ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

洋服は直して・・そして箱に戻して~舊衣回收箱

a0132659_21312396.jpg

会社の経営不振によって、リストラとなった空中小姐(CA)の女性
今まで毎日身にまとっていた制服を、家の近くの大きな箱にそっと入れていました。
初めて袖を通したときの喜びや、その仕事に対する愛情や誇りを思い出しながら・・・・

これは今見ている台湾のドラマのある場面だったのだけど
香港と同じように台湾にもあるのが、この「舊衣回收箱」
色の違いがあれど、香港も各地に設置されています。
蓋を開けて入れたら中に滑り落ちるような構造、日本だとレンタルCDや図書館に見られる
「時間外回収ボックス」のようなそんな感じでしょうか。

時々クローゼットの中を整理すると、もう1-2年袖を通してない洋服があったりします。
面白いことにまたしばらくすると着だしたりするものもあるのだけど、たいていが箪笥の肥しでしょう。
買う洋服があるのだから必然と増えていく・・・・・「もうこれ着ないよね」そうやって見切りをつけることも。

でも・・・・・その洋服、実はまだ十分着れるものだったりするのですよね。
縮んだとか、色あせたとか、シミついたとか・・・・・それから“飽きた”とか・・・・・

a0132659_21312010.jpg

買ったときに裾上げをすることはあっても、よほどのことでないと仕立て直しってしないかも。
仕立て直しをしなければいけないほどサイズ違いがないのもあるけれど
そもそも「直して着る」という発想が、自分の中で薄くなっているのかもしれません。

合適

「ちょうどいい」という意味のこの言葉・・・・この仕立て屋さんの名前のようですね。

女姉妹で育った私、妹は私のお古の洋服を着ていました。
独身時代、実家でゴミ袋にもう着ない洋服を入れてベランダに置いておくと
翌朝には母が「まだ家で着れる」と、何着かが部屋の中に戻ったりしていました。
主人は靴下を買うとき、かならず同じものを2足買います。
なぜなら片方に穴があいても、ペアを買えればまた履けるようになるから。

大量生産で安く洋服が買える時代
安くなくとも、生活レベルが上がった現代は洋服に決して困りはしない。
だから・・・・「直す」のではなく、「買い換える」が当たり前。時にはそのほうが安いから。

香港の街でよく見かける仕立て直し屋さん。
たいていがおじさん1人でミシンを動かしてる小さなお店だけど、見かけるとホッとするのはなぜでしょう。
お店に灯かりがついてるということは、利用する人がまだいるということ。
自分はあまり利用したことがないのに、ホッとするなんてなんだかおかしいけれど
当たり前になってる習慣も「仕立て直し」できるよう、私もせめてそういたいものです。



鴛鴦茶餐廳へ応援ポチリ



香港情報担当しています(トラムの話)

[PR]
Commented by nicho at 2012-06-15 10:34 x
タンスの肥やし…。ありますね~。まだ着られる!!とか、また着るかな?で、何年か眠っているのが…。
最近ミシンを購入したので、リメイクしてみようかな?っては思っていますが、家庭科の成績かなり悪かったから(ーー;)
出来上がりが想像できてなかなか手をつけられずにいます(笑)
まだ着られるモノや使えるモノはなるべくリメイクして使いたいと思ってるんですが…実行に移せるようになれたらいいなぁ(⌒‐⌒)
Commented by lei at 2012-06-16 00:36 x
実は島の街市にもあります。改衣店。
ちょっとだけ短くすればまだ着られるスカートや
伸び切った袖のジャージ素材の羽織もの
ギャザー部分がほころびてしまったワンピースをひと工夫して再生など
何度か利用しました。助かっています。
Commented by TOUKO at 2012-06-16 08:31 x
私も姉のお下がり、よく着てました~小さい時はお出かけ用の洋服はお揃いの事も多くて自分のが着られなくなっても姉のがあるから長い事同じデザインの服を着るハメに(笑)

