ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港夫とのんびりアジア生活・・・茶餐廳の如く 様々な異文化メニューお届けできれば・・


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

豚肉を使わない特別飲茶~伊斯蘭中心餐廳

a0132659_20522789.jpg
これだけは食べられないという食べ物って何ですか?

ちなみに私は子供時代野菜が大っ嫌いでした。
なので小学校に入ってからの給食なんて地獄のような時間帯。
野菜が入った焼きそばとか、そのままスライスしてでてくるトマトとか、
当時事前に配られていた献立表を見ては、イタタタと不思議とお腹が痛くなる日々だったのです。

セロリとか、大きいピーマンとか、
大人になってもあまり克服できていないものも一部ありますが、
まぁこういう子供時代の好き嫌いというものは成長につれて少なくなっていくもの。

幸いにもアレルギーもないので、基本的に何でもウェルカム。
ところが私のおこちゃまレベルとは違い、人によってはどうしても食べれないものってあるんですよね。

a0132659_20511697.jpg
宗教による食の制限。
これは無宗教の中で生きている自分にとっては、正直ちょっと遠い話かもしれません。

休みを使って初香港の旅を楽しんでいるのは、主人の東京時代の同僚。
何年振りの再会、香港の食を囲んで積もる話もしたいところ。
ところが彼はエジプト人の男性、そして豚肉を食べることができません。

香港にはさまざまな宗教の人が住んでいますので、選択肢がなくなることはありません。
ところがいざ除こうとすると思い知らされるのが、中華料理では豚の使用率がとっても高いということ。
そう、それは肉だけに限ったことではなく、油という一見見えない場所にも及ぶのです。

a0132659_20521627.jpg
主人としては香港を代表する飲茶をぜひ味わってほしい。
でも飲茶の点心には、油としても豚肉がたっくさん使われているんですよね。

ということで足を運んだのは、灣仔にある伊斯蘭中心。
名前からお分かりいただけるように、こちらはイスラム教の礼拝なども行われている場所になります。
そのワンフロアに入っているレストラン、名前もそのまま分かりやすい伊斯蘭中心餐廳。
もちろんここで提供される料理、豚肉は一切使われていません。

a0132659_20521288.jpg
他のレストラン同様、昼間は飲茶メニューも豊富です。
お肉だけを除くのであれば普通の場所でもいいのですが、油まで考えるとほとんどの品がアウトかも。
単純な好き嫌いであればある程度は頑張ってもらうのですが、宗教上のこととなると話が別ですものね。

a0132659_20512287.jpg
蝦餃

パッと見ると変わりありませんが、やはり違うのが皮。
飲茶の点心って蒸してるのでヘルシーに感じますが、いやはやかなりの油を使用しています。
朝飲茶をお腹いっぱい食べると、午後までなかなかお腹が空かなかったりしません?
そう、かなり腹持ちがいいのが点心なのです。

a0132659_20520060.jpg
腸粉

これは蝦餃以上の差を感じたかもしれません。
粉を感じるというか、もちもち感が強いというか。

a0132659_20515685.jpg
牛肉球

これはあまり変わりなく。
でも全体的には少々淡泊な味な気がしました。

a0132659_20514614.jpg
見た目が少々違いますでしょ?
それでも頑張って近づけているような努力を感じます。

a0132659_20522196.jpg
飲茶では不可欠なうき粉を使う、透明な点心たち。
そう、ここの子たちは全体的に透明感が少なく白に近いんですよね。
やはりこのあたりは油に関係するのかもしれません。

a0132659_20522463.jpg
通常なら肉汁が美味しい小籠包。
豚肉点心の王道のような存在、ある意味ここのメニューにあることが驚きです。

a0132659_20521065.jpg
タイミングだったのか、店内の半分はガラガラ。
ここはイスラム教のセンターなので、人が多い場合はイスラム教徒が優先されるとのこと。
もちろん今回の私たちのように一部の人でも大丈夫とのことです。
結果的には空いていたのでノーチェックで入れましたが、教徒が優先されるのは当然ですよね。

この空き空き感といい、テーブルとイスの組み合わせといい、
昔ツアーで参加した際に連れていかれるようなレストランを彷彿とさせました。
こういう場所で食事した経験、ツアー参加者なら1度はあることでしょう。

a0132659_20520660.jpg
無事エジプト友人への飲茶の紹介は終了。

ただ香港で美味しいもの、残念ながら豚使っているものが多いこと多いこと。
茶餐廳のメニューも、豚肉がなくてもおそらく油がダメなんでしょう。
同じような鍋とか使い回してることもありますし、その辺は彼もかなり敏感でした。

結果一番笑顔で食べていたのはデザートの糖水。
なるほど、たしかにこれは1%も使用していませんものね。

中華料理に豚多し。

あらためて気づかされたこの事実、彼の目には香港の街どんな風に映っていたことでしょう。
そういえばバスがアトラクションみたいだってかなり喜んでいましたっけ。
なんて、諸々新鮮な気分にさせてくれた1日アテンドだったのです。





【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)詳しくはこちら
(満席の日もあります、詳しくは上記リンクをご覧ください)

【香港~6月】10:30~12:30 
平日(佐敦) 13日(二)15日(四)19日(一)20日(二)
週末尖沙咀:11日(日)25日(日)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪


【水彩ワークショップvol 12】
7月1日(土)12:00~15:00 東京恵比寿 満席になりました♡
7月2日(日)12:00~15:00 東京恵比寿

参加費:各日ともに4800円(材料題材費・お茶代・プチお土産付き)
※パレット・筆お持ちでない方は別途実費(700円)でご用意します。








[PR]
Commented by nicho at 2017-06-07 13:01 x
豚肉、意識してなかったけど、そんなに沢山使ってるんですね・・・
昔1度「ベジタリアン」なオーストラリア人をアテンドしないといけないかも・・・と友達からヘルプの連絡を受けましたが、とっても難しいですよね。

気づかないけれど以外に色々な所に使われているお肉や海鮮に驚いた覚えがあります。
そのお友達もかなり困っていましたが・・

デザートは確かに安心ですものね、一度こういった料理を食してみたいけれど、興味本位で訪れるのがちょっと気がひけます。
Commented by mangonaoko at 2017-06-13 18:58
>nichoさん
私は宗教的な理由もアレルギーもないので食べ物に対してあまり気を遣わないでいられるのですが、意識していないとけっこう色々な材料が使われているものなんですよね。
特に豚肉は油も含まれるとかなりの割合を占めていて驚きました。
香港はベジタリアンのお店も多いし、普通のカフェとかでも対応してくれるのですが、でもやはり限定はされてしまいますものね。
by mangonaoko | 2017-06-04 08:51 | 餐廳 | Comments(2)