ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

酒樓の名を持つ緑豊かな個性カフェ~聚福樓

a0132659_09332476.jpg



聚福樓

と聞いたら香港なら飲茶が出来るような酒樓、日本なら中華料理店を思い浮かべることでしょう。
ところがそれが本格的な料理を出す、個性的なカフェと聞いたら興味がむくむく湧いてくると思いません?

場所は屯門。
しかもここ屯門は範囲がかなり広いこともあり、そのほとんどが輕鐵を使っていくことになります。
他の場所のように地下鉄の駅から、という感じではないんですよね。
この店も例外ではなく輕鐵の駅から歩いて8分くらいの場所。
観光地でも何でもない場所なので、私もこのためではなかったら足を運ばないようなそんな立地です。



a0132659_09355101.jpg


基本住宅ばかりの場所に突如現れるグリーン豊かな一角。
誰かがパッと見ると花屋とかそんな風だと言っていたのも納得の佇まいです。

外に人が座っていたので中は満席なのかと一瞬焦りましたが、
どうやらたばこを吸うためにあえて外にいたようです。

ホッ


a0132659_09330960.jpg



広くはない店内ですが、知る人だけ来るような立地のせいか週末でも余裕で席に着くことができました。
お店の中にも大きな植木がひとつ。
グリーンってやっぱり目にも気持ちにも優しい、必要な存在です。



a0132659_09325384.jpg


茶餐廳だったら水吧という感じでしょうか。
見る限り珈琲やお茶だけではなく、お酒もメニューにありそうな雰囲気ですよね。

手前の花は本物ではなく造花。
本物だったら百合の花は花粉が落ちちゃうので適さないのでしょうけど。


a0132659_09331213.jpg



ワークショップとかで作ったのかな。
私が座った一番奥の席でなかったら見つけることもないような、そんな控えめな場所に飾られていました。



a0132659_09331754.jpg
a0132659_09332154.jpg


週末はブランチメニューのみ。
値段的には120-190ドル、ホットの飲み物ならメニューから何を選んでもOKです。
通常よりも若干高めでしょうけど、これは個人のお店の場合致し方ないこと。
食材の仕入れの仕方からチェーン店や大手とは違いますから。

それにしても想像以上に本格的な味に驚き。
カフェメニューというよりは、しっかりとしたイタリアンレストランで提供されるような味です。


a0132659_09331445.jpg


ちょっと変わったところで桂花ラテにしてみました。
金木犀がトッピングされているだけでなく、ちゃんとラテの中にも風味が感じられました。
ロータスのティースプーンが可愛いですよね。



a0132659_09332756.jpg


うっかりメニューを撮り忘れたので帰りに外のメニューをパチリ。
ところがよくよく見るとこの日の内容と違う模様。
まぁでもパスタやリゾットの内容が異なるだけで、だいたいはこんな感じでしょう。
ご参考までに。


a0132659_09360153.jpg


外にはこんな可愛いものも。
夜は10時まで営業とのことですが、外に座って1杯なんていうのも気持ちよさそうですね。
近くに住んでいたら、ですが。



a0132659_09360488.jpg


内装も外装も自分たちで考えて作ったのが見て伺える個性的な1軒。
住所を示すこんなプレートだってオリジナル。

いつでも行けるような立地ではないのだけど、お薦めできる環境に味。
こういうお店頑張ってここ屯門で続けてほしいな、って願うばかりです。



聚福樓
屯門青善街28號康景花園地下1號舖






↓応援クリックいただけると嬉しいです↓




【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩イラストワークショップ)

【香港~8月】10:15~12:15
平日-佐敦 7日(二)16日(四)21日(二)28日(二)
週末-尖沙咀4日(六)11日(六)18日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪
(お申込みお問合せは watercolor.yuanyang@gmail までどうぞ)







[PR]
by mangonaoko | 2018-07-27 10:08 | 香港cafe | Comments(0)