人気ブログランキング |
ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

景色とスーツケースに睨みをきかせて~初めての空港バス

香港の空港に到着して、初めて乗ったリムジンバスは 
citybus(城巴)のA21紅磡站行きでした。

事前に主人に路線を教えてもらって乗り込んだバス
たしか当時はオクトパスカードも持っていなかったので、33ドル握り締めてたのかな。
ツアーの混載バスでもなく、エアポートエクスプレスでもなく
香港人に混じってのバスは、なんだかちょっと1歩進んだような、
小学生の時に1人で電車に乗ったときのような、ちょっと背伸びの大人の世界。

a0132659_12202320.jpg

“降りる場所はわかる?景色見て確認してね”

当時宿泊していたのは佐敦のホテル
“何度も泊まってる場所・・・分かるにきまってる”

青馬大橋を渡り、右手に香港島の夜景が見えてくると
バスはいっきに九龍の雑居ビルの谷間を走り抜けるようになります。
夜遅いフライトで着いた香港の街は・・・・まもなく0時・・・・・・
バスの窓に手をかざして見える景色は、いつも歩くときに見えるものと少し違うような。
スピードの違いのせいか、夜のネオンのせいか・・・・・
気付くともう景色は彌敦道、どうやら旺角まで来ているようです。


“ここまで来れば・・・佐敦はすぐのはず・・・”

バスの中に表示されるバス停名と、窓の景色を交互に確認
長沙街・・・碧街・・・・眾坊街・・・・見たってそんな道の名前分かるわけがないのだけど。

“あ、ここの交差点!!!!”

まもなく日付が変わる時刻とは信じられないような、人の多い彌敦道
スーツケースを引いて降り立ったのは、いつも見る佐敦の景色です。
a0132659_1221666.jpg

それから何度となく利用する空港からのバス
路線もA21ではないけれど
最近はまだ太陽のあるうちに乗ることが多くなったけど
家が変わらない限り、他の路線に乗ることのない空港バス

初めて1人で夜遅くに乗ったときは
1階に置くスーツケースが心配で、停留所ですぐ降りれるか心配で
1階の席を陣取りましたっけね。
そう、座るというより鼻息荒く陣取るという感じ。
全てが不安で、自分の荷物と景色を目を見開いて見てました。
2階のモニターでスーツケース置き場は確認できるけど
基本的に盗られはしないだろう・・・という信用で置ける我が荷物

でも今でもバス停に着くたびに・・2階席の窓からこっそり確認したりしています。
自分のスーツケースが勝手に下車していないか。
だって・・・・お気に入りなんですもの。
欲しかったサムソナイトのスーツケース・・・型落ちの割引でやっと購入した相棒ですもの。

夏に訪れた韓国のリムジンの中でも、相変わらず凝視していた私
途中のバス停で、同じ色同じ大きさのサムソナイトのスーツケースが降りるのを見て
異国のバス車内で大声をあげたりしました。
自分のがまだ車内にあると気付いたのは、その大声とほぼ同時だったけど。

次に機会があれば、空港から違う路線に乗ってみましょうか・・・
久々に味わう「空港からの初リムジン気分」・・・それも新鮮でいいかもね。

↓応援クリック、ありがとうございます☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

看板娘です人気ブログランキングへ
香港生活情報

阪急旅行 海外現地情報ページ(香港) ←更新されました・・今回は紅棗の話
by mangonaoko | 2010-12-02 12:23 | 国際恋愛・結婚