jpg

大澳バスターミナルより先は車の通行は出来ません。
なので景色を楽しむ方法は、徒歩かあるいは観光船からの2種類。
また市街地のようにコンビニやチェーン店がないのもここの特徴、
なので基本的に外を歩いている時間が圧倒的になります。
夏は日傘などの対策、きちんとしないと熱中症になってしまいますよ。
オクトパスのチャージをする場所もないので、ここもご注意です。

a0132659_08040503.jpg
挨拶したらニャーと尻尾を立ててよってきた人懐っこい子。
でも大澳のニャンコは基本的にはご飯をもらえているんですよ。
といっても所詮外の子、飼い猫のように毎日満腹にとはいきませんけどね。
でも飼い猫のように太りすぎないようにするのもここの人が注意してることなのだとか。
なぜならワンコに追いかけられたりした時に機敏に逃げられなくなるから。
たしかに太りすぎだとジャンプも苦手になっちゃいます。

a0132659_08040992.jpg
a0132659_08041715.jpg
a0132659_08042097.jpg
午後のお昼寝タイムということもあり、どの子も伸び切っています。
暑いですものね、やってられないですよね。
だって住民のおばさんですら、時に外で寝転んでいますもの。
そりゃぁ全身毛ぐるみのニャンコにはこの気温はたまりません。

a0132659_08041300.jpg
こちらはお昼寝中でも機嫌よくお喋りに付き合ってくれたお嬢様。
こうやって人を怖がらないのは、人に対して怖い思いをしていないという証拠。
いいことです。

a0132659_08042408.jpg
そうそう、この炎天下水分補給は念入りに。
大澳はコンビニがないので、飲み物は小さな商店で購入するのが普通です。
中心部を離れるとそういうお店も少ないので、かならず1本は持参してるのがベストかな。

a0132659_08034834.jpg
大澳には海鮮を食べられるお店もいくつかありますが、
たとえば人数が少ないとか、出来ればお手頃に済ませたいという場合もありますでしょ?
そういう時はこの蝦醤炒飯がお薦めです。
蝦醤とは蝦を発酵させたここの伝統調味料。
こんな風に炒飯にすると絶妙に美味しいんですよ。
見た目はなんてことのないのですが、蝦の味がしっかり味わえるここならではの一品です。

a0132659_08035754.jpg
暑いけど、のんびりのんびりできる小さな漁村。

大澳観光地化、なんて計画も以前たち上がったとか聞いたこともありますが、
ここはこんな風に時間をかけてやってくるからこそ、その良さがじっくり分かるというもの。
バスは揺れて長いけど、でもこれがケーブルカーでポンとこれたら便利だけどつまらない。
コンビニがないのは時には不便だけど、チェーン店ばかりの景色は市街地だけで十分。

実はこの日、滅多に見れないピンクイルカを間近でしかも複数で見れたんです。
ピンクイルカを見るための観光船が時にそのイルカを傷つけるので、正直微妙なのですが、
でも目の前で元気に泳ぐイルカを見ると、これは残さないとダメなんだと本当にそう感じます。

ニャンコもワンコも空気ものんびり大澳

イルカも同じようにのんびりのんびり、いつまでもそう出来ますように。





【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)


【香港~8月】10:30~12:30 
平日:23日(三)28日(一)

【香港~9月】10:30~12:30 
平日:1日(五)7日(四)12日(二)25日(一)26日(二)
週末:3日(日)17日(日)30日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪






[PR]
by mangonaoko | 2017-08-19 08:38 | 香港だより | Comments(0)