気に入って着過ぎて袖口が少し擦れてしまった冬のコートがあって、次に同じお店で買った似たようなのもあって袖口以外は綺麗だし袖の短いコートにするとか出来ないかなーと取ってあるのが三枚もあるんです・・だいぶ、くたびれちゃったけど洗い張りや染め変えしたら綺麗になりそうな着物も仕舞ったまま・・そろそろなんとかしようと思います。
"仕立て直し"って改めて考えるとステキな言葉ですね。
Commented by かおり at 2012-06-16 08:46 x
ああ こういう写真(仕立て屋さん)見ると心が躍りますー香港ならではの夜景や街の写真も好きですが、こういう、普通の小さいお店の写真ってなかなかお目にかからないので、萌えーです(古い?)香港って本当にフォトジェニックですよね♪漢字のせいかな・・・?
昔は私もよくフリマで服売ったりしたもんですが、、、最近は日曜日の子供会の古新聞古着の回収に出してます。コレも一応リサイクルかな?ちょっとしたお直しは母に頼んでます・・・自分で器用にできたらいいのになぁ。でも最近、服だけじゃなくて自転車とか、パンクしても、小さいお店で直してもらうより、大型店で新しいの買ったほうが安かったりするんですよね・・・
Commented by mangonaoko at 2012-06-17 19:37
>nichoさん
最近はユニクロを始め安く買える時代になりましたものね。特にこういう安いものは実際何年ももたなかったりするし、古くなったら買い替えるほうがいいのかもしれません。
でもたとえば気に入ってそれなりの値段出したものって長く着れたりしますよね。こういうのは古くなったりしても、ちょっと手を加えていきたいなと思います。「お直し」なんてこと自体が薄くなっている現代だけど、こういうお店を見ると「そうそう、こういうの忘れちゃいけないよね」って気が引き締まる感じです。物も食べ物も豊富すぎるのはダメですね。
Commented by mangonaoko at 2012-06-17 19:40
>leiさん
香港はこういうお店のある率高いですよね。それだけ利用する人がいるってことでしょう。路地の中にあるとか、本当に「個人経営」という感じのお店が多いですよね。昔の面影を残す街などは、歩いていると何軒も遭遇したりしますもの。
私もセーターがほつれたとかは自分でやっちゃいますけどね(裏はどうなっても人には見えないし:笑)今手元にある洋服で一番古いのは13年前に買ったものかなぁ・・・・・気づいたらそんなに経っていて驚くのだけど、もっともっと頑張ってほしいわ。
Commented by mangonaoko at 2012-06-17 19:44
>TOUKOさん
私は上の子だからお下がりの経験はないんですよね~。まして子供時代は背が高かったから(成長早かったので:笑)誰かから洋服もらうってことも少なかったようです。着物は絹ということもあるし、帯とかもリサイクルしやすいですよね。私も母の袋帯をバックにしたことがあります。柄が柄だからなかなか使用頻度は高くないのだけど(笑)着物の洗い張りも値段が安くないからなかなか手がでませんでしょう?(私がそうでした)
自分でリメイクできなくても、こういう回収ボックスあるのはいいですよね。ただ捨てるだけでなく何かに役立てそうですもの。
Commented by mangonaoko at 2012-06-17 19:47
>かおりさん
たしかに洋服以外の家電製品とかも買い替えるほうが断然安いこと多いですよね。自転車もパンクとかして全部直すよりは、安いホームセンターで買うほうが安かったりして・・・。
そうそう子供時代ってバザーとかよく行っていました。家で眠ってる不用品を出してけっこう売れるんですよね。フリマと同じなんでしょうけど、学校の体育館とかで開催されていたのに友達とよく行っていた記憶あります。
このお店・・・名前が印象的で撮っちゃいました。かおりさんの思い出の中にもこんなお店残っていますか?
by mangonaoko | 2012-06-14 21:53 | 香港だより | Comments(8)