ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

常に寄り添うトイレとシャワー~朝は争奪戦

自分にとって当たり前の習慣が、他人から見ると不思議なことってあるものです。

以前一人暮らしをするのに部屋を探すとき、条件のひとつに選んだもの
「バス・トイレ別」
日本では別々が当たり前だけど、狭いワンルームなどは時には同じ空間だったりします。
あれは一人暮らしだから成り立つものだと思っていたけれど
考えてみたら海外のホテルに泊まると、たいていのホテルは同じだったりするのではないでしょうか。
旅の数日間だからいいけれど、何気に気を遣うそんな状況ですよね。

a0132659_6425756.jpg


“香港の住宅はトイレとお風呂が一緒なのっ???”


あるとき主人の話の中の「トイレ」というキーワードに私の父が反応しました。
そう、香港の住宅ではバス・トイレ一緒が一般的。
もちろん高級マンションや豪邸は別だと思いますが・・・・。
そうそう、私の知る限り台湾もそうだったような気がします。
以前台湾の叔母の家に泊まったときも、友人宅に泊まった時も、友人の友人宅に泊まった時も
シャワールーム・トイレ・洗面台は同じ空間に存在していました。
それゆえ毎朝誰よりも早起きし、洗顔・歯磨きなど全て終えてスタンバイ。
叔母を始め家族が朝の争奪戦を繰り広げる中、優雅に台湾の朝のニュースを見ていたものです。


“じゃぁ・・・誰かがシャワー浴びてたらトイレ入れないの??”

お腹の調子が緩くなりやすい父が心配そうに主人に尋ねています。
当たり前です、誰かが浴びていたらトイレどころか歯も磨けません。
今行こうと思ったら、誰かが入っているので断念することなんて日常茶飯事。
たとえ家族であっても自分がシャワー浴びてるときに、入られるのは嫌ですものね。

“まぁ不便だと思います・・・でも、生まれたときから普通だったから”

主人も日本のようにお風呂とトイレが別のほうがいいと思っています。
でも香港ではそれが普通、だから別段何も感じずに生活していたんですよね。


a0132659_6425558.jpg


“誰もその文化変えようとは思わないの?だって不便でしょう?”

誰かがシャワー浴びてたら、どんなに緊急でもトイレに行けないその状況が想像でも辛いのか
しつこいくらいに主人にそう提案する父。
でもね、たとえばこう考えてみたとしましょう。
アメリカの広い広い家では一軒に2個以上のトイレが当たり前
そこに住む人が、日本の「一家に1個のトイレ」という状況にとても驚きました。
そしたらその人はきっとこう言うかもしれません。

“日本はトイレ1個しかないの?じゃぁ他の人入ってたら入れないじゃない
不便と思わない?どうして2個作ろうとは思わないの??”

そしたら私も父もやっぱりこう答えるのです・・・

“でも・・・ずっとそうやって過ごしてきてそれが普通だから・・・・”


歯磨きの途中なのに、部屋にちょっと戻った間に家族にトイレに入られ何分間も磨いた朝
急いでもないのに「今しかないっ!」と畳み込むように身支度したりする日
早起きし、誰も起こさないように物音たてないで洗顔していた台湾での朝

不便といえばおおいに不便だけど、香港人は生まれたときからこれが日常なのでしょう。
そういえば友人の家には、なぜか「バス・トイレ」の部屋が2つありました。
新しくて広めの家はそういうことも多いとか・・・・区別するとしたら「家族用・お客用」
たしかにお客として訪れたらそれは便利だけど、それでも常に離れないバス・トイレ

夢に見ているマイフォーム購入
リフォームはまずトイレ・バスをいかにうまく区切るということから始まるかもしれません。







鴛鴦茶餐廳 今日も営業中



香港情報担当しています(中国茶の話)

[PR]
Commented by nicho at 2012-05-08 07:12 x
わかります。
我が家はバス・トイレが一緒です。
朝もシャワーを浴びたりするので、争奪戦です(笑)
慣れてしまうと苦ではないですよね?
バス・トイレが別なのってやっぱり日本だけなんですよね?
慣れてしまえば平気!!だけど、やっぱり希望は別ですかね~?
Commented by mangonaoko at 2012-05-08 07:50
>nichoさん
朝シャワー浴びるとなると 争奪戦も加熱しますね(笑)
スペースを有効には使えるかもしれないけれど、でもそんなに変わるのかしら。他の国ってどうなんでしょう・・・・別々って日本だけなのかしら。それとも「湯船につかる」という文化があるからこそ別なのかしら。もともとは水洗トイレがない時代、一緒なんて無理ですものね(笑)
私はやっぱり別がいいかなぁ・・・・・小さなストレス軽減しますから。
by mangonaoko | 2012-05-07 06:44 | 香港文化 | Comments(2)