ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

歩調も気持ちも、ランチの時間もゆっくりゆっくり~雪ノ茶屋@鎌倉

香港にいると似たような質問をされることが多々あります。
その中のひとつが「香港に慣れたか、日本との違いは何か」
答えは決してひとつではないけれど、私が答えることのひとつがこれ。

以前東京にいるとき、東京は人が多くて生活スピードが速いものだと感じていたけれど、
香港に来たら東京のスピードなんて緩いものだと感じる。

それは街を歩く香港人の歩調や、エスカレーターの速度だけではなく、
ここでは何もかもが速く進んでいく、そうでなければ負けてしまうそういう空気感。
東京だって早いはずなんだけど、こんな風に感じるのはどうしてなのかなぁ。
頭ではなく心で感じるこういうこと、言葉でしっかり説明するのは難しいのかもしれない。

a0132659_10115463.jpg
日本に帰る期間はいつも同じ7日間。
そのうち2日は東京で水彩のお仕事、そしてそれ以外はほぼ地元に引きこもっているのが最近の常でしょうか。

東京から電車で1時間の我が地元の歩調は、時に止まっているかと感じるほど緩い。
もちろん今の自分にとっては日本はいわば非日常の場、旅先と同じように心休める時間。
以前東京に住んでいた時とは異なる過ごし方、より緩く感じるのは当然かもしれません。
でも最近はその“止まったままでもいいんだね”というこの空気感が何より心地よいのです。

自称晴れ女の自分。
日本帰省中や旅先で雨が降ってどうしようもない、という経験がほぼゼロに近いのですが、
この日訪れた鎌倉は小雨が降るちょっと肌寒い天気でした。
銭新井弁天で久々にお守りを返し、新しいお守りを購入。
そのあとはゆっくりゆっくり、散歩がてら散策がてら1軒のお店を目指します。
途中で本物かと思って驚いた茶トラのニャンコ、もちろん置物です。

a0132659_10115925.jpg
八幡宮から計算しても10分以上は歩くでしょうか。
以前この近くを香港テレビ局のスタッフと一緒に訪れたことがあります。
寒の入りの時期で寒くて寒くて・・・・。
基本狭くて交通が発達している香港に慣れている彼ら、私の予感はまさに的中しました。
時間ぎりぎりまで撮影し、結果タクシーなどつかまらず機材を持って鎌倉駅まで歩くことに・・・。
香港だったらどうにでもなりますけどね、ここは都会ではない鎌倉の町。
“なんで?”って気持ちで歩いていたかもしれませんよね、鎌倉駅まで約20分の道のりを。

雪ノ下にある1軒のハンバーグ屋さん。
肌寒いので思わず足早に店内に駆け込んでしまいました。

a0132659_10122681.jpg
最初は入口そばの席を案内されたのですが、奥の席が空くと“あちらへどうぞ”と。
奥のほうが落ち着くでしょうから、という配慮、こういうの嬉しいですよね。
日本風じゃない、日本家屋のお店。
もうこれだけでお風呂に入ったみたいな気分でほっこりできちゃいます。

a0132659_10121707.jpg
子供みたいなのですが、ハンバーグ大好きなんです。
ステーキとハンバーグどちらか選べと言われてもハンバーグをきっと選ぶくらい。
でも香港でそんなに頻繁に食べれないんですよね、どうしてでしょう。

お店のメニューは基本的にハンバーグがメインです。
こういう昔ながらの洋食屋さんスタイルのハンバーグ、やっぱりもっと大きいの頼めばよかったかも。
日本に帰るとついつい欲張りになってしまう、“今しかない”という気持ちが後押しするのでしょう。
まして常に欲している物に出会えるのが多い日本、ある意味小さな餓鬼状態になっているのかも。

a0132659_10122170.jpg
飲み物付きやケーキセットなど好みで選べるのですが、やっぱり食べてる途中で変更することに。
店員さんにケーキセットに変更したい旨を伝えると、心配そうにこう言われました。

“サラダもついてるのですが、それも今からお持ちするのでいいでしょうか”

バクバクとハンバーグを食べてる途中の私、通常はサラダを先に持ってくるのでしょうね。
いいんですいいんです、そんな順番は小さなこと、まして自分が途中変更したんですから。
そしてそのあと急ぐように持って来てくれたサラダ。
無問題です、そしてこういう小さな気遣いにもその都度感動してしまいます。
だって全ての店ではないけれど、香港だったら下手すら変更時に舌打ちされちゃうもん。

a0132659_10120306.jpg
帰りに思わず二度見してしまったメニュー。
次はこれが食べたいな、って思うものがあるけどその次がいつか分からないのが残念。
ケーキと珈琲までつけて1800円程度。
しかもサービス料もなし(サービス満載なのに)またここでもオイオイと泣くように感動。

隣にいる父はなんでわが娘はこんなに感動してるんだろうと不思議に感じていたことでしょう。
“naokoはそんなにハンバーグが好きだったのか”くらいに思ってるかな。

a0132659_10120812.jpg
まだ梅の花が残っているような早春の鎌倉。

お腹も心も満たされてお店を出た時には、傘がいらない天気に変わっていました。
うん、晴れ女ここにあり。
何でも自分にプラスに考える、それは香港に限らずどこにいても有効な自分を強くする魔法のひとつ。

しっとり、ゆっくり鎌倉ハンバーグ。
小雨の中を歩くっていうのも、歩調が更にゆっくりになるのでいいかもしれませんよね。


鎌倉 雪ノ茶屋
神奈川県 鎌倉市 雪ノ下 4-2-23






【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)

【香港~4月】10:30~12:30 
平日(佐敦) 10日(一)11日(二)25日(二)27日(四)
週末尖沙咀:9日(日)22日(六)30日(日)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪





[PR]
by mangonaoko | 2017-04-13 10:48 | 旅行 | Comments(0)