人気ブログランキング |
ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ニャンコいる処に真の香港あり~新填地街

a0132659_09253099.jpg



猫好きな方は、香港に来て店舗ニャンコに会えるのを楽しみにしてる方も多いとか。
たしかに香港の街中には猫の姿が日本に比べて多いですよね。
それは猫の数というよりも、お店にいる猫が多いということでしょう。
もちろん香港でも飲食店などはライセンスの関係で猫に限らず動物がいるのは厳禁ですが、
同じ食品でもレストランでなく小売りだったり、昔ながらの店舗や街市などはその限りではありません。



a0132659_09253672.jpg


猫好きな方のことを中国語で「猫奴」なんて言い方をしますが、この表現がワンコと異なるところ。
自由気ままなニャンコのいいなりになってしまう、何をされてもあなたが好き的なそんな感じですから。
もちろんニャンコだって主人のことを気にかけたり、言うことだってちゃんと聞くんですけどね、
でも全体的には「自分が必要とするときだけ」という、やはり自分本位な感じは否めません。


a0132659_09254415.jpg


佐敦から油麻地までの南北に伸びる新填地街。
他に比べると細い道になりますが、その道いっぱいに広がる青空街市。
狭い上に人が常に多いので、通り道として利用するにはそれなりの覚悟が必要です。

でもこういうどこに何があるか把握するのが大変な場所ほど、大きな宝が埋まっていたりするのです。


a0132659_09253843.jpg


マイルームという感じでしょうか。
もちろん奥に置かれた水筒はご主人のものでしょうけど、手前のキャットフードに愛を感じます。
アスファルトに直接寝るよりこのほうがずっとずっと気持ちいいですよね。



a0132659_09461718.jpg



このあたりは発砲スチロールがベット替わりなんでしょうか。
家猫だと遊んで万が一口にしたら、なんてなるべくニャンコに与えないようにしてしまいますが、
こういう子たちにとっては遊び道具というよりは生活に役立つ欠かせないもの。
段ボールも好きでしょうけど、寝るにはこっちのほうが気持ちいい。
人間でいったらマットレスが用意されているような、そんな感じかも。



a0132659_09254729.jpg


香港では見慣れた肉屋と裸男性のこの構図。
しかもたいていがふくよかな方が多いのも不思議。

手前に置かれた休憩用?の椅子も気になります。
気分はまさにプールサイド。



a0132659_09254933.jpg


山芋とか売ってるお店かと思いきや、ここは実は婚礼品を扱う古い古いお店なんですよ。
大小さまざまなサイズの金色のものは、実はココナッツに金箔を塗ったもの。
結婚の1-2か月前に新郎となる男性が新婦となる女性の家に贈り届ける、という伝統的な品のひとつなんです。
私は日本と香港と離れていたためにこういう儀式は全てカットしていますが、
最近は何でも簡略化されるのは香港も日本と同じ。こういうのも時代とともに減っているのかもしれません。



a0132659_09253382.jpg

発展される街の一角に残る、昔ながらの店舗や街並み。

ニャンコいる処に真の香港あり
ニャンコ去る処は新の香港なり

ニャンコはどんな風に感じているんでしょうか。
興味ない、って言われるのがオチでしょうけど。
それでもめげずに何度も聞いてしまう、そんな私も120%猫奴なのです。





↓応援クリックいただけると嬉しいです↓




【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩イラストワークショップ)

【香港~9月】10:15~12:15
平日-佐敦 4日(二)11日(二)18日(二)27日(四)
週末-尖沙咀1日(六)15日(六)29日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪
(お申込みお問合せは watercolor.yuanyang@gmail までどうぞ)




by mangonaoko | 2018-08-27 10:02 | 香港だより