人気ブログランキング |
ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

博多娘より小粒な香港「士多啤梨」~香港でも苺狩り

スーパーなどで苺が出てくると、たとえ気温がまだ冬でも春を感じますよね。

香港でも売られている日本の苺、手軽な韓国産の苺に比べると割高のブランド品です。
そのせいか、香港人が春先に日本へ旅行へ来るとかならずこの苺に感動するとか。
そういえば数年前主人の友人夫妻が東京へ遊びに来たとき
築地の市場かスーパーで奥さんが苺を2パックも買って帰っていました。
もちろん持ち帰るようでなく、その日の晩に美味しそうに食べていましたけどね。

それから・・・ツアーであろう香港のおばさまご一行に遭遇したとき
「1パック398円だったわ!!」って箱で買っている何人もの姿を見ました。
日本の苺・・・やっぱり特別なんでしょうかね。ちょっとだけ誇らしげになる瞬間だったりします。

a0132659_6462845.jpg


香港でも苺狩り・・実はできるってご存知ですか?

もちろんお店に出回っている中に「香港産」はあまり見かけないけれど
新界のほうへ足を延ばすと、そんな貴重な体験を出来る場所があるんですって。
日本のブランド「博多あまおう」とかに比べたら、全体的に小粒な感じでしょうか。
それでも「香港でイチゴ狩り」って響き自体がなんだか新鮮、そんなイメージあまりないですものね。

ちなみに香港での苺のシーズンは年末から今頃にかけて。
日本より気持ち早いでしょうか・・・輸入が多いのでさほど差がないとは思いますが。
日本は今のこの時期が最盛期ですものね、1人暮らしの頃は1度に1パック平らげるほど大好きでした。

a0132659_646257.jpg


オーガニックの香港生まれの苺たち

苺狩りは1人80ドルほどとか・・・・甘くて美味しいと評判らしいですよ。
私はもうちょっと先の季節になったらできる「ライチ狩り」のほうが興味があったりしますが
このライチ、本当は1日に2粒程度しか食べちゃいけないんですよね。
私も結婚前は知らずに旅先でパクパク食べていましたが・・・食べすぎは体に毒。
毒・・・といっても具合が悪くなるというのではなく、吹き出物とかできてしまうそういう意味です。

大棠荔枝園 (HP

最初聞いたときは昔あった遊園地の名前「荔園」かと勘違いしたこの名前
野菜や果物、それから植物などに触れられる香港では数少ない場所のひとつです。

ある展示会で初めて見て触れた香港で生まれた小さな苺・・・・士多啤梨
今度時間があったら香港のオーガニック果物に触れて見ましょうか。
土と繫がっている果物や野菜なんて、大人になってからというもの久しく見ていませんもの。


イチゴとライチ・・・・皆様はどちらがお好みですか?


ランキング参加しております。
お帰りにポチッと応援いただけると・・・とっても嬉しいです。
(アイスが美味しい季節になりますね)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
鴛鴦茶餐廳へ応援ポチリ



人気ブログランキングへ



香港情報担当しています(香港のお金のおはなし)


by mangonaoko | 2012-04-03 06:49 | 香港だより