ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

トラムに揺られて東から西へ

a0132659_15445187.jpg

叮叮

個人的にこの呼び名が好きな香港トラム。
漢字で書くと以外にも香港電車だったりするんですよね。
まったく香港を知らない人が見たら山手線のようなそういう電車を想像するのでしょうか。

このトラム、香港島(のトラムレーン近く)に住んでるとかでない限り、
生活の中で乗る回数って実はそれほど多くありません。
たとえ香港島で勤めていても、急いている時には決して選ばないトラム。
私のように時々香港島に行く身でも、よほど時間か気分に余裕がある時か
あるいは日本からの友人を連れて、という条件でもない限りなかなか乗ることがないのです。

a0132659_15441488.jpg

筲箕灣

トラムの西側の終着地点。
グルリと円を描くあの風景が有名な場所ですよね。

トラムの終着駅と地下鉄の駅が隣り合わせという条件の割りにはローカル度が高い場所。
駅付近には昔ながらの露店街市や古いお店がいくつもありますよね。

a0132659_15441954.jpg

そのトラムの終着駅で出会った1匹のワンコ。
誰かが置いていったのか、ここの関係者の人がわざと置いているのか。
なんとなくこの子の定位置のごとく、安定しているように見えるのだからおかしなもの。

a0132659_15442459.jpg

秋と冬だけ見られるこの景色。
左側はまだ干したばかりの新鮮な皮、でも右側の奥のほうはもう時間が経った皮が干されていました。


a0132659_15442892.jpg

今では有名すぎるほどのスポットになった怪獸打廈。

といってもこれは俗称であり、本来は福昌樓 、益昌樓、益發樓、 海山樓 、 海景樓の5つの建物から成り立っています。
外国人観光客だけでなく香港人も撮影に訪れるのですが、反面ここの存在すら知らない香港人もいるんですよ。
でもよく考えたら東京に住んでる日本人だって東京の全てを知りはしませんものね。


a0132659_15443282.jpg

トラムが通ることで有名な北角春秧街。
街市に立ってトラムを撮るか、トラムに乗り込んで街市を撮るか。

どちらがお好みです?

a0132659_15443768.jpg

どこでもあるようでない糖水店。
何時間もかけてコトコト煮る、ほっこり優しい味のする香港伝統スイーツです。
時に日本と同じように冷え込む冬は、ピリリとするこの生姜の味が恋しくなったりします。

a0132659_15444287.jpg

同じく北角の油街實現。
最近はまわりのマンション建築が激しく、なんだかビルの狭間にひっそりとあるような感じになってしまいました。


a0132659_15450229.jpg

中環の都爹利街:Duddell Street

現役でこの場所を灯し続けるガス灯と、150年の歴史があるこの階段。
150年前この階段の上から眺めて見える景色って一体どんなだったんでしょう。
ビクトリア湾も少しは見えたりしたのかな。


a0132659_15445707.jpg

先日ある香港人からこんな質問を受けました。

日本人にとっての香港らしさって何ですか?

日本人とひと括りに言ってもそれぞれですものね。
旅行か住んでるか、住んでいてもどんな環境かによっても見えるものは異なるものですから。
でもその一つに入るのはやはりイギリス時代の名残でしょうか。
ヨーロッパだけどでもそこにアジアが交わっているから面白い。
それは歴史的にも地理的にもずっと外国と交わらない、日本から見たら何より特別なのかも。


a0132659_15445505.jpg

先ほどの怪獸打廈と同じく、撮影スポットのひとつ。
新しく出来たというわけではないのに、ここ最近の注目度はすごいものです。
通りすがりに寄ったらあまりの人の多さに腰抜かしそうになりました。

単純にここを通ろうとしていた香港おじさんが舌打ちしてましたけどね。


a0132659_15444524.jpg

暖かい香港の樹は生命力が強く、ダイナミック。
地面にも壁にも根を張ってその存在を主張する樹、香港の至るところで目にします。

堅尼地城のこの樹もまさにそう。
いったいどれだけの時間をここでこうやって過ごしているのでしょう。

“便利でお洒落になっちゃってよ”

