ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

海風が心に染み入る秋の船旅~北角碼頭

a0132659_08554063.jpg
ヴィクトリア湾があったからこそ、ここまで発展できたと言っても過言ではない香港。
もし大型客船が入れるほどの深さがなかったら、香港という名さえ今存在しなかったかもしれません。

ジワジワと埋め立てなどで狭くなりつつヴィクトリア湾ではありますが、
様々な角度から見ても香港とは切っても切り離せない存在であり、景色。
そしてこんな海に囲まれた地形ということで、海上交通網が日常的に使用されています。
観光スポットとしても人気のスターフェリーを始め、離島などへのフェリーもそうですよね。

a0132659_08550845.jpg
基本的には全てが市民の生活の足であるフェリー路線。
香港内に何路線もありますが、中には立地の割りにはひっそり運行してるようなものもあるんですよ。

北角碼頭

目の前のバスターミナルがなくなり、今は高級マンションの工事でドンカンドンカン音が響いています。
その横にある碼頭から出てるのは、立地的には土瓜灣へ向かう九龍城碼頭行き、それから紅磡行き。
それからもうひとつがこの觀塘行き。
運営している会社が異なるということもあり、觀塘行きはちょっと離れた場所にあるんですね。
碼頭というよりは一見何かの修理工場とか、そんな雰囲気を醸し出すこの一角。
人が少ないのが不安になりましたが、はっきり書いているので間違いありません。

a0132659_08551221.jpg
そして入ったらまた続く、ちょっと寂しいこの廊下。
30分に1本という決して多くはない本数、事前に時刻確認してきたので確実に間に合うのですが
思わず小走りしないと不安になるようなこの長さ。

a0132659_08551840.jpg
他の碼頭と変わりない入口。
これは入ってから振り返って撮ったものですが、実は入口上に人数のカウント電子掲示版がありました。
ちなみに私が入る時点で9人。

あと9人乗れるという意味ではなく、あなたの前には9人いるよという意味。

多いのか?
少ないのか?

a0132659_08551579.jpg
a0132659_08552145.jpg
何とも言えない空気感。
なんだか遠い遠い離島に来たような気分ですが、ここは香港島の北角です。
そして行き先だって觀塘。
どちらも人口が多い中心エリアなんですけどね、船を使う人の割合は少ないということでしょうか。


a0132659_08552564.jpg
お、そろそろ乗船開始らしいです。
日常的に使って慣れっこの方たちの後ろについて待つことにしましょう。

それにしてもこの人数にこの雰囲気、ローカル感半端ありません。

a0132659_08553566.jpg
人数の割りには船は普通の大きさです。
漢字の名前と英語の名前が合ってるのかどうかちょっと考えてしまうようなネーミング。
まぁ、どちらも良さそうな意味なので良しとしましょう。

a0132659_08552986.jpg
私の後にも数人来たので、総乗客15名弱というところ。
15名に対してこの席数ですもの、香港では珍しく焦ることなく座り放題という贅沢さです。
特別珍しい景色ではありませんが、せっかく船に乗るので2階部分に座ることにしました。

前に誰もいない船なんて貴重の貴重。
週末に西貢の小島に行く船のほうがよっぽど満々というものです。

a0132659_08553248.jpg
週末には啓徳碼頭経由の便もあるとのこと。
たしかに海経由で行くほうが便利かもしれません。

a0132659_08553887.jpg
a0132659_08554467.jpg
中環などの中心部にお尻を向けて走り出す哀愁漂う中型フェリー。
スターフェリーから見る景色よりは広角で見れるので、違う意味ではこちらのほうが面白いかも。

a0132659_08554655.jpg
ここが昔空港だったら滑走路をこんな角度で見れたということでしょうか。
叶うものなら以前の世界に行って一度眺めてみたいものです。

a0132659_08554859.jpg
およそ15分で九龍側の觀塘に到着。
こちらの碼頭は北角以上に地下鉄の駅から離れてるので、目の前に広がるのは工業ビル地帯となります。
碼頭付近で働く人などにはいいでしょうけど、これから地下鉄乗り換えというには若干遠いのです。

a0132659_08555208.jpg
以前の北角と同じようにあるバスターミナル。
他の場所のターミナルと違い、碼頭近くってなんでこんなに取り残され感が強いんでしょう。

決して離れた場所に来たわけでもないのに、人影まばらな小さな旅を楽しんだような気分。
便利とは言えないけど、移動以外の面白さもある発見できる気がするこの路線。
ちょっとゆっくりしたい時とか、ちょっと息をふぅと吐きたい時に乗りたくなるような、
観光色ゼロ地元感100の愛しい愛しいマイナー路線なのです。






【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)


【香港~10月】10:30~12:30 
平日:3日(二)9日(一)17日(二)19日(四)
週末:8日(日)22日(日

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪


【東京~10月】
27日(金)10:00~12:00 (
東京代官山 SPACE K )
参加費:4800円




[PR]
Commented at 2017-10-12 14:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mangonaoko at 2017-10-13 08:37
>鍵コメのsさま
いつもありがとうございます❤
うっかり書き忘れの件もありがとうございます。あまり乗らない路線なのでうっかり落としてしまいました、大変失礼いたしました。
船からの眺めはゆっくり見られるせいか贅沢な感じがしますよね。こういう景色を日常的に眺められるのは香港の良いところかもしれません。人が多くせわしない街なので、自分からこういう点を見つけないといけないなと、常に感じています☆☆
by mangonaoko | 2017-10-12 09:47 | 香港だより | Comments(2)