ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

叉燒の相手はご飯がお好き?パンがお好き?~鴻師傅

a0132659_09054418.jpg

甘い甘い叉燒
日本で食べるものとは異なる味わいなのが香港の叉燒です。
香港ではいたってポピュラーなおかずのひとつなので、スーパーの総菜コーナーにもかならずあります。
お味のほうは本格的なレストランには適いませんが、ちょっと麺に入れたいとかそういう時は便利なもの。

でもそんな風にいつでも食べれるとなると、思いのほか日常生活の中に入ってこなかったりもします。
以前日本の友人とチャットで話している時、私は持ち帰りの叉燒飯、友人は同じく持ち帰りの海鮮丼が目の前に。
お互いに「い~な~、それ食べたい!」と言い合ったものです。
そんなものですよね。

a0132659_09055256.jpg

1か月に1回食べるかどうかの叉燒飯なのですが、先日久々に美味しいと思えるものに出会いました。
場所は觀塘の駅近くにある東廣場。
駅を出て海側の工業地帯方面にあるビルの1階に位置します。

近くで開催していた週末マーケットに参加した帰りの初訪問。
7時間程度とはいえ、終日接客をするマーケットというのは想像以上に体力気力を消耗するものです。
そこに“外国語で対応”という条件が加わると、若くないせいかもしれませんが終わるとまさに放心状態。

どこでもいいから、近くで落ち着いて座って食べたい

という簡単なようで、難しいこの要求を全て叶えてくれたのがこちらのお店。鴻師傅。


a0132659_09060504.jpg

一見フードコートのようですが、一応ガラス張りになった店内というのも存在します。
ただこちら半セルフサービスなので、注文はレジに行って自分でするというスタイル。
大家樂などもそうですが、注文後に自分の注文番号を呼ばれたら取りに行く、という流れです。

別にたいした手間じゃありませんし、これで逆に価格が抑えられるならお客としては嬉しいもの。


a0132659_09054869.jpg

ということで定番の叉燒飯+目玉焼き。
肉厚の甘いジューシーな叉燒、これが50ドルちょっとで食べれるのならファーストフードに行くよりいいですよね。


a0132659_09055698.jpg

そしてもうひとつ気になったのが、下午茶限定で提供される叉燒ハンバーガー。
ご飯を食べるほどではない時などちょうどいいボリュームですよね。
平日は午後2時半から、週末祝日は午後1時半からオーダーできるそうですよ。


a0132659_09060176.jpg

またお隣に同じ系列のデザート店もあるので、同じテーブルでデザートの注文も可能。
叉燒飯に香港糖水、こんな風に欲張りに両方楽しみたい時にはありがたい立地です。

結局マーケット開催時の2日間とも連続で訪れた鴻師傅。
もちろん叉燒飯以外のメニューも豊富、今なら煲仔飯だっていただけちゃいます。

叉燒に合わせるのご飯とパン、どちらがお好みです?
ご飯ならお昼か夜、パンなら午後遅めですよ、お忘れなく。



鴻師傅
觀塘成業街7號東廣場地下26-31號舖






【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩ワークショップ)

【香港~2月】10:15~12:15
平日:5日(一)20日(二)22日(四)27日(二)
週末:3日(六)4日(日)24日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪
(お申込みお問合せは watercolor.yuanyang@gmail までどうぞ)


鴛鴦茶會~水彩Workshop~vol 14 @東京

2月10日(土)12:00~15:00 満席
2月11日(日)11:00~14:00 残りわずか
2月12日(祝)12:00~15:00 受付中

会場:東京恵比寿
会費:4800円(各日)※ワンドリンク、題材、水彩用紙、水彩絵の具(共有)、お土産(2018年揮春、エトセトラエトセトラ)付
水筆、パレットお持ちでない場合は別途800円で準備します。

☆お申込み方法☆
お名前、ご希望日、筆パレット申し込みの有無、当日ご連絡可能な携帯番号をご記入の上、メールにてお願いします。
watercolor.yuanyang@gmail.com


[PR]
Commented by hongkonggaffe at 2018-02-01 19:34
うはぁぁぁ〜。叉焼の姿、たまりません。叉焼って店によって(或いはその時間帯にあてがわれた部位によって)色々ですよね。ちょっとパサつき系のもあるし、【蜜汁叉焼】っていう言い方がいかにもピッタリな照り照り柔らか系のもあるし。
様々ある中でも、naokoさんが記事で載せることがある叉焼って、例外なくいつも美味しそう。適度に脂がのってそうで、プルルンて柔らかそうで。そういうのが自分の好みだからか、毎回ノックアウトされてます。…こちらのも良いなぁ。お疲れの後のこの叉焼飯、美味しさ2倍増しだったでしょうね。
“自分好みの叉焼を切ってくれるお店を1軒持ってる事”って、香港で暮らす上で とても大事な気がする(笑)。
by mangonaoko | 2018-01-24 09:29 | 餐廳 | Comments(1)