ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

鮮やかな緑と青が美しい清水灣~釣魚翁郊遊徑

a0132659_22340042.jpg
日本の夏のように、比較的短くあっという間に過ぎてしまう香港の秋~冬。
やっと涼しいとか肌寒いという表現を言えるようにはなりましたが、
でも例年よりはやっぱりあまり涼しくない気が。
今週は25度とかの日もあるとか、11月もまさに末なのに参っちゃいます。

それでも夏に比べたらありがたいこの気温。
アウトドア活動するのも命の危険がない安心な季節到来なのです。

a0132659_22314089.jpg
香港のトレッキングコースの一番の特徴は何と言ってもこれに尽きるでしょう。

街に近い

所詮狭い香港内のコース、どんなに郊外のコースにトライしたとしてもそこは日本とは違います。
半日もあれば、十分自然の場所を満喫できる。
トレッキングの後に普通に街でご飯とか、そのあとに買い物とか。
ここ香港では特別なことではなく当たり前のように出来ることなんですよね。

ということで場所によっては歩きながらこんな風に高層マンションの景色も垣間見えたりもして。

a0132659_22314682.jpg
今回歩いたのは將軍澳などがある清水灣方面。
清水灣といえば、香港でも有名な高級住宅エリアですね。
今でも地下鉄など何もないエリアなのですが、ここはマンションなどなくまさに豪邸ばかりなのです。
昔は1億といえばこのエリアの部屋だったらしいですが、今はもう二桁の億というひっくり返るような値段。

a0132659_22315571.jpg
清水湾行きのバスやミニバスに乗り、五塊田という場所で下車。
トレッキングコースの入り口は他にもあるそうですが、ここが一番分かりやすいかもしれません。
歩いている途中には随所にこんな案内板があるので安心。

a0132659_22313317.jpg
他の人が何か写真撮ってるなと近づいてみたら、おっとなんて大きいこと。
自然の中なのでこういうのもいたって普通。
適度な距離を保てば大丈夫です。

a0132659_22334000.jpg
途中にはこんなマウンテンバイクトレイルも。
そういえばさっきすれ違ったっけ。
歩くより楽なようで大変そうですよね。

a0132659_22334646.jpg
a0132659_22335206.jpg
香港は数多くの島が集まって出来ているんですよね。
こんな風に海岸線に隣接するコースを歩くと、海と小島が一緒に眺められます。

また人口密度の高さや、空気汚染などのイメージでそう思われない方も多いようなのですが、
香港の海はとっても澄んでいる場所が多いんですよ。
それでもそれなりに昔とは違うのでしょうけど、透明で底が見えるような海の水。
水ってもともとこんななんだよね、って再認識させてくれる水に今まで何度も出会いました。

a0132659_22340538.jpg
a0132659_22341179.jpg
こういう案内板、距離と時間を見て力が湧いてくる時と逆に疲れる時と2種類ですね。
適当に流して見るくらいがベストかもしれません。

a0132659_22341837.jpg
海辺の埋め立て地にガンガン新しいマンションが建設中の將軍澳。
こんなに建てても住む人いないんじゃ?
って余計な心配してもちゃんと住む人(と買える人)がいるのが香港のすごいところ。

まさに別世界の出来事です。

a0132659_22343245.jpg
途中で遭遇したワンコ。
名前なんだっけなぁ、ご主人の言うことちゃんと聞くお利口さんでした。

a0132659_22343788.jpg
ようやく見えてきた、目的地の景色。
視界が開けて先の景色が見えると、こういう時ちょっと元気が出てくるものです。

a0132659_22344459.jpg
緑と青、というよりはターコイズブルーって感じでしょうか。
反対側はあんなにマンションが並んでるのに、山の向こう側はこんななんですよ。

a0132659_22345050.jpg
さぁ、ここからはひたすら1本道。
今までと違って太陽を遮るものがないのが少々辛いところ。
夏だったら途中で絶対倒れちゃいます。

