ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

香港で生まれ育つ、生粋のお野菜たち~不揃いで不恰好で

a0132659_6485720.jpg

皆さまは野菜の産地を気にされていたりしますか。
香港では主に中国大陸からの野菜に加え、各国からの輸入野菜も多く見られます。
でも、「香港産」の野菜もあるんですよ・・・あまり耳にしないとは思いますが。

a0132659_649323.jpg

日本と違って都市部に近い場所にも畑があるわけではありませんが
元朗などの新界には小さいながらも、たくさんの農場が存在しています。
「休閒農場」と呼ばれているこれらの農場、「休閒」とは仕事以外の余暇の時間やお金のことですが
新界や島など、全部で100を超える農場があるのです。

中には土地を貸し出すところや、体験をさせてくれる場所など各地特徴があります。
もちろん出来た野菜を売っている場所もありますので、香港産の野菜を食べることも可能なのです。

a0132659_64914.jpg

そういえば幼稚園の頃、秋になると「お芋堀り」なんていうイベントがありました。
今でもあるのでしょうか・・・・
そうそうそうそう、こういう繫がって小さな芋を自分の手で抜いたりしていました。

a0132659_6485940.jpg

同じく小さく不揃いのにんじんさん。
最近は日本でも香港でも美しすぎるくらいに形の揃った野菜が並んでいますよね。

もちろん美しいに越したことはないかもしれないけれど、これこそ野菜の本来の姿でしょうか。
不恰好でも小さくても・・・野菜は野菜、大地で育つ自然の恵みですものね。
おとぎ話だったらうさぎが抱えていそうなこの人参・・・・なんだか懐かしいそんな風貌です。

a0132659_649920.jpg

義父の夢はいつか小さな農場で自分の野菜を作るということ。
ちょっと遠いけれど、新界のどこかの農場を借りてみようかと主人も検討中のようです。

もちろん野菜を育てるというのは、聞くほど簡単なことではありません。
それでも高層ビルが立ち並ぶ香港で、老いた義父の長年の夢だというのです。
日本でも定年後に田舎で自給自足の生活を・・・・という人も少なくないと聞いたことがあります。
以前見たドキュメント番組では、そこに至るまでの難しさも紹介していました。
でも、夫婦2人で寄り添うように仲良く楽しく生活するその姿が、とっても印象的だったのを覚えています。

a0132659_649523.jpg

摩天楼の街・・・香港

だからこそ人々は緑や土が恋しくなるのでしょうか。
自分たちの場所・・・本地:香港で作る野菜たち
ガイドブックで紹介される香港とはあまりにかけ離れたイメージだけど
ちょっと足を延ばすとこんな自然溢れる活動が行われているのです。

“香港へ行って野菜採ってきました”

そんな体験もこれまた面白いかもしれません。




休閒農場


ランキング参加しております。
お帰りにポチッと応援いただけると・・・とっても嬉しいです。
(鴛鴦茶餐廳はどこ?~アンケート実施中☆)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
鴛鴦茶餐廳へ応援ポチリ




人気ブログランキングへ



香港情報担当しています(香港の懐かしスイーツの話)


[PR]
Commented by lei at 2012-04-23 23:26 x
義父の畑、来てみます?
なんて遠すぎてたどり着くまでに日が暮れてしまうわね(^^;;
義父も完全無農薬ではないけど、自然の肥料で作ってます。
義父の作った野菜はやはり安心。
Commented by mangonaoko at 2012-04-24 07:51
>leiさん
まぁなんて素敵なお話☆義父行ったら喜びますわ!
なんて、1回だけの見学会でも楽しいかも・・・いつかそんなことも実現できたらいいですね。
作り手がわかってるものってやっぱり何でも安心。大量生産が多いなかで、本当に希少ですもの。私も最近はお花とか野菜とかちょっと自分でやりたいなぁ・・(ってプランターレベルだけど)興味出始めてるんですよ。・・・・・年とったってこと?(笑)
by mangonaoko | 2012-04-23 06:53 | 香港だより | Comments(2)