ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

唔使客氣が笑顔と飛び交う香港創作料理店~李好味@中環

a0132659_21263170.jpg
ここ数年の香港は懐古ブーム。
昔ながらの雰囲気を演出したレストランや茶餐廳などがいくつもオープンしています。
また同時に増えているのが創作料理。
たとえば伝統的な中華料理を洋風にアレンジしたり、各国料理とブレンドしたり・・・などなど。

懐古調だけならいいのですが、創作料理となるとお値段もそれなりに張るのが普通。
香港で静かに暮らす自分としては、なかなかいく機会がないというのも現実だったりします。

a0132659_21255233.jpg
なぜなら家賃の関係もあるのでしょうけど、必要以上に高いお店も多いから。
美味しくて見た目も綺麗だけど、“え?これだけ?”ってつい思ってしまうようなね。

許容範囲内で面白いお店だよ

という行ったことある人からの感想を聞き、近くにいたので足を延ばしたのは中環の擺花街。
ヒルサイドエスカレーターのすぐ近くにある、まさにお洒落エリアです。

李好味

なんでも茶餐廳などでも見られるような香港料理を面白くアレンジしているのだとか。
そして強烈に目に飛び込んでくる個性的な内装に小物たち。
まさに古き良き香港を演出している、今年出来たばかりの新しいお店なのです。

a0132659_21254773.jpg
麻雀牌が大きく描かれたのと同じ1階フロア。
1階部分の半分はバーカウンターになっているのですが、午後3-6時の間はこちらのみの開放だとか。
ちょっとお得なアフタヌーンティーセットやハッピーアワーはこちらで楽しむことができるそうです。

a0132659_21255663.jpg
今回はランチタイムなので2階席に案内してもらうことができました。
2階へ上がる階段途中にも個性的なイラストが施されていますよ。

a0132659_21262078.jpg
ランタオ島の大仏もしっかり参加です。

a0132659_21254339.jpg
a0132659_21253042.jpg
これでもかと言うくらい香港らしいアイテムで埋め尽くされている空間。
カメラを持っていたらたしかに被写体は多くて迷うほどかもしれません。

a0132659_21253937.jpg
1階と同じく壁に描かれたイラスト。
この右奥にはちゃんとトイレがあるので、きちんと案内の役目も果たしています。

a0132659_21264219.jpg
ランチは全てセットメニュー。
もちろん別メニューのアラカルトも注文可能ですが、やはりまずはセットのほうが面白いでしょう。
6種類の中から悩んだ結果、蟹餐と豬餐に落ち着くことになりました。

a0132659_21262604.jpg
全てのセットにつくスープ。
私事ですが最近ちょっと気管を痛めており、こういうスープはまさに染み入るよう。
(直接効果はないので感覚的にですが)

a0132659_21263582.jpg
そして次にやってくるのが包子。
鶏肉とキュウリに甜麵醬の甘さがマッチしてパクパクいただけちゃいます。

そしてスープとこの包子でちょっとした満腹感さえ得られちゃいますよ。

a0132659_21263856.jpg
メインの前の味にすでに満足していたのですが、
それとは別に嬉しいのがここの店員さんのサービスの良さ。

最近の香港のお店はどこもかしこもサービス料10%がつくことが本当に多い。
食堂みたいにせわしなく食べるような場所でもプラスされることがあり、
すでにサービス料というより、税抜きだけ見てたら最後に10%の税込にされるようなそんな感じなのです。

a0132659_21253400.jpg

別にね、特別なサービスなんて必要ないんです。
でもお水が減ったら“足しますか”とさりげなく聞いてくれて、
シェアしたいと言えば、都度綺麗なお皿を持ってきてくれて、
“ありがとう”と軽く言うと、“どういたしまして”と即笑顔で返って来る。
こんな風にこちらが気持ちよく食事ができる空間をさりげなく手伝ってくれる、
すると自然にね、サービス料でも何でも渡したい気持ちになるってものなのです。

a0132659_21264716.jpg
蟹餐のほうの海鮮炒飯。
運ばれてきたときの見た目の綺麗さと香ばしい香りにすでに期待大でしたが、
こんなにたくさんの材料が入って、しかも味がしっかりしてる炒飯、もしかしたらお初かも。
蝦や帆立のコロコロしたのが見えますでしょ?
もちろんメニュー名にもなっている蟹だってバッチリ入っています。

a0132659_21265513.jpg
豬餐の叉燒咸蛋飯は土鍋に入っての登場。
一瞬“あれ?普通の目玉焼き?”って思ったのですが、咸蛋はすでに下のご飯にあえてあるとのこと。
ということはつまり上と下で卵ダブルってことですね。

店員さん曰く、上の目玉焼きと叉燒を軽くまぜて食べてくださいねとのこと。
咸蛋が入っているのでね、ちょっとパラパラになった黄色のご飯ともざっくり混ぜましょう。

a0132659_21265961.jpg
デザートかミルクティーかどちらか選択が可能。
選んだデザートはセット用の小ぶりサイズではなく、ガッツリ系の量でやってきました。
タロイモとサツマイモとタピオカが濃厚にたっぷり入っています。

ミルクティーとデザートそれぞれ1つずつで選んだのですが
“シェアしてね”と、新しいお椀と蓮華をサラリと持ってきてくれました。
料理もシェアだったのでそう思ったのでしょう、そういう気遣い嬉しいです。

a0132659_21270679.jpg
唔使客氣

“どういたしまして”という意味のこの言葉、実は外で耳にすることってなかなかありません。
“唔使”という省略形はまだしも、しかもレストランで4文字全て聞くって珍しいんですよ。
ローカルな店だとこちらが“唔該”と言ったところでスルーされるほうが圧倒的。

ランチを食べたわずかな時間、はたして何回聞いたことでしょう、唔使客氣。
しかも笑顔つき。

2階席でお手頃に楽しめるランチタイムは12時から15時まで。
そのあとは1階席でアフタヌーンティーセットやドリンク、
そして人数いるなら夜に創作アラカルトメニューをお楽しみを。
デザートメニューもなかなか面白いものがたくさんですよ。


李好味
中環擺花街8號地下及1樓






【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)

【香港~4月】10:30~12:30 
平日(佐敦) 10日(一)11日(二)25日(二)27日(四)
週末尖沙咀:9日(日)22日(六)30日(日)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪







[PR]
by mangonaoko | 2017-04-16 23:40 | 餐廳 | Comments(0)