a0132659_22345776.jpg
香港でゴルフは本当に一握りの人がやるスポーツでしょうか。
清水湾のゴルフ場は、その立地からもお金もちの人も楽しむことで有名。
ゴルフは打ちっぱなし以外したことありませんが、こんな環境気持ちよさそうですね。
風の影響もすごそうですけど。

a0132659_22350463.jpg
そのゴルフ場に寄りそうようにあるのがこの小さな村。
布袋澳村。
実際に住んでるとまったく見えないのでしょうけど、頭の上にゴルフ場って感じです。

a0132659_22350943.jpg
その近くにある天后廟。
海の守り神であるので香港の各地に存在していますよね。
この日も自分たち以外にほとんど人がいませんでしたが、一昔前はけっこう人で賑わっていたそうですよ。

a0132659_22351622.jpg
静かな空間、聞こえるのは自然の音のみ。癒されますね。

a0132659_22353253.jpg
そこから歩いて何気に10-15分ほどで先ほどの村に到着。
規模の小さな村なので、のんびりした長閑な空気が流れています。
海鮮レストランがあるのは聞いていたので、ちょっと期待半分の寄り道なのです。

a0132659_22353860.jpg
香港は炭酸飲料率が高い気がします。
でもこんな風に運動した後はこういうのが飲みたくもなる。
ビールが好きな人の気持ちがちょっと理解できる気がする一瞬です。

a0132659_22354711.jpg
こんな場所だけど観光客が多いのか、欧米人のグループもたくさんいたレストラン。
結局2人で1個の炒飯頼んでシェアすることにしました。
お腹空いていてもこういう海鮮系のレストランは2人だと注文が難しいですよね。

a0132659_22352366.jpg
唯一村から出ているミニバスに乗り、揺られること20分ほど。
気づけばいつも足を運ぶ街に到着していました。

さっきまであんなに長閑な場所にいたのに、なんだか本当に不思議な感じがします。
ストーリーは少し違うけど、浦島太郎にでもなったようなそんな気分。
これ香港トレッキングの一番の特徴なんだと強く感じる、今日この頃なのです。





【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)

【香港~12月】10:15~12:15 (15分早くなります)
平日:
5日(二)11日(一)19日(二)28日(四)

週末:2日(六)17日(日)30日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪
(お申込みお問合せは watercolor.yuanyang@gmail までどうぞ)


[PR]
Commented by hongkonggaffe at 2017-12-05 20:47
10月末~11月の声を聞くと「今年もそろそろnaokoさんご夫妻がアウトドア再開されたかな?」と思うようになりました(笑)。度々ここにいらっしゃるnichoさんも、滞在中に素敵なトレッキングやサイクリング楽しんでらっしゃるし。…山・空・海などとの付き合い方をご存知なかたは、自然の方が圧倒的に多い香港の味わい方を知ってらっしゃるような印象です。
お写真拝見すると、やっぱり手つかずのままの湾と地形って例外なく美しい曲線。これが、埋め立てや整地が加わったりすると、とたんに角ばった形になっちゃう。都市部以外で美しく優しい曲線を見かけると、「このままでいられると良いね」って思いつつ 角ばったエリアに戻って行くんですよね。
Commented by mangonaoko at 2017-12-10 15:46
>こえださん
今年はなかなか涼しくならなかったので10月じゃまだ暑かったです。歩いても簡単には汗をかかないくらいの気温がちょうどいいんですが、香港はなかなか難しいですよね。朝晩涼しくても日中暑いというのが秋でも普通ですから。
でもこんな風に1日の中で自然と街を楽しめるのは香港ならでは。だって昼間トレッキングして夜に街で映画というのも可能でしょう?日本じゃ出来ませんから。
香港は実はたっくさんの小島があるんですよね。行けない場所も多いのですけど、そういう景色をちょっと上から眺めると本当に綺麗だと感動します~。
by mangonaoko | 2017-11-27 23:50 | 香港だより | Comments(2)