人気ブログランキング |
ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

茶器の中で黄色に舞う桂花~香り楽しむ私的茶館

鼻先をかすめる花の香りに想いを馳せる・・・・・

そんなことをするほど雅な心も持っていないし、香りで花が分かるほどの知識もないけれど
この花だけはハッとすぐ何の花か分かるような気がします。

桂花:キンモクセイ

a0132659_818293.jpg


紫丁香花という名が印象的だった、薄紫色のライラックもキンモクセイ科の花
フランス語ではリラというのは「リラの花咲く頃」という表現にもあるけれど
1年で一番季節のいい、4-5月に咲くこの花の季節だったのですよね。

オレンジ色の小さな花を咲かせる桂花
私の中で一番印象深いのは愛でる花よりも、香りを楽しむ桂花茶かもしれません。

a0132659_8174074.jpg


茉莉花(ジャスミン) 玫瑰(バラ) 菊花と並んで売られている黄色の桂花
「桂花烏龍」として緑茶や青茶に混ぜて売ってるものもありますが
やはり花だけのほうが香りが格別な気がします。
台湾の高山茶などとも相性がいいので、その日の気分でブレンドするのもこれまたよし。

そして花茶として楽しむ以外に、香港でもよく見かけるのがお菓子でしょうか。

桂花糕

飲茶のメニューやレストランのデザートでもよく見かけるこの品
「糕」というのはケーキのようなものから、寒天で作るお菓子まで指しますが
この桂花糕は、桂花やクコの実などを入れて固めたゼリーのようなものです。

a0132659_8174415.jpg


冰糖と桂花を煮詰めて、ゼラチンで固めるだけのお手軽メニュー
お店ではクコの実や蓮子を入れてたりしますが、黄色の美しさを際立たせたかったので
あくまでも「桂花」のみで作ってみました。

高山茶に桂花を加えたオリジナル花茶に・・・・・茶器に入れて固めた桂花糕
同じように見えるけど茶壷は桂花茶、茶杯は桂花糕なんですよ。

a0132659_8174617.jpg


半分固まった頃につまようじでクルッてかき混ぜると・・・茶器の中で桂花が舞うようになります。
ゼラチンで固めるだけの作業なのだけど、その過程が何だかとっても楽しいのは
子供の頃に初めて作ったデザートってゼリーとかプリンだったせいでしょうか。

もう固まったかなぁ・・・

何度も何度も冷蔵庫覗いちゃったりして
試しに器を傾けてまだ液体状だと知ったときの肩の落としようといったら・・・

春になって美味しい春茶が手に入ったら、烏龍茶のゼリーもいいかもしれません。
キンモクセイは秋の季語だけど、茶葉と黄色い花が舞う姿はやっぱり春のワルツのよう。
まもなく春節・・・・・肌に触れる風はまだ冷たいけれど、心はすでに春を待ってるのですよね。



ランキング参加しております。
お帰りにポチッと応援いただけると・・・とっても嬉しいです。
(週末もどうもありがとう・・・多謝)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
鴛鴦茶餐廳へ応援ポチリ


人気ブログランキングへ



香港情報担当しています(1/5 更新☆)


by mangonaoko | 2012-01-21 08:27 | 鴛鴦茶餐廳より