ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

タイムマシンでちょっと昔の香港へ~美樂士多

a0132659_08525509.jpg
士多

最近ではその数も激減していますが、香港に昔からある雑貨屋さんのこと。
英語のStoreの発音に引っかけて出来た、いわゆる当て字ですね。
コンビニの出現などの時代の流れで、こういう小さなお店が少なくなるのは香港に限ったことではありません。
日本だって昔は駄菓子屋さんのようなお店、たくさんありましたものね。

a0132659_08524867.jpg
現役で営業している士多に出会えたければ、古い街か団地内に足を運ぶのが一番。
でもそれとは別に“再現”された士多というのもちょっと面白いものですよ。

地下鉄駅から歩いて5分強の工業ビルの中。
香港では数年前から注目を浴びている場所ではありますが、知らないと通り過ぎてしまう立地ですね。
工業ビルならではの広い贅沢な敷地、入口の外からでも中の広さが伺えますでしょ。

a0132659_08525277.jpg
ドアを開けると目に飛び込んできたのが懐かしい学校の椅子。
運動会の組み立て体操のような組み方ですね。
ちなみに私は小学生時代はクラスで一番大きかったので、こういう場面ではいつも一番下。
上で何が起きてるか知るべくもなく、ただただ耐えていたという想い出しかありません。

a0132659_08540566.jpg
広い店内は昔懐かしいをテーマにした雑貨が所狭しと並んでいます。
a0132659_08525823.jpg
こちらは昔美容院で使われていた椅子ですね。
美容院というよりは理髪店というほうがいいかもしれません。

a0132659_08530226.jpg
a0132659_08530635.jpg
そして奥にはまるで博物館のような美樂士多。
もちろんわざと再現したものですが、現役の士多に比べて時が止まった感がより強いですよね。

a0132659_08530934.jpg
もちろん士多の中のものはほとんどが展示のみ。
忘れかけていたけど、“昔こういうのあったよね~”って興奮してしまうようなアイテムがたくさんです。

a0132659_08531596.jpg
ゲームセンターという言葉すら死語に近いんじゃないでしょうか。
私自身がゲーム音痴なのであまり遊んだ想い出がないのですが、今みたいに携帯で遊ぶとかなかった時代。
コインを入れて遊ぶ、今思えばまだまだ可愛いレベルですよね。

a0132659_08531944.jpg
お店の人に尋ねたらここの飲み物は販売してるとのこと。
せっかくだからこの雰囲気に浸りながら飲んでいくことにしましょう。

a0132659_08533375.jpg
a0132659_08533607.jpg
この果汁ゼロ感半端ない味、懐かしいですね。
子供の頃に親戚の結婚式とか、何かの集いの時とかって決まってこういうオレンジジュースだったような。
しかも瓶。
今ではペットボトルが主流ですけど、本当は瓶のほうが地球に優しいんですよね。
何でも便利になると元には戻れなくなるもの、その便利の向こうで起きることを直視しないままに。

a0132659_08534052.jpg
思わず1人興奮してしまったアイテム。
持ってました、この免許証。
今思えばニャンコにとって過酷な状況なんでしょうけど、小さかったのでそんなこと気づきもせず。
80年代の匂いがニャンコの服装からもぷんぷんします。

a0132659_08532532.jpg
a0132659_08535690.jpg
a0132659_08540890.jpg
昔の香港の家庭で使われていたような品々。
もちろん展示のみで販売はしていません。

a0132659_08532281.jpg
a0132659_08535336.jpg
a0132659_08535072.jpg
a0132659_08534741.jpg
あったあった、というお菓子たち。
最後の缶のドロップは“蛍の墓”というタイトルで売られています。
“お腹空いた~、喉乾いた~”っていうセリフが出てきますよね。

a0132659_08535953.jpg
主人も記憶があるという仮面ライダーのカード。
こういうコレクション、たしかに子供の頃ありましたありました。

a0132659_08540117.jpg
パフォーマンス以外でこれで遊ぶ子供とか今いるのかな。

a0132659_08541496.jpg
若かりし頃のアンディラウ。

a0132659_08541126.jpg
一角にはこんな昔の写真が飾られていました。
こういう懐古アイテム、最近は流行であちらこちらで目にする機会が増えました。
でもあの時代って皆が今のように豊かではなく、実は大変な時代だったんですよね。
何もなかったからこそ小さなことで楽しく過ごせた時代。
こんな風に昔を懐かしむ風潮、もしかしたら今の時代の流れとスピードに疲れてきてる表れなのかも。

a0132659_08541777.jpg
あら、銀ちゃん。
以前訪れた文房具店の看板ニャンコです。
よく見たらここのお店とも何かしらの繋がりがある模様、それも納得できます。
きっと彼らが思ってること考えてることって同じようなこと。
ただ懐かしむだけじゃない、そこには今の香港に伝えない叫びたいことがたくさんあるのです。

a0132659_08534389.jpg
個人ではなく会社単位で経営されているという美樂士多。

香港で生まれ育ったわけではないけれど、タイムマシンで昔に来たようなそんな気分になりました。
でもこういう懐かしいアイテムを目にすると、今の時代いかに物が溢れすぎているかを実感します。
物が溢れ、便利が普通になり、知らず知らずのうちに要求もどんどん高くなる。
そしてそれに皆が追い付こうとしてどんどん疲れてしまう。

80年代。
どこでも懐かしまれる、日本でいえば昭和時代のあの頃。
もし今あのなめ猫が人気だったら、フェイスブックとかインスタとかあるんだろうな。
そしたらニャンコの負担はあのころの比ではないはず。
じゃ、よかったね80年代で。

なんて考えてしまうのは自分も若くない証拠でしょうかね。



美樂士多
長沙灣青山道 500 號百美工廠大廈 12 樓 C 室







【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)

【香港~9月】10:30~12:30 
平日:1日(五)7日(四)12日(二)25日(一)26日(二)
週末:3日(日)17日(日)30日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪




[PR]
by mangonaoko | 2017-09-04 09:37 | 香港だより | Comments(0)