人気ブログランキング |
ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

週6日10時間働く in 茶餐廳~香港で働く人たち

大学時代からの親友で、今も劇団で芝居を頑張ってる彼女が以前こうつぶやいていました。

“飲食業ぐらいしかバイトないんだよねぇ・・・・”

公演や稽古の合間にバイトで稼ぐ生活費、欠かせないけれどフルタイムで働くことも出来ない
その不規則な時間に合うバイトはやはりレストランなどの飲食しかないのだと。
それでも最近は不景気のせいか、その不規則さがマイナスとなりバイト探しも容易でないといいます。
時間があるときは何時間でも働きたい、でも雇用側は1人の就業時間を抑えておきたいとか・・。

a0132659_9103722.jpg

香港に星の数ほどある茶餐廳やレストラン、ここで働く人の総数ってどのくらいなんでしょうか。
私もレストランでバイトするのは大学時代のみだったので、もはや記憶も定かではないけれど
たしか時給で800円くらい、劇場のアルバイトと平行して週に2-3日くらい働いていました。

茶餐廳のランチやデザート
4-5年前に比べると全体的に価格は上昇しています。
人間慣れてしまうと以前のことって忘れてしまうけど、10の位の数字が1つ増えたようなそんな感じ。
朝ごはんは10ドル代がたくさんあったような気がするけど、今は20ドル代が普通かしら。

a0132659_9103514.jpg

大好きな茶餐廳
朝から晩まで人でごった返すような、回転の早いお店が多いけれど
平日の午後に訪れると比較的ゆったりとした空気が流れていたりします。

この茶餐廳で働く人、労働条件どんなかご存知ですか?
基本的には学歴とかさほど問われませんが、そのお仕事の内容は私が経験したものよりずっと大変。
有名な翠華の広告で見たことがあるもので、フルタイムで働く場合ですが
週6日 1日10時間勤務 月給だと8000ドルちょっと・・・・時給に換算しても30ドルくらいとか。

週休2日とか1日8時間労働なんて叫ばれるとは対照的な、この労働条件
あの回転の早いお店で10時間も働く・・・まさに足が棒になっちゃいそうですよね。

その条件に不満を持った従業員が以前お店にそのことを訴えたそうなんですが
当時1日10,5時間だった時間が10時間に、時給も2ドル増えたそうですが
以前は休憩時間ももらえていた給料、休憩時は差し引かれるようになってしまったとか。
結果トータルでは以前より下がってしまった・・・というなんとも皮肉なニュースを読んだことがあります。

a0132659_9103386.jpg

午後の人が少ない時間帯に楽しんだ下午茶

お店の人が砂糖の袋を補充して・・・・トンッ・・・って目の前に置いてくれました。
笑顔がないとか、愛想がないとか言われる香港の店員さん
もちろん全部がそうではないし、もともと日本のような過剰なサービスのない文化だけど
10時間も働いていたら私も無愛想にもなるかもなぁ・・・・なんて想像したりしてしまいました。

その後他のテーブルの砂糖も全部綺麗に補充しているその店員さんの後ろ姿を見て
“お仕事・・・・本当にお疲れ様です・・・”
1杯の飲み物代がそのまま彼女にいくのであれば、ミルクティーおかわりするのにね。
楽しい大好きな茶餐廳は、彼女たちのように一生懸命働く人で支えられているもの
自分のTempoでテーブルを拭いて、食器を気持ち隅に揃えて置いて・・・・・その日はお店を後にしました。


今日もお帰りにポチッと応援いただけると・・・とても嬉しいです。
看板娘:瑠乃(8000ドルは決して高くない)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
鴛鴦茶餐廳へ応援ポチリ

人気ブログランキングへ



香港情報担当しています(12/9更新!)


by mangonaoko | 2011-12-17 09:37 | 香港だより