ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

都会ど真ん中の文具屋さんで温もり感じて~大樹文房

a0132659_21212316.jpg


ひょんなきっかけで縁が繋がることってあるんですね。
実はちょっと前にカメラマンの友人がやっているカフェに、カレンダーを渡しに立ち寄ったんです。
100%彼がいるとは限らないのは承知の上で(事前に約束するほどの用事でもないので)。
案の定彼の姿はなく、替わりに違うスタッフが1人で店番をしていました。

姿はないから分かっているものの、一応尋ねるとまだ彼は到着していないとの答え。
仕方がない。
ということでカレンダーを渡してもらうようにお願いすると、
「自分もあなたのイラスト好きなんです!」
とまぁ社交辞令的とは分かっているものの、そんな嬉しい会話から話が弾んでいったのです。
するとその話の途中でこう尋ねてきたんです。

「自分の友人が小さな文房具屋やっているんだけど、商品とか置いてみない?」

なんでも、自分でセレクトした商品だけを販売しているとか。
ええ、ええ、基本的に何でも興味あります。

「じゃ、じゃ、直接連絡させてもよい?」

ということで、とりあえずその日はそれでバイバイとお店を後にしたのですが、
その翌週には本当に(?)その文房具屋の店主から丁寧なメールが届いたのでした。



a0132659_21212014.jpg



そのメールで初めて知ったんです、そこがどういうお店なのかを。
そしてちょっと前にFacebookで偶然見た記事で紹介されていた1軒が、まさにこのお店だったのです。

銅鑼灣

ってだけで大都会なのに、タイムズスクエアのすぐ裏だというのだから驚きです。
店内のその雰囲気からはそんなど真ん中にあるとは想像もしませんでした。

縁があったらまずは会って話してみる

連絡手段はいくらでもある便利な今でもアナログなこの方式。
でも会って話してみないと相手がどんな感じの人かって感じとれませんでしょ。
そしてトントンと話は進み翌週には納品、という想像以上のスピードで展開していったのです。




a0132659_21210600.jpg
a0132659_21210960.jpg


お店はまさにタイムズスクエアの裏手側、の古いビルの2階になります。
入口ドアにお店の名前が大きく書かれていますので、初めてでも迷わず到着できるでしょう。
階段を上がって小さなこのドアが見えたらそこがお店です。



a0132659_21211102.jpg



大樹文房

ちょうどこの場所にお店を出して1年ほどなんだとか。
文房具のセレクトショップといった雰囲気です。




a0132659_21205643.jpg


ちなみに店主さんも15歳ほどの猫を3匹飼っているまさに猫奴。
猫奴は猫奴を呼ぶのか、お店のお客さんの中にも猫好きが多いんだそうです。
呼び寄せられた理由は実はここにあるのかもしれません。

ということで店内にも猫関連の商品がたくさん。



a0132659_21205463.jpg


我が家にもあります。
レトロな文房具シリーズのひとつですよね。


a0132659_21205994.jpg


また香港シリーズの商品も。



a0132659_21211484.jpg



昔懐かしいロールケーキはわけて配ることができるとか。
ひいふうみい。。。お、6人までOKですよ。



a0132659_21211790.jpg



香港の食べ物シリーズ。
お好きなものありますか。




a0132659_21210376.jpg
a0132659_21205133.jpg



これはオルゴールなんだとか。
オルゴールって響きがすでに昔懐かしい感じがします。

一昔前のテレビは薄くないんだ、って何歳以上なら知ってるのかな。




a0132659_21234169.jpg




そんなこんなでこちらでもお世話になることになりました。
縁を繋いでくれた彼女に報告したところ、「やったぁ!!」ととっても喜んでくれました。
その彼女も実はあの日が初対面なのですが、それも含めて縁というのは不思議なものです。

私の商品とは別に、店主の想いが感じられる温度のある素敵な空間です。
大型店舗やチェーン店とは違う、表でも裏でも人と人との交流が見えるようなそんな店。
地下鉄駅からも近いので、銅鑼灣にお越しの際はぜひぜひお立ち寄りくださいませ。


The Tree Stationery 大樹文房
銅鑼灣勿地臣街10號2樓





↓応援クリックいただけると嬉しいです↓




【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩イラストワークショップ)

【香港~10月】10:15~12:15
平日-佐敦 2日(二)16日(二)30日(二)
週末-尖沙咀13日(六)20日(六)27日(六)

【香港~11月】10:15~12:15
平日-佐敦 6日(二)13日(二)27日(二)
週末-尖沙咀3日(六)10日(六)17日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪
(お申込みお問合せは watercolor.yuanyang@gmail までどうぞ)


【東京~11月】おかげさまで両日満席となりました♡
2018年11月23日(祝)、24日(土):12-15時
参加費4800円
東京恵比寿



[PR]
Commented by michiyo at 2018-10-21 16:35 x
今年に入って3軒の文房具の文房具店が閉店した、なんて話を聞いたりしてました。
が、都会のど真ん中に自分の好きな物を集めたお店をしてる人がいる。
しかもnaokoさんの商品もおいてあるなんて、、!これは行くしかありません‼
Commented by mangonaoko at 2018-10-22 23:48
> michiyoさん
香港だけじゃなく日本も文房具屋とかの個人経営店は経営が難しくなってきてるようですよね。昔はスーパーだってないわけですから、それも仕方ないのかなぁと思いつつも残念な気分にもなります。一応自分の行動範囲内にはどこに文具屋があるかはチェックしてるのですが、突然鉛筆とか何か欲しい時はけっこう困ります。
銅鑼灣のこのお店は個人の温かさが感じられるお店ですよ☆まだ最初なので多くないのですが、今後は新商品など色々展開していきたいなって思っています!次回はぜひぜひ❤
Commented by hongkonggaffe at 2018-10-27 18:18
おらが町も、個人の文具店は全て店を閉めました。幼少時は入り浸ってたし、ほんの20年ほど前までなら 地元の小中学校は各文具店から事務用品など全て納入してもらってたから、幼少時にお世話になった店主のおばちゃんがおばあちゃんになるまで 店も元気だったんだけどな。
今は昔と違って、紙ベースの物って減ったでしょ?…職場の会議はペーパーレスだし、生徒が使う記録媒体も 教科によってはタブレットだったりUSBスティックだったり。紙の減少と共に マジックペンも定規もテープも etc アナログ文具達はショッピングモール内の1箇所で全て事足りちゃいますもんね。…でもnaokoさんがiPadでスケッチしてる姿は、どーしても想像できん(笑)。

またひとつご縁で結ばれそうですね…今までウチがひっそり喜べる回数は、naokoさんが出会うご縁の回数に比例して増えてきたような気がします。
Commented by mangonaoko at 2018-11-02 08:54
>こえださん
たしかに私も日本で個人の文房具屋っていつ行ったか思い出せないくらいです。モールの中とか、あるいは100円ショップとか、そういう場所で足りちゃいますし、会社勤務時代もそういうの宅配でお願いしちゃいますものね。
来年のカレンダーの中にも描いた佐敦近くの古い文房具屋さん、竹とんぼが売られていてびっくりしました。今でもあるんですね。でもなんだか嬉しかったです。
by mangonaoko | 2018-10-18 22:10 | 鴛鴦茶餐廳より | Comments(4)