ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
読者になる

100年を越える建物と60年のマンゴーツリー~大館

a0132659_09124107.jpg


中環のハリウッドロード
そこで長い間工事をしていた場所が、今年5月末にようやくオープンとなりました。

大館

ハイウッドロードやヒルサイドエスカレーターから目にしたことがある人はきっと多いはず。
昔の中區警署、そのエリアが新しく生まれ変わっての登場なのです。

こちらはハリウッドロードから直接入る入口。
入場は無料ですが事前の登録が必要になります。
手続きは簡単、メールアドレスかフェイスブックでここのアカウントを作成し、
希望の日時で申請するとQRコードの入場証がメールなどで送られてくるのです。
平日などであれば当日でも入れるかも、という話も耳にはしますが、
特に短い滞在内で訪問したい場合は事前の登録がやはり安全。



a0132659_09124409.jpg


入口でQRコードを係員にピピッと見せて、さぁいざ入場です。
敷地内にはいくつかの建物に分かれていますが、
その中でも前中區警署、中央裁判所、それから域多利監獄は法定古蹟。
裁判所以外は1840-60年建築ということなので、軽く150年の歴史を持つということですね。

こちらがこの中でも最も歴史が長い前中區警署。
ハリウッドロードから見れるのがまさにこの4階建ての建物です。


a0132659_09340618.jpg


中では今香港で一番人気であろうイラストレーター飛天豬さんの展示などが開催されています。
そのほか樂茶軒茶藝館なども入っているので、見学途中にちょっと休憩なども可能。



a0132659_09125578.jpg
a0132659_09125108.jpg


地下の展示で最初に目に入るのはどういうわけか賑やかな香港人の話し声がするこのエリア。
人数の割りには雰囲気が違う、と思ったら昔の様子を再現すべく流していたんですね。

茶餐廳スタイルですがあくまで座るだけの展示なのであしからず。



a0132659_09125877.jpg


そこから見えたなんだか興味深い下のエリア。
行ってみましょう。


a0132659_09130170.jpg


ここがメインの展示エリアでしょう。

ここ中環に関係するお店や景色などを可愛く描いたイラストがたくさん飾られています。



a0132659_09130791.jpg
a0132659_09130418.jpg


上から見えた景色はこんな感じ。
このインテリア、そのまま別の場所でレストランとかに使ったら良さそうな気がします。

こちらの展示「大館一百面」は9月2日まで。



a0132659_09131100.jpg


同じエリアには警察の歴史を紹介したお部屋もあるので、お忘れなくね。



a0132659_09124844.jpg


中庭を挟んで向かい側は營房大樓。
エリアの中で一番レストランやショップが入っている建物にもなります。


a0132659_09133336.jpg
a0132659_09160130.jpg


個人的にピンバッチが好きなので、こちらの2つを自分へのお土産に。
上の布巾は外国の方に人気がありそうな雰囲気です。


a0132659_09133661.jpg


こうやって上から眺めるのも気持ちがいいものです。
週末だったのでそれなりの人出なのですが、やはり制限してるから他の観光施設に比べたらましでしょうか。
そういう意味では入場証スタイルにしたほうが賢明なのかもしれません。


a0132659_09133060.jpg


中庭にある大きな樹はマンゴーの樹。
おそらく60年ほどの樹齢だそうです。
2-3年に1度実をつけるらしいですが、警察署にはたくさんの人がいた関係で
この実を食べられるのはランクが上の人たちだけだったとか。



a0132659_09134240.jpg


中央裁判所建物。
レンガ造りがイギリス植民地時代の雰囲気を今でも醸し出しています。
重厚ですよね。


a0132659_09131555.jpg
a0132659_09131996.jpg


定期的にガイドツアーも開催されているようですが、広東語や英語がメイン。
聞き取れなくても参加するのは無料。
ただ参加しない場合はこのツアーを避けて回るほうがゆっくり見学できます。
人数多いのでね。



a0132659_09134545.jpg


そしてここ大館に来る人が一番喜んでいるのが、監獄エリアでしょう。



a0132659_09160409.jpg


あいにくどこでも刑務所には足を踏み入れたことがありませんが、
こんな風に石やレンガで出来た部屋がその歴史を感じさせてくれます。

冬寒そうですが。


a0132659_09160878.jpg
a0132659_09161645.jpg


その多くは見学のみですが、中には中に入れる部屋も。
当然ながら人気撮影スポットになりますので、撮影希望の場合は素早い行動を。



a0132659_09132350.jpg
a0132659_09132627.jpg


個人的にはこんな何でもない場所が一番雰囲気があったように感じます。



a0132659_09161161.jpg


その位置関係がはっきり分かる模型。
現在は周囲を高い建物に囲まれていますが、100年前ってどんな雰囲気だったんでしょうね。
もちろん当時でこの中に入るというのは警察官以外はよろしくない状況なんでしょうけど、
タイムマシンがあるのであれば一度でいいから見てみたい、昔の香港。

展示やイベントなどは期間によって異なるので、来られる前にはホームページでのチェックをお忘れなく。
もちろん入場証のゲットもね。



大館
香港島中環荷李活道10號




↓応援クリックいただけると嬉しいです↓




【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩イラストワークショップ)

【香港~7月】10:15~12:15
平日-佐敦 3日(二)12日(四)17日(二)31日(二)
週末-尖沙咀7日(六)14日(六)28日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪
(お申込みお問合せは watercolor.yuanyang@gmail までどうぞ)





[PR]
by mangonaoko | 2018-07-11 10:07 | 香港だより | Comments(0)