なんて言ってそう。

a0132659_15444801.jpg

香港公屋(団地)好きとしては、描いてみたい場所のひとつ。
地形的になかなかいい構図の写真が撮れないのが難しいところなのです。

a0132659_15450680.jpg

香港らしさ

摩天楼にトラムにスターフェリー、
西洋と東洋が織りなすハーモニー的な空気、
混沌とした日本にはない雰囲気

って言葉では表現できるけど、自分自身にとって一番の“これ”って何だろう。
それって実は“日本らしさ”を聞かれるのに等しいくらい難しいのかもしれません。

もしかしたらここを離れた日に初めて分かるのかな。
失ったら見えるもの、って失う前にはなかなか見えないものだから。






【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)

【香港~1月】10:15~12:15
平日:4日(四)9日(二)15日(一)23日(二)
週末:7日(日)20日(六)27日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪
(お申込みお問合せは watercolor.yuanyang@gmail までどうぞ)


鴛鴦茶會~水彩Workshop~vol 14 @東京

2月10日(土)12:00~15:00 満席
2月11日(日)11:00~14:00 残りわずか
2月12日(祝)12:00~15:00 受付中

会場:東京恵比寿
会費:4800円(各日)※ワンドリンク、題材、水彩用紙、水彩絵の具(共有)、お土産(2018年揮春、エトセトラエトセトラ)付
水筆、パレットお持ちでない場合は別途800円で準備します。

☆お申込み方法☆
お名前、ご希望日、筆パレット申し込みの有無、当日ご連絡可能な携帯番号をご記入の上、メールにてお願いします。
watercolor.yuanyang@gmail.com







[PR]
Commented by neruton at 2018-01-19 10:35 x
naokoさん、こんにちは!
怪獣大夏、ハリウッド映画に出たって知ってました?
トランスフォーマー/ロストエイジの最後の方に出てきます。
すごい迫力あるので見てください。
ここ↓で少し見れます。すごいですよ。
https://youtu.be/ouINzFoaLQs
九龍城もブラッドスポーツっていう映画に出てるみたいですね。
ところで、怪獣大夏の2つ後の写真は何ていう食べ物ですか?
今度食べてみたいです^^
Commented by mangonaoko at 2018-01-22 09:26
>nerutonさん
外国の人にとって(日本人も含めて)この景色ってまさに香港なんでしょうね。高所恐怖症ではありませんが、この映画の中のようにこのビルの端っことか怖くて走れません(笑)見てる分にはいいですが、とっても古いですから~。
写真は糖水店で食べた芝麻湯圓です。ゴマのお団子ですね。スープが生姜が効いているので、秋冬に食べると気持ちも体もほっこりします。次回ぜひぜひ♪
Commented by hongkonggaffe at 2018-01-27 12:29
ほんと、そうですねぇ。香港らしさって、離れた日に初めて分かるものなのかなぁ。…ふと思い出したことが二つ。
かつて、返還後の香港を思い描いて海外に移住した人々が「自分のソウルフードをやっぱり思い出す」みたいなことをおっしゃってて。その中に入ってる大多数が、茶餐廳や粥麺店・燒臘店で気軽に食べられるものたち。親族の結婚式や何かの用事で香港を再訪する時、真っ先に食べたい物なのですって。
茶餐廳つながりで もう一つ思い出したのは、こちら鴛鴦茶餐廳が開店した頃にnaokoさんが書いてらしたブログ名の由来というか想い。その頃の地を離れ香港在住の今、想う “ 香港らしさ ” は、多少変わりましたか?
Commented by mangonaoko at 2018-02-02 12:15
>こえださん
たとえば香港に来て日本の食べ物で恋しいもの。
卵かけご飯とか、新鮮なシラスや明太子。ひじきの煮物や、豚汁に握りたてのおにぎり。
どれも質素なものばかりなんですよ(笑)お寿司とかじゃないんです。

自分の中の香港らしさに大きな変化はないけれど、住んでいると色々なことに遭遇するから、良いと思ってたことも曇って見えることがあるんです。でも何事も背中あわせだからって消化するようにしています。
by mangonaoko | 2018-01-17 16:28 | 香港だより | Comments(4)