ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港夫とのんびりアジア生活・・・茶餐廳の如く 様々な異文化メニューお届けできれば・・


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

この異常な状況、一体いつまで続くのでしょう~不動産とお引越し

a0132659_09430301.jpg
香港の引っ越しシーズンはいつですか

以前こんな質問をいただいたことがありました。
日本は年度末の3月の引っ越しが多いですよね。
特に春休みに入った後は引っ越し屋さんの予約が難しくなるほど集中するのだとか。

香港には特にシーズンがありません。
というよりは、香港は日本以上に“引っ越さないといけない”状況になることが多いのです。
1年季節問わず常に引っ越し、日本と同じく2年の更新ごとに引っ越しとなる人もたくさんいます。

a0132659_09430829.jpg
世界有数の家賃が高い街、香港。
ご承知の通り、ここ10年は香港の生活レベルとかけ離れたように上昇し続ける不動産価格。
“高くなった”というよりは“狂ってる”というような上げ幅なのです。

賃貸の場合日本と異なるのがオーナーの立場が強いということ。
香港は各部屋ごとにオーナーが異なるので、不動産を通したとしても結果的には個々のオーナーとの契約になります。
要するに部屋を何軒も持ち、家賃収入を得てる・・・という人が多いのですね。

多くは不動産経由で部屋探しをしますので、必要なのは不動産への手数料。
後は契約成立したら前家賃と敷金、基本的には日本のような礼金というものは存在しません。
なので不動産への手数料以外は家賃充当や、退去時に返って来るのが普通でしょうか。
(もちろん部屋の使い方によりますが)

では香港で部屋を借りる家賃はどのくらいなのか

と聞かれると答えに困るのですが、場所によって(もちろん広さも)その差が大きいのです。
駅付近とか日本人の目から見て綺麗なマンションの場合、遠かったり不便だったりで安いと15000ドル~、
最新だったり広かったり便利な場所だともうあり意味天井なしの何万ドルになります。
ザッと1ドル15円と換算しても、その高さがお分かりいただけますでしょうか。
そして香港の場合、広いといっても日本の感覚よりは手狭な部屋が多いのが一般的。

a0132659_09431544.jpg

半面あちこちでガンガン建設されている新築マンション。
最近耳にしたニュースでは40m2程度の部屋で1000万ドル、日本円にして1.5億円。
しかもこれは小さい部屋なので安いほう、家族サイズだと4000万、6000万・・・
これがそのまま日本円だとしても自分は買えるだろうかと悩む数字がゴロゴロゴロゴロ。
それなのにあるマンションは完売だの、と聞こえてくるのですからもう驚きを通り越すレベル。

日本で1億のマンション買う人、いったいどんな人でしょう。
少なくとも私の友人や家族の中にはいません。
そういう価格のマンションを香港では数軒同時に買う人さえ少なくないんですって。
もうなんだか空の上の宇宙で起きてるようなお話に感じてきます。

a0132659_09432364.jpg
香港は学歴社会。
大学を出てるかどうかで就ける職種がはっきり分かれます。
募集時に学歴指定されてるので、満たさなければ応募することすら難しいのです。
来月5月から実施される香港の最低賃金は1時間34.5ドル、時給500円弱というところでしょう。

大学を出て会社員として働く場合、金融系かそうじゃないかで収入はグンと差があくのですが、
良くて最初が20000ドル~という感じでしょうか。もちろん一概には平均は言えませんが。
でも駅上のマンションに今住もうと思うなら、おそらくその給料全部家賃で消えるかも。
夫婦共働きだとしても家賃が占める割合50%、収入が良いほうだとしても35-40%は家賃。

そんな家賃を出せない場合どうしましょ。
狭くするか、古くするか、不便にするか・・・という選択肢になります。
でもどんなに狭く古くしても、香港中心部だと10000ドルの部屋を見つけるのが難しいのも現実。
日本円に換算しても意味ないのですが、15万の家賃なら東京でもそこそこの広さ借りれるでしょうか。
香港の場合はおそらく40m2くらいかな、10000ドル程度なら。


a0132659_09431976.jpg
そして賃貸でやってくる恐ろしい更新。
以前東京に9年ほど住みましたが、その間引っ越しゼロ。
細かいこと忘れてしまいましたが、家賃上がったとしても5000円もなかったような。

香港はもとの家賃の金額にもよりますが、1000ドル単位で家賃が上がります。
来月から2000ドル追加とか、割合にしたら20-30%というのも珍しくないのです。
こういう金額を提示されたらどうするか、条件呑むか出ていくかのどちらか。
ということで2年ごとに引っ越しという人が少なくない、という状況が発生するのですね。

a0132659_09431175.jpg
では安いの探して買ったほうがいいんじゃない。
といっても、築年数30年とかで普通に300-400万ドルが普通の昨今。
しかも香港は頭金ゼロでローンは組めませんのでね、約30%の頭金が必要になってくるのです。

以前東京に住んでる時、近所に出来るタワーマンションをいいなぁと眺めていたものでした。
広い部屋に広いベランダ、最新の台所にお風呂、想像しただけで楽しくなるもの。
でも5000万とか8000万とかの価格を見て、あ~自分にはこういう部屋は遠い存在だなぁと。
でもでもそしたら場所を変えるとか、中古にするとか自分に合う選択肢があるはず。

香港にはその選択肢がない。それが一番の差。

普通のサラリーマンが頑張って買えるのは古くて狭いマンション。
ローン云々の前に頭金がなければ賃貸で暮らすしかない。
家賃があがればまた条件を下げて部屋を探して引っ越すしかない。
部屋を貸してるオーナーはその値上げがなくても悠々と暮らせるはずなのに。
そして家賃収入で肥える人がまた部屋を買い、またどんどん肥えていく。

a0132659_09432649.jpg
先日香港生活の中で3回目の引っ越しをしました。
幸運にも条件全て合った部屋に出会い決めることができたけど、
中には“これでこの値段??”と目がまん丸になる部屋が多かったのも事実。

一昔前のSARSの時とか、あるいは10年以上前に部屋を買っていなければ
逆立ちしたって買えない部屋ばかりの香港。

そういえば日本にいる時って、引っ越すかどうかもその時期も自分で決めていたっけな。
今となればそれが特別で幸せなことにさえ感じてくる。
でもそれが特別なんじゃなくて、ここが異常なんだよね。

40m2で1000万ドル以上。
ロトが当たったってきっと買わない。






【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)

【香港~5月】10:30~12:30 
平日(佐敦) 4日(四)9日(二)15日(一)23日(二)
週末尖沙咀:6日(六)14日(日)21日(日)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪






[PR]
Commented by hiromi at 2017-04-25 11:22 x
旅行者の私にとってはいつも楽しいばかりの香港。でも住んでる人にとっては結構シビアな環境ですよね。なんとなく不条理感じたり。。。。ブログ読んでうーーーんと考えさせられました。
by mangonaoko | 2017-04-20 10:43 | 香港だより | Comments(1)