ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港夫とのんびりアジア生活・・・茶餐廳の如く 様々な異文化メニューお届けできれば・・


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

香港グルメ~フランスの香りのない香港フレンチトースト

a0132659_723394.jpg

a0132659_19563149.jpgこれ、茶餐廳のメニューには欠かせない香港版フレンチトースト。
広東語では「西多士」、「多士」とは食パンのトーストを指します。まぁ「西のトースト」と考えれば、
一応香港の中でもこれは異国からきたメニューというくくりなんでしょうか。本々は。

私、この香港フレンチトーストが好物です。
健康に悪いんですけどね、というか、「太りなさい」と言わんばかりの悪条件な食べ物なんですけどね。
だいたい美味しいものって体に悪いもの多いじゃないですかっ(開き直り)

さてこの「太るための」香港フレンチトーストのすごさといえば・・・
1 食パンにカヤクリームやピーナッツバターをたっぷり
2 バターではなく、油で揚げる。揚げる。揚げるんです!

なので上の写真のように、まるで日本の厚揚げのような雰囲気がたっぷりでしょ。
パリの凱旋門より、浅草の豆腐屋が目に浮かびませんか?

でも・・・・

美味しいの、この西多士。

なので、週末は家でも時々作ります。簡単なので一度お試しください。

a0132659_940916.jpg

材料(1人前)
食パン (8枚切がベスト)  2枚
ピーナッツバター  適量 
(アメリカのskippyが美味しいです)
卵 2個
油 適量
コンデンスミルク 適量





① 食パンはミミを切り落とし、ピーナッツバターを塗って2枚をあわせる
  (香港風なら2枚ともに塗って、サンドイッチしてください)
② 卵をボールにいれ、卵白が完全になくなるくらいに混ぜる
③ 食パンを③の卵に前面浸す
④ フライパンに浸るくらいの油を入れ、食パンを軽く揚げる
⑤ 皿に盛り、コンデンスミルクをたっぷりかけてできあがり♪

ピーナッツ、コンデンスミルク、油 というのが香港風になる3大材料です。
レモンティーかミルクティーをあわせると 「香港のアフタヌーンティー」楽しめますよ。

(写真はちょっと厚めのパン使ったので、全体的の太めです。)

人気ブログランキングへ

アジア在住の日本人によるブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by アジアカラー at 2009-07-07 11:58 x
突然の投稿失礼致します。

当方はアジアカラーというアジア在住の日本人ブロガーさんによるブロガーさんの為の情報サイトを運営しております。
ご登録は無料になっており、ご登録後、記事が当サイトへ反映され、ブログのランキングサイトの様
にアクセスを稼げる仕組みになっております。
(まだプレOPEN中ですので、今ご登録頂ければ、ランキング1位も夢ではありません)

当方の判断で素晴らしい記事を書かれているブロガーさんのみにご招待の投稿をさせて頂いております。
是非この機会にご登録頂ければ幸いと思いご連絡させて頂いた次第でございます。

突然の投稿にも関わらず、最後までお読み頂き有難うございました。
by mangonaoko | 2009-07-05 09:44 | 香港料理 | Comments(1)