人気ブログランキング |
ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

島に佇む66号と124号の郵便ポスト~長洲島

今でこそメールで文章も画像も送れ、大容量のファイルだってダウンロード可能
宅急便を使えば次の日には荷物が届くし、EMSを使えば海外だって2-3日で送付可能
そんな何でも送れる便利な時代に、感覚も慣れっこになってしまったけれど
「文を届ける」って、実はとっても大変で、そしてとっても浪漫があることですよね。

時代劇などで見れる遠い昔では、手紙を届けるのは命がけ、数日から数ヶ月要することも。
飛脚などはどちらかというと近代のものですよね。今では宅急便を彷彿とさせますが・・・。
日本の郵便事業もイギリスから導入されたもの、歴史もまだ150年ほど。
イギリスという意味では香港も同じだけど、こちらは日本より30年ほど前に導入
郵便組織として、香港はアジアでは最古なんですってね。

a0132659_10545768.jpg

そのイギリス時代を彷彿とさせる、刻印のあるポストは香港でもだいぶ少なくなりました。
こちらは124号のポストさん。
香港のポストは全部ちゃんと番号がふられているのご存知です?
友人の話だとこのポストの歴史は相当古いとか・・・・・
もともとこんな風に周りが白く固められていたのかしら?
なんだか歴史の建造物のようですよね・・・・・・


a0132659_105508.jpg

長洲島のフェリー乗り場のすぐ近く、お店が立ち並ぶ一番賑やかな場所
昔の様子は知らないけれど、きっと昔からこの向きで経ち続けているんでしょうね。
木を残して家を建てるように、ここはポストを残して後ろに店を建てたのでしょうか。

あ、ちなみにこの子は66号

その不思議な佇まいに違う意味で長洲島名物になっているようですけど
なんだかおもわず挨拶したくなる、お店の看板娘のようですね。


そうそうそう、昨晩あの福建省の女の子からメールの返事がきました。
どういうわけか本文には何も書かず、添付のワードに文章が綴られていたのです。
QQというメッセンジャーの中のメールという機能を使うので、そのへんの状況詳しくないのだけど
なんだか手紙の封を開けるようなそんなドキドキ感がありましたよ。
だって何も書かれていないメールにワード添付・・・・ってあまりないでしょう?
(違う意味でもドキドキしますが:笑)


手紙ってやっぱりいいものですね。
ずっとあのお店にいるのだったら、お店の住所宛に封書で手紙書いたのにな・・・・
なんて、縁が続けばきっとあるでしょう、いつか手紙を送るそんな機会もね。


ランキング参加しております。
お帰りにタマ特製菠羅油ポチッと応援いただけると・・・とっても嬉しいです。
(励みになります、どうもありがとう)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
鴛鴦茶餐廳へ応援ポチリ



人気ブログランキングへ



香港情報担当しています(香港火鍋のおはなし)


by mangonaoko | 2012-03-03 11:03 | 香港だより