ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最も空が美しい中秋節イヴとなりました~大澳「月滿月高慶」佳燈會

a0132659_17075418.jpg


お天気というのはどんな技術があっても選ぶことは出来ません。
台風や大雨を避けることも出来ないし、晴天をコントロールすることだって出来ない。
昔むかしのてるてる坊主ではないけれど、まさに神様にお願いするしか術がありません。

1週間前には近年最大級の台風「大竹」の襲撃にあった香港。
それがまるで嘘かのようなこの美しい空、自然の顔ってこんなにも差があって且つ豊かなものなんですね。


a0132659_17075817.jpg


今までに何度も訪れている大澳。
でも私の記憶の中ではこの日のこの天気が最高かもしれません。

青空に浮かぶ白い雲
その光を受けてまるで喜んでいるかのような緑の山

写真でこれだけ気持ちいいのですから、実際はどのくらいだったか想像していただけますでしょうか。



a0132659_17080130.jpg



この日の目的はこれ。
大澳「月滿月高慶」佳燈會。

中秋節の前日23日に行われるメインイベントなのです。
私の役目はそのイベント会場に自分の商品などを出展すること。
屋外なのでお天気によって左右されるかと思ってたのですが、そんな心配はご無用ですよね。



a0132659_17080792.jpg
a0132659_17081341.jpg



メインストリートも言える吉慶街にずらりと並ぶ中秋節の燈籠。
その数はなんと300個ほどになるとか。
全て手描きのイラストが施された燈籠、私も4個ほど描いたのですがはたしてどこにあるんでしょう。



a0132659_17081082.jpg
a0132659_17081501.jpg



ありましたありました。
でも残念ながら限られた時間の中で見つけられたのは1個のみ。
ちなみにこれはSoloというカフェの入り口に掛けられていました。




a0132659_17080463.jpg




そしてメイン会場に飾られる大きな鯉の燈籠。
これももちろん手作りです。




a0132659_17081842.jpg



こんな環境でのマーケットというのも最初で最後かもしれません。

いつもと違って欧米人のお客様が多いのもここならでは。
そんな外国の観光客の方の反応を見れるというのも貴重な体験です。

ただこの日は写真の通りの晴天。
太陽の日差しも強く、かなりの暑さとなりました。
ずっと太陽の下にいるのせいか、情けないことに途中で若干体調不良になる一幕も。
熱中症とまではいきませんが、こういう暑さは本当に気を付けなければいけません。



a0132659_17082596.jpg



日も落ちてくると暑さも和らぎ気持ちよい風が吹いてきます。
夕涼みって言葉が似合うような、そんな空気感。




a0132659_17082141.jpg


そしていよいよ点灯。
中秋節のランタンはやっぱり夜に見るのが一等綺麗です。



a0132659_17083126.jpg
a0132659_17083482.jpg


明るいけれど、都会のそれとは違いのんびりとした雰囲気の中で眺める燈籠。
蝋燭だけで灯していた昔は常にこんな雰囲気だったのかもしれません。

まるで何かの物語の中に迷い込んでしまったような、燈籠で埋め尽くされる1本の道。

中秋節の前日に訪れた大澳は今までで一番美しく、
そしてその大澳で見た燈籠も今までで一番「お月見」にピッタリなものでした。


今年の中秋節もこれでおしまい
来年はちょっと早く9月13日ですよ。







↓応援クリックいただけると嬉しいです↓




【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩イラストワークショップ)

【香港~10月】10:15~12:15
平日-佐敦 2日(二)16日(二)30日(二)
週末-尖沙咀13日(六)20日(六)27日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪
(お申込みお問合せは watercolor.yuanyang@gmail までどうぞ)


【東京~11月】
2018年11月23日(祝)、24日(土):12-15時




[PR]
by mangonaoko | 2018-09-27 17:33 | 香港だより | Comments(0)