ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港夫とのんびりアジア生活・・・茶餐廳の如く 様々な異文化メニューお届けできれば・・


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

秋から冬への前奏曲に南瓜露~香港のお汁粉

a0132659_6415070.jpg

香港のお汁粉って種類がたくさんありますよね。
日本でいうと「お汁粉=小豆!」という方程式で、せいぜいここに餅が加わるかどうかの話でしょ。
「お汁粉とぜんざいって何が違うの?」
って以前鎌倉のぜんざい屋で友人と討論したことあるけど、粒餡をつかったのがお汁粉とか。
じゃ濾し餡は??って聞いたら、それは「濾し餡のぜんざい」・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ほら、頭の中ごちゃごちゃになりますでしょ(笑)

話は戻って香港のお汁粉の話。
もちろん日本のお汁粉に近い「鮮百合紅豆沙」もあります。
小豆を使いますけど、日本と違うのはみかんの皮を干してできた「陳皮」を使うこと。
時々街中でも干してる光景見ることありますよ。知らないと多分何だか分からないような形状ですが。
みかんの香りがほんわか香るお汁粉になります。
あとは百合根とか蓮の実いれたりしますね。

あとはゴマの「芝麻糊」 ピーナッツの「花生露」 杏仁の「杏仁露」 緑豆の「緑豆沙」
くるみの「合桃露」 南瓜の「南瓜露」・・・・・・
香港はこのようなお汁粉や、スープの種類がとても多く、日常的に食卓に登場します。
食材にはそれぞれ特徴や効能がありますから、季節や体調によって選べるわけです。

昨日はハロウィンだったので、「南瓜露」を作ってみました。
本当は百合根入れたかったのですが、夜11時から作ったので・・・・南瓜のみの南瓜汁粉です。
作り方は簡単。南瓜の種と皮むいて蒸し器で蒸し、ミキサーに水と一緒に攪拌した後
グラニュー糖を加えて鍋で煮るだけ・・・。南瓜ポタージュよりよっぽど楽ですよ。

a0132659_7102212.jpg

こちら私が愛用しているレシピ本。
真ん中2冊は日本語、両脇は中国語のものです。
掲載されてるメニューはもちろん似ていますが、日本で出版されるほうが細かく分かっていいかな。
あとは写真とか補足の言葉とかで「そそられる」んですよ。
これって大事・・・・・・・・・・・・こんなのが仕上がるって妄想と期待感に溢れるわけですね(笑)
こういう「そそられ感」がなかったら料理なんてやってられませんよ。
昨日だって南瓜蒸してる段階で、だいぶ妄想入ってましたからね。

その本からの引用になりますが、中国の四気といわれる食養法では
食べ物を「熱・温・寒・涼」に分類するとか。どちらにも分類しないものは「平」
要は体を温めるか、冷やすか・・・・という分類です。

ピーナッツ(平)  滋養効果があり、胃とのどを整える
ゴマ    (平)  脂肪の代謝を促し、冷え性、便秘、肌の乾燥によい
南瓜    (温)  胃を丈夫にして、体力をつける
百合根  (平)  疲労回復、高ぶった神経を落ち着かせる
緑豆    (涼)  体を冷やす、利尿作用、血をきれいにする
陳皮    (温)  胃を丈夫にし、せきを鎮める。解熱効果あり
杏仁    (温)  のどを潤しせきを止め、むくみをとる効果
小豆    (平)  利尿作用、むくみをとる

なんだか食生活に活用したくなりませんか?
食事で内から美しくなる自分の姿・・・・・・・・・・・・・・ぜひ妄想してくださいね。

今日から11月・・・・・・・・・・・・・冬の足音はもうすぐそこです。

今日もありがとうございます。ランキング参加しています。ポチッと1票嬉しいです。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

↓私を食べて体力つけてね by南瓜
人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by MOMO at 2009-11-01 09:47 x
おはようございます。

南瓜露おいしそうですね。簡単にできるって知りませんでした。
mangonaokoさんレシピ本たくさん持ってますねそれで色々作って・・・すごいです。私は作っても豆腐ドーナツとかみたらし団子とか日本の簡単にできるお菓子だけです。今度香港デザートにがんばって挑戦してみたいです。
かぼちゃはかぼちゃってもちろん読めるんですが南瓜だとどうしてもナングワァって読んじゃいます・・・。日本語で読まないで広東語読みしてること多いです。(笑)

昨日の夜は結局主人といつもの友達家族といっしょに3組で湾仔で食事をしてその後時代廣場に行きました。シティスーパーで新潟フェアをやってて色々買ってきました。家に帰ってきたのが0時過ぎ・・・で寝たのが1時なのに今朝は子供に7時に起こされました。眠いです・・・。

Commented by yukalog at 2009-11-01 10:38
こんにちは!!!
かぼちゃ大好きです、ホクホクしたもの美味しいですよね!!
こちら北海道では雪が降りました。初雪です。
吐く息も白いし、ダウンコートの季節がやってきました。
あぁ、暖かいところに逃亡したいです、、、、、
Commented by mangonaoko at 2009-11-01 11:25
>MOMOさん 私はいつもですよ「中国語読み」!
広東語じゃなくて國語(北京語)発音ですけどね~
だから「南瓜」なんて「nangua」ってパソコンでも打って・・・・・・
その他ついつい日本語の文章も単語を無意識に中国語読みしてるから
「なんじゃこりゃ」って変換になってることも・・・・・(笑)
Commented by mangonaoko at 2009-11-01 11:28
>yukalogさん 北海道はもう雪なんですね~
主人が行きたがってます、北海道。
香港人(台湾人も)北海道好きですからね☆

ちなみに主人からの伝言
「香港は暖かいじゃなくて“暑い”場所ですよ~。湿度も半端じゃないです」って(笑)
Commented by yukalog at 2009-11-01 11:41
道産子ですが全然寒いの得意じゃないんですよ。
彼が9月に北海道にきましたが、やはり北海道ブームのようですね。
毎日観光客(台湾人or香港人と思います)を目にしますもん。
今時期は一番微妙なので、イルミネーションがはじまる、
11月後半から12月か、雪祭りのある2月がお勧めです。
食べ物は文句なしに美味しいですしね^^
あ~わたしは灼熱の太陽が恋しいです!!!!
Commented by MOMO at 2009-11-01 14:18 x
また来ました。いつもすいません・・・。

mangonaokoさんも同じなんですね。私もよくパソコン広東語読みで打ってます。ここで生活してるからしょうがないですね・・・。

今日は家でのんびりしてます。子供はやっと温習が終わってアニマックスでゲゲゲの鬼太郎見てます。もちろん日本語です。(笑)

北海道いいですね。行きたいです。主人は年に1回2月か3月にスノボで10日間くらい行ってます。私と子供は子供の学校があるので留守番です・・・。
今日お昼のNHKのニュースで北海道雪が降ってるってやってました。
香港はまだ半袖なのに・・・。北京も雪が降ってすごいみたいですね。
Commented by lei at 2009-11-01 14:29 x
かぼちゃのお汁粉もあるんですね
おいしそう・・・
香港のかぼちゃは甘味が少なくと彼が言っていましたが
そんなに違うものですか?

漢方の熱・温・寒・涼、興味あって今年の初めに
やさしそうな本を購入してみたのですが
結局一度もその本に乗ったレシピを作っていません(苦笑)
先日の緑豆の「涼」、きっと読めば載っていたでしょうね。スミマセン・・・

こちらのブログは海外、日本全国いろんなところから
色んなお立場の方々が集っていらして素敵です。
素敵な店主さんだからこそ、でしょうね(^^)

東京も今日は26度と暑いくらいですが
火曜日には最高気温が14度になるそうです。
気温の変化、気候の変化、皆さま風邪などめしませんように!



Commented by mangonaoko at 2009-11-01 16:52
>yukalogさん 私はと~~~っても寒がりです。
毎日ナツメ食べてるくらいですからね。
以前札幌出身の友人が「東京と札幌の寒さは“質”が違う」と言ってたのが印象的です。比べ物にならないってことですよね。
12月にNY行ったときに、夕方寒くて体が疲れるんですよ。きっとずっと寒いから体が常に力入った状態なんでしょうか。
そのとき「寒さの質が違う」って意味がなんとなく理解できましたけど~

北海道の芋餅好きです☆
Commented by mangonaoko at 2009-11-01 16:59
>MOMOさん 北京の雪なんですね、寒そう・・・・
北京は1月に1度だけ行ったことありますよ。でも偶然その期間だけ温暖で、すっごく気合入れてカイロとか色々持ってたのが使わずじまい。
よかったですけどね。

そうそう中国語のクセ・・・・「哎唷」北京語の発音だと“アイヨ~”
日本語の「あ~あ」とか「あらら」的な意味ですが、東京のど真ん中でも発してしまいます。日本人と話してるときでもね(笑)
パソコン入力時の間違いなら自分で笑うだけだけど、人前の間違え恥ずかしい(笑) 
怎麼了(どうした?) 對了(そうだ) 那個 (えっと・・)・・・などという
最初に発するような単語は無意識なので、頻度高いです・・・
Commented by mangonaoko at 2009-11-01 17:04
>leiさん たしかに日本のお汁粉のほうが甘味は強いかも。
小豆の甘さというより、砂糖たくさんいれてますからね・・・・
だから香港の人は日本のお菓子(和菓子)を甘いというのでしょうか。
どうもあの小豆+砂糖の甘さがダメみたい・・・・・

香港のお汁粉もそれなりに甘いけど、素材の甘さという部分も多いから
「甘い」種類が違うかもしてませんね。
この南瓜汁粉も 400gの南瓜に砂糖60g・・・・でも南瓜の甘さのほうが
強く感じられますから。

新型インフルも勢いがついてるこの頃・・・皆様ご自愛のほどを☆
by mangonaoko | 2009-11-01 07:25 | 医食同源 | Comments(10)