ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

結婚も改装もひとつひとつ個別手配

日本で結婚式をしたことがないので100%きちんと比べることが出来ないのだけど、
香港で結婚した時、なんて準備が大変なんだろうと思ったものでした。
もちろんどこでも準備は大変なのだけど、香港のそれは「全て個別手配」ということ。

衣装
メイク
カメラマン

登記所や披露宴のレストラン以外に、小さなものをひとつひとつ別に手配しないといけない。
細かいことを言えば披露宴が始まる前にお客さんに出すケーキとかお菓子、
これはレストランの料理には含まれないので当日誰が買って現場に運ぶか、などなども。
衣装だって挙式前日に自分でレンタル衣装屋に取りに行き、終わった翌日に返却。

でも逆に言えば、それだけ自分の個性を出せる、のかもしれない。


a0132659_08204673.jpg

その「個別手配」はここ香港では結婚式だけではありませんでした。
たとえば部屋の改装。
大型リフォームとか、お店のようにまるごと改装であれば改装会社を通すことが普通。
それでもただ改装会社がとりまとめ役になるだけなので、壁とか床とかひとつひとつは自分で決めないといけない。
これが小規模、一部だけを替えたいな、となると更に面倒になるのです。

たとえば床。
旺角と太子の間にはこういう床板とかタイルのお店がたくさん並んでいますが、
ここで売るのはあくまでも「材料」。
もちろん部屋に敷くなどのインストールはしてくれます。
ただ敷く前の床自体が歪んでいるとか問題がある場合は別、それは彼らの仕事範囲から外れるのです。
じゃそこは改装会社に頼めばいい、と考えるのだけどそれがそうは簡単にはいかない。
なぜならそんな「床だけ」の儲からない仕事、引き受けない会社が少なくないのだから。

そんな感じで台所もトイレ周りも、壁も、全て全てがそれぞれ別。

基本的に香港は日本に比べて全体的に改装率が高い。
日本ならよほどのことがない限りリフォームってしないけど、香港では「当たり前」という感じに近いのかも。
部屋が足りなかったら壁作ってもうひとつ小さな部屋作るとか(かなり無理やりな場合でも)
トイレと台所の位置変更するとか(私の感覚では水回り変更するってかなりリスク高なんですが)

新築でも中古でも、基本そのままの形で住む日本と比べたら大きな違い。
でもそれを香港人の友人に話すとこんな言葉が返ってきました。

「全員同じ部屋なんて個性なくてつまらなくない?」

なるほど、たしかにそういう見方もあるかもしれない。
日本で育った日本人の自分にとって「普通」のこと、
それが別の場所ではそうでないことを知る機会は今までにもたくさんあったけど、
いやはやまだまだボコボコ出てきそうですわ。




↓応援クリックいただけると嬉しいです↓




【好評受付中】鴛鴦茶會(水彩イラストワークショップ)


【香港~11月】10:15~12:15
平日-佐敦 6日(二)13日(二)27日(二)
週末-尖沙咀3日(六)10日(六)17日(六)

参加費:1回200HKD 2回390HKD 3回550HKD 4回700HKD
旅行中の方もご参加されていますよ!お待ちしております♪
(お申込みお問合せは watercolor.yuanyang@gmail までどうぞ)


【東京~11月】おかげさまで両日満席となりました♡
2018年11月23日(祝)、24日(土):12-15時
参加費4800円
東京恵比寿


[PR]
by mangonaoko | 2018-10-31 08:48 | 鴛鴦茶餐廳より | Comments(0)