人気ブログランキング |
ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

辛さは「麻」と「辣」と・・・「酸」から成る~湖南料理

a0132659_642743.jpg


韓国人が日本に来て料理を食べると、全般的に甘く感じると言います。
また香港でも売られている日本の固形カレー、香港人にとっては甘すぎるとか。

甘いなどと同じ味覚の「辛い」・・・・中国語では「麻」と「辣」に大別されます。
麻は山椒などで感じる痺れる感覚・・・・麻酔の「麻」はまさにこの意味ですよね。
辣は唐辛子で感じるようなぴりぴりする感覚・・・・日本だとこっちのほうが印象深いでしょうか。
香港や台湾でもよく見る「麻辣」というのは、もちろん辛いという意味なのだけど
厳密にはこの2つの感覚が合わさって「辛い」ってことなんですよね。

よく辛さに強い・弱いと言うけれど、基本的には体が慣れているかどうかとか。
日本の和食には「辛い」という味付けのものがもともと少ないので
そういう意味では日本人はあまり辛さに強くないのかもしれませんよね。
辛さに強そうなタイや韓国の方でも、日本のわさびが苦手という人もいるようですし
(わさびを辛いと表現するかは、人によって違うでしょうけど)
その人の環境や感じ方によって、また違うのかもしれません。

a0132659_642249.jpg

辛い料理として代表的な四川料理
“日本人は本場の四川料理は辛くて食べられない”
なんていう言葉は私も何度か聞いたことがあるけれど、あいにくまだ試したことがありません。
日本で親しみのある麻婆豆腐も、本場のは山椒の味が強くてまさに「麻」の辛さ
「辛口」「甘口」って売られている日本のは、本場から見たらまったく違う料理だったりして。

そんな“辛い料理もさほど辛くない日本”で生まれ育った私
日本にいるときは弱くないと思っていたのに、外へ出て周りと比べると弱いこと弱いこと・・・

あるとき友人が連れて行ってくれた湖南料理のレストラン
湖南料理とは中国八大料理のひとつで、四川料理と並んで唐辛子を使う料理としても有名。
ちなみに同じ辛いでも四川料理は「麻辣」、湖南料理は「酸辣」
同じ辛さでも酸味のある後者、酸辣湯が好物な私もいけると思ったのですが・・・・。

a0132659_642474.jpg

慣れた感じで友人がメニューから何品もオーダーしていきます。
人気のレストランのようで、予約なしでは席につけないほどの盛況振り
どんな美味しい料理が出てくるのか、こちらの期待も自然と高まります。
ビールが好きだったら飲みも進むような、白いご飯が美味しくいただけるような刺激のある味
ゆで卵を揚げて唐辛子で和えた料理など、作り方を想像しながらいただいていました。

ところが・・・・・30分もするとどうも調子がおかしい。
お腹が痛いのでもなく、満腹感とも違う、胃に空気がパンパンに詰まって
もうどんな食べ物も口に入れられないようなそんな気持ちの悪さというのでしょうか。
せっかくの友人との食事の席、具合が悪いなんて水をさしてしまいます。
箸がとまっているのを気づかれないよう、注文したエビアンの水を飲みながら
「楽しくお食事中」を装うものの・・・・・気持ち悪さはひどくなる一方。

“トイレいってくるね”

そう主人や友人に声をかけ・・・・向かったのはトイレでなく店の外。
レストランの入り口には席を待つ人で溢れかえっている状態です。
その人をかきわけて、外のレンガの上に腰をかけて外の空気を吸うことにしました。
お腹が燃えるような、風船になったような気持ち悪さ

“どうしよ・・・・・・全然治らない”

楽しく席に戻れるよう、神様にお願いしながら外で休憩してるとき
数年前に韓国で激辛の冷麺を食べた夜、同じように具合が悪くなった自分を思い出しました。
辛さが慣れなかったのか・・・・いや、そこに「疲れ」が加わったからかもしれません。
どちらもその数日予定を詰め込み体が疲れたときの・・・・「慣れない辛さ」
結局その日は席に戻り、正直に皆に体調が優れないことを伝えることにしました。

a0132659_642954.jpg

“疲れたときに辛いのは刺激が強すぎたかもね~”

友人もそう言ってくれたものの、その日以来私にはこんなレッテルが貼られちゃいました。
“naokoは辛いものに弱い”
それが原因とも分からないのだけど、2度も繰り返していては反論の余地もなく
なんとなく悔しいような、いつかリベンジしたいようなそんな悔しさだけが残ります。

“あのレストラン美味しいからいつかまた行きたいね”

うんうんそうよね・・・と頷きつつ、大丈夫かなぁ・・なんてちょっと不安だったりして。
麻がダメなのか、辣がダメなのか・・・・あぁ悔しい。
でも考えてみたらあんな辛い料理、実家の家では食べた経験なし
舌は慣れても胃は慣れないのかなぁ・・・・なんて、いまだに足掻いていたりする
私の中のちょっと苦い・・・いえいえ「辛い」思い出なのです。



古意湘味浓
上海市静安区富民路89号


ランキング参加しております。
お帰りにポチッと応援いただけると・・・とっても嬉しいです。
(もうすぐ天国へ行って1年・・・・今日もここで寝させてね)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
鴛鴦茶餐廳へ応援ポチリ



人気ブログランキングへ



香港情報担当しています(あの120番のおはなし)


by mangonaoko | 2012-03-23 06:43 | 鴛鴦茶餐廳より