人気ブログランキング |
ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

中華圏ど真ん中でいただく中式早餐~お粥と炒麺

朝食は和食にしますか?洋食にしますか?

たとえば旅先で宿泊したホテルや旅館でのこんな会話
今までに幾度となく聞いたこの選択肢
でも・・・考えてみたらこんな風に聞かれたことって1度もないかも

朝食は中華にしますか

a0132659_6463741.jpg


だからこそ、台湾や香港のホテルの朝食ビュッフェでお粥があると感動したのでしょう。
日本人観光客の多いホテルだと、中級でもご飯や味噌汁が用意されていたり
欧米人も多い高級ホテルだと、当たり前のようにパンやシリアルも並んでいるけれど
でもそのラインナップにお粥や点心があるのは、やっぱり中華圏だけなのでしょうか。

中式早餐

中華式の朝食って文字を、中華圏ど真ん中の香港で見るのもなんだか不思議
でも茶餐廳や大家樂で食べる朝食は考えてみたら中華というより・・・そう、香港式。
マカロニもパンも目玉焼きも洋食の部類のはずなのに、どことなく香港風ですものね。

a0132659_6464119.jpg


だから香港でも中華の朝食を食べたくなったら、それなりのお店を選ばないといけないのです。
それなりの・・・というのは、単純にお粥専門店を探すしかないのですが。

そういえば日本でも朝にご飯に納豆&お味噌汁を食べたくなったらどこに行くのだろう。
ファーストフードもカフェも、並ぶのはパンやサンドイッチばかり。
それこそ吉野屋に行くほうが純粋な和朝食にありつける確率が高かったりしてね。

a0132659_6464445.jpg


ちなみに香港で言う中式早餐とは、お粥を始め、炒麺・蘿蔔糕・腸粉などを指します。
そしてその量にもよるのでしょうけど、これらを組み合わせて食べるのもいたって普通。

お粥に麺に蘿蔔糕・・・・
ザ・炭水化物って感じなのに、どうして和食のほうが胃に重いって思われるのかいまだに納得いかず
(しつこいようですがご飯に味噌汁のあの和定食、“朝からご飯は重い”って何度も言われます)

a0132659_6463388.jpg


“冷えピタ”らしきものをおでこに貼って、お母さんと仲良く食べる朝ごはん
この子にとって、思い出に残る朝ごはんって何になるのかなぁ・・・・・
大きくなって、もし香港を離れたりして・・・懐かしくなる味って何なのでしょうね。

お粥なのかな
それともちょっと柔らかいマカロニなのかな
それとも焼きたてのパン屋のパンなのかな

アジの開きとご飯を見ると、幼少の頃祖母の家で食べた朝食を思い出す
目玉焼きに食パンとくると、家を出るまで実家で食べた朝食を思い出す

中式早餐

そういう呼び名が存在するくらい、香港も洋食がメインになっているのですよね。
だって和朝食だって今となればちょっと特別、非日常で食べることの多いもの
そして気づいたら、思い出の中で食べたものになりつつある。
炊きたてご飯に熱々のお味噌汁、焼き海苔に納豆で時々むしょうに食べたくなるあの朝食
やっぱり日本人なんだなぁ・・・・

そう、私が感じるようにあの子もいつか感じるのかな
お粥食べたときに・・・やっぱり香港人なんだなぁ・・・・ってね。


ランキング参加しております。
お帰りにT特製タルトポチッと応援いただけると・・・とっても嬉しいです。
(早茶の朝飲茶でいただくお粥も格別です)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
鴛鴦茶餐廳へ応援ポチリ



人気ブログランキングへ



香港情報担当しています(2/6 更新☆~紅豆のおはなし)


by mangonaoko | 2012-02-13 06:48 | 香港文化