ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧

手作りジャムと富士山パンナコッタ~吾子果醬 nggy jam jam

a0132659_21571390.jpg


もう何日この暑さが続いているんでしょう。
3-4月は例年より気温が低い日も多かったので心のどこかで油断していたかもしれません。
ところが5月になったら一気に夏、特にここ最近は最低で28-29度、日中は33-35度という猛暑続きなのです。
月末といえどまだ5月、ピークの7-8月にはどんな事態になるんだろうと心配になるくらい。

帽子とか日傘でよけたところで、この体にまとわりつく熱気が体力を消耗。
本当に歩いたら溶けちゃいそうなそんな暑さなんですよ。



a0132659_21571032.jpg


そんな溶けそうな暑さの中やってきたのは荃灣の工業ビル。
1本道を間違えたせいで必要以上に歩く距離を増やしてしまいました。
なのでやっと到着した時には頭のてっぺんから汗が噴き出すような、そんな状態だったのです。

吾子果醬 nggy jam jam

以前香港の友人が行ったという話を聞き、ずっとフォローして興味があった場所。



a0132659_21562394.jpg
a0132659_21563440.jpg
a0132659_21563101.jpg



手作りジャム。

がメインなのですが、こちら週末だけ開放。
商品はインターネットで購入も可能ですが、やはり直接触れてみたいですよね。
午後1時の開放すぐに到着したこともあり、店内には男性スタッフが1人のみ。
きっと頭から湯気が出ているのが見えたのでしょう。

“とりあえず座って休んで”

とすぐにお水を用意して持ってきてくれました。


a0132659_21563794.jpg


ジャムが所せましと置かれているのかと想像していたのですが、実際は雑貨などもたくさん。
またご自由にどうぞ、という雑誌は嬉しいことに日本のものばかりです。
雑誌ってわざわざ持っては帰らないし、かといって日本滞在中に読む時間もないし、
こんな風に手に取ってゆっくり見るってここ数年はほとんどゼロなのです。



a0132659_21564046.jpg


台湾のお茶や日本で買い付けた陶器など。
もちろん購入可能ですよ。


a0132659_21564309.jpg


個人的に気に入った猫の置物。
ただ香港はこういうの簡単にカビがはえたりするので要注意ではあるのですが。



a0132659_21564556.jpg



手作りのフルーツジャム。
パッションフルーツやパパイヤ、グァバやラズベリーなど種類も豊富です。
お値段はすべて78ドル。


a0132659_21564709.jpg


一番奥はなぜか自転車スペース。
何でも別の人との共同で、自転車のカスタマイズや修理などもやっているとのこと。
自分の自転車持ってきてメンテナンスするのも可能なのだとか。
もちろんその際はここでドリンクなど注文して、ですけどね。



a0132659_21565074.jpg


香港で自転車、というときっと多くの人が荷物を運んで走るあの姿を想像することでしょう。
でもここ最近は普通(?)の自転車人気も高まりつつあるんですよ。
もちろん走る場所に限りはありますが、土地が狭くて自然が近い分面白い部分も多いかもしれません。
新界エリアなどは最初から自転車用ゾーンが確保されていたりしますものね。


a0132659_21570382.jpg

薄い帽子だな、と思ったら自転車用の帽子なんだとか。
ヘルメットの下に被るためのものだからこんな風に薄いんですって。
そのまま被ると水泳のキャップみたいになっちゃうのかな。
あいにく鏡がなかったので被った自分の姿は確認できず。


a0132659_21565335.jpg


簡単な飲み物やデザートはあると聞いていたのですが、これも思ったよりメニューが豊富。
こちらは本日(というかこの週末)の食べ物メニューです。
ドリンクメニューは別になっていました。


a0132659_21570009.jpg


さすがにちょっとシュワシュワしたい気分だったので、檸檬ソーダ。
基本的にフルーツシロップを割るので、ソーダか紅茶から選択が可能です。
シュワシュワしたいので迷わずソーダでね。


a0132659_21565883.jpg


こちらは同じくソーダでも苺バージョン。


a0132659_21565531.jpg


飲み物に使うシロップも手作り。
自宅でもこんな風に出来たらいいですよね。
こういう場面に遭遇するたびにモクモクと想像というか妄想だけは広がるのですが、実現にはまだ至らずじまい。


a0132659_21570521.jpg


檸檬タルトとどっちにしようか迷った挙句に頼んだ3色トースト。
ジャムは自分で好みのものを3つ選ぶことが出来ます。
上からグァバ、ストロベリー、桃の3種類です。
もちろん全てがここで作り販売している手作りジャムですよ。


a0132659_21570834.jpg


美味しい飲み物や食べ物に、久々に手にする日本の雑誌。
自分の家のようにどっしり寛いでいた私たちに、サービスで出してくれた富士山パンナコッタ。
牛乳に蝶豆花で青く色づけしたというもの。
日本人としてはこの色、日本の伝統色に近い風合いで落ち着くものです。
赤と白の器もこの可愛い富士山にマッチしていますでしょ。



a0132659_21562766.jpg


同じ買うなら香港人個人が頑張っている場所で求めたい。
種類が何であれ、個人でやっていくのは本当に大変。
まして家賃が高く、ライセンスが厳しいここ香港ではなおさらのことなのです。
でもそういう場所のほうが個性があり、面白いストーリーがある。

吾子果醬 nggy jam jam

ジャムを買いに工業ビルへ。
なんていうスタイルもなかなか面白いでしょ。



荃灣柴灣角街道榮興工業中心20樓11室
(通常は週末のみ、13-19時開放)




↓応援クリックいただけると嬉しいです↓




【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩イラストワークショップ)

【香港~6月】10:15~12:15
平日-佐敦 7日(四)12日(二)19日(二)29日(五)
週末-尖沙咀2日(六)16日(六)24日(日)30日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪
(お申込みお問合せは watercolor.yuanyang@gmail までどうぞ)



[PR]
by mangonaoko | 2018-05-27 22:49 | 香港だより | Comments